壁紙のカビは早急に落とすべし!掃除のやり方と予防法!重曹やお酢が効果的?

部屋の掃除を欠かさずしている人でも家の壁まで掃除している人はどれくらいいるでしょうか。壁にもカビが生えたり汚れを放っておくと、落ちにくくなり、壁紙を変えないといけなくなったりもします。そこで、簡単にカビ除去や壁紙の掃除ができる方法を紹介していきます。

目次

  1. 壁紙・クロスにできたカビの落とし方を紹介!
  2. 壁紙の素材やカビ・汚れ別に紹介!
  3. 壁紙・クロスの素材
  4. 普段のお掃除方法
  5. 【ビニール壁紙クロス】カビ除去、掃除方法
  6. 【織物の壁紙クロス】カビ除去、掃除方法
  7. 【紙壁紙クロス】カビ除去、掃除方法
  8. 【珪藻土壁紙クロス】カビ除去、掃除方法
  9. おすすめ!便利なお掃除グッズ
  10. 重曹とは?
  11. そもそもカビって?
  12. 重曹でカビ除去する掃除方法
  13. 【トイレ】掃除方法
  14. 便利な掃除グッズで綺麗にしてみては?

織物クロスとは、絹や麻、レーヨンなどで作られるクロスのことです。ビニールクロスと比べても高級感や重厚感がありますが、ホコリを吸着しやすい性質のため、定期的に掃除などのメンテナンスが必要となります。

壁紙クロス【紙クロス】

紙クロスとは原料に和紙、ケナフなど非木材紙をとしたものなどもあります。紙は空気を通す素材で音も吸収します。

壁紙クロス【その他】

紙と珪藻土を混ぜて作る珪藻土壁紙や、金属やガラス繊維が原材料の無機質壁紙、ポリエチレンやポリエプロンなどの合成樹脂を主原料としたオレフィンと呼ばれる壁紙、薄くカットした天然木やコルクなどを貼り合わせた木質系壁紙など様々な壁紙クロスがあります。

普段のお掃除方法

普段のお手入れとしては、ハタキを使って壁についたホコリなどを落としましょう。表面の凹凸が激しい壁紙クロスはホコリが溜まりやすく、そのままにしておくとカビの原因にもなり、張替をしないといけなくなることも。ハタキを使うと簡単にホコリも落とせて便利なので持っておいてもいいですよ。

お家にハタキがなければ、使わなくなったストッキングをしっかりした棒などに巻きつけて、ハタキ代わりにするのもおすすめです。静電気でストッキングにホコリがくっつくので、床にホコリを落としたくない方にはいいかもしれませんね。作り方も簡単ですぐにできますよ。

【ビニール壁紙クロス】カビ除去、掃除方法

カビや食べ物や調味料などの汚れは直ちに、かたく絞ったスポンジやタオルで汚れを吸い取るように拭き取ってください。中性洗剤を使用すると簡単に落ちやすくなりますよ。壁紙表面に残った洗剤は変色の原因にもなるので、真水かぬるま湯できれいに拭き取ってくださいね。

【ビニール壁紙クロス】表面に凹凸がある場合

壁紙の表面に凹凸などがある壁紙の場合、柔らかいブラシや使わなくなった歯ブラシなどを使うとカビなどの汚れが落としやすくなるみたいです。強く擦ってしまうと、壁紙が痛む原因にもなるので、力は入れすぎないように気を付けてくださいね。100均でも売られているメラニンスポンジを使っても簡単に落ちますよ。

スポンジについては以下の記事も参考にしてみてください。

【100均スポンジ】ショップ別のおすすめ紹介!かわいい〜超優秀な商品まで!

関連する記事