破水が陣痛前に起きたら?出産までどれくらい?入院準備は?実体験あり

【医師監修】突然、陣痛前に破水したらびっくりしますよね。破水前に陣痛が起きた場合の「対処法」「赤ちゃんへの影響」「破水から出産までの期間」などについてご説明します。また、陣痛前の破水を予防する方法も知っておくことが大切です。知識があれば慌てずに対処することができます。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 破水とは?
  2. 陣痛前に破水が起きる確率は
  3. 陣痛前に破水が起きる原因は?
  4. 陣痛前に破水が起きたら赤ちゃんに影響がある?
  5. 陣痛前に破水が起きたらどうすればよい?
  6. 陣痛前に破水したら出産までどれくらい?
  7. 陣痛前破水の可能性は誰にでもあるので早めに入院準備をすませておこう
  8. 陣痛前に破水が起きた人の実体験
  9. 陣痛前の破水を予防するには?
  10. 陣痛前に破水したら冷静に対処しよう

破水とは?

臨月になると、陣痛前に破水が起きたりと予期せぬ事態が発生する場合も多くあります。妊娠後期の臨月時期は特に体調の変化に注意する必要があるでしょう。そこで、破水について簡単にご説明します。

破水とは?【前期破水】

前期破水とは陣痛が起こる前に破水することであり、5~10%の確率で起こります(※1)。陣痛が起きないことで、破水から生まれるまでに時間がかかります。すると、赤ちゃんが感染症にかかりやすくなるため、注意が必要です。

そのため、陣痛促進剤を使用して陣痛待ちしたり、抗生剤を点滴して感染症の予防をします。病院に早く行きスムーズに出産を進めることが大切です。

破水とは?【早期破水】

早期破水とは陣痛が本格的に始まり子宮口が開口し始めてはいるものの、子宮口が前開ではないのに破水することです。破水から生まれるまでに時間がかかるほど、赤ちゃんへの感染症のリスクは高くなるため、注意が必要となります。

破水とは?【高位破水】

通常の出産で破水するとき、赤ちゃんの頭付近にある卵膜が破れることを低位破水といいます。通常の頭付近よりも上で卵膜が破れることを高位破水というのです。

高位破水では破水が軽い場合が多いため、おりものや尿漏れと間違え気づくのが遅くなる可能性が高くなります。そのため、出産前は注意しておく必要があるでしょう。

カズヤ先生

産婦人科医

高位破水では、妊婦さん自身が気づかずに破水していることが多いです。 記載の通り、破水後は胎児への感染を防ぐために、速やかに抗生剤を開始する必要があります。 尿漏れなどと紛らわしいこともありますが、破水かも?と思ったら、必ずかかりつけ産婦人科医に連絡しましょう。

(破水については以下の記事も参考にしてみてください)

破水に気づかないと危険?原因は?尿漏れなどとの見分け方は?体験談も
破水とは?種類がある?色・量・匂いでの見分け方!体験談も!

陣痛前に破水が起きる確率は

破水には大きく分けて「前期破水」「早期破水」「高位破水」がありますが、破水が陣痛前に起きる前期破水がどれくらいの確率で起きるか気になりますよね。前期破水は、全分娩のうち5〜10%の妊婦さんに起こる可能性があります。その中で早産である妊娠37週目以前に起こる前期破水の割合は2~3割で、正期産に破水が起こる割合は7~8割です。

前期破水が妊娠37週以降に起きた場合は、赤ちゃんの成長が十分なため対処しやすいです。しかし、妊娠37週以前に前期破水が起きた場合は早産となり、赤ちゃんに合併症が起きるリスクがあります。特に合併症が起きやすいのは前期破水が34週以前に起きた場合なので注意が必要です。

陣痛前に破水が起きる原因は?

関連する記事