妊婦さんは飛行機に乗って大丈夫?いつまで?影響はある?時期別の注意点も!

【医師監修】妊娠中の妊婦さんであっても「里帰り出産」「出産前の旅行」で飛行機に乗る場合があります。「飛行機に乗っても大丈夫?」「いつまで乗れるの?」「赤ちゃんへの影響」「妊娠中の時期別の注意点」など、妊婦さんが飛行機に乗る場合について説明していきます。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠中に飛行機に乗っても大丈夫?
  2. 妊婦さんは飛行機にいつまで乗れるの?
  3. 妊娠中飛行機に乗って赤ちゃんに影響はある?
  4. 妊娠中に飛行機搭乗する際の時期別注意点
  5. 臨月には飛行機に乗れない?
  6. 妊娠中の飛行機搭乗を楽にする方法はある?
  7. 妊娠中の飛行機搭乗は万全の体制で!

妊娠中に飛行機に乗っても大丈夫?

妊娠中の妊婦さんは「体調の変化」が起こりやすく「気圧の変化」もある飛行機は、乗らない方が安全ではあります。しかし、妊婦さんの「里帰り出産」「仕事の出張」「妊娠中の夫婦二人の思い出の旅行」などで飛行機を使わなければならない場合もあるでしょう。

その際にはしっかりと準備して体調を整えてから飛行機に乗るようにしましょう。また妊娠中の妊婦さんに「搭乗制限はあるのか」「いつまで乗れるのか」など以下で詳しく説明していきます。

妊娠中に飛行機に乗る際は主治医と相談を

妊婦さんが臨月に入ってから飛行機に乗るには、医師の診断書は必要ありません。しかし、妊娠初期での「つわりがひどい」「切迫流産」「貧血」「出血」は搭乗制限がかかる場合があります(※1)。また、妊娠中期・妊娠後期での「頸管無力症」「切迫早産」「前置胎盤」は搭乗制限がかかる場合もあるので、飛行機を利用するときには必ず医師に相談しましょう。

「妊娠中期で体調も安定しているから大丈夫」と気軽に飛行機に乗ったものの、急に体調の変化などが起こる場合もあります。そのため、体調に問題ないと思われる人も定期健診などで医師に相談しておく方が良いでしょう。里帰り出産をするときには「いつまで乗って大丈夫なのか?」を確認して帰省の計画を立てると良いですね。

カズヤ先生

産婦人科医

基本的には妊娠中に飛行機に搭乗したとしても、専門医が同乗しているわけではありませんので 何かあれば自己責任ということになります。 どうしても必要な用事ではないのであれば、可能な限り妊娠中の飛行機への搭乗は避けたほうが良いでしょう。

妊婦さんは飛行機にいつまで乗れるの?

妊娠中、妊婦さんが「飛行機にいつまで乗れるか」というと、基本的に「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠後期」いずれも体調などに問題がない場合は搭乗可能です。ただし、妊娠中に「つわり」「妊娠に関わる諸症状」で体調が悪いときはおすすめしません。また妊娠中の場合、状況によっては搭乗制限がかかる場合もあります。

電車やバスと違い、体調が悪くなっても途中で降りることはできません。「いつまで乗って大丈夫か」ではなく「妊娠中は体調を最優先に決めること」をおすすめします。また航空会社によって「荒天候」「その他の理由」で飛行機が目的地に到着できない状態が予想される場合に搭乗制限がかかる場合があります。

妊婦さんの飛行機の搭乗は安定期がおすすめ

妊娠初期の妊婦さんには「つわり」「切迫流産」の危険があります。また妊娠後期の妊婦さんは、狭い飛行機の中で長時間座り続けるのも大変でしょう。腰痛をお持ちの妊婦さんは悪化してしまう場合もあります。妊娠中、比較的体調の安定する妊娠中期の安定期に飛行機に搭乗する予定を立てると良いでしょう。

カズヤ先生

産婦人科医

安定期といっても、妊娠中ですのでトラブルがないとは言い切れません。 急な出血や腹痛などの切迫兆候が現れることは注意が必要です。

妊娠中飛行機に乗って赤ちゃんに影響はある?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/392024342545612822/

妊娠中「飛行機にいつまで搭乗できるのか」も気になりますが、飛行機に乗ったときの赤ちゃんへの影響も心配ですね。妊婦さんが飛行機に搭乗することによって赤ちゃんには何か影響があるのでしょうか?

X線検査は赤ちゃんと妊婦さん自身に影響ある?

関連する記事