単身赴任は離婚率が激高っ!その理由&7つの回避策!夫婦の本音多数!

夫が単身赴任になった際、心配なのが単身赴任の離婚率の高さや浮気の心配ですよね。そんな不安いっぱいの単身赴任で離婚する確率が高い理由や、7つ回避策、単身赴任中の夫婦の本音や、逆に仲が深まった人達の【体験談】もご紹介しましょう。

目次

  1. 単身赴任は離婚率が高い!
  2. 単身赴任は離婚する確率が激高っ!?
  3. 単身赴任で離婚率が高い理由7つ
  4. 単身赴任中の女性の心理は?長いと離婚したい?浮気の不安は?【妻の本音】
  5. 単身赴任中の男性の心理は?正直浮気したことある?【夫の本音】
  6. 単身赴任で離婚しないための7つ回避策
  7. 単身赴任で逆に仲が深まった人達の【体験談】
  8. 単身赴任での離婚は回避しよう!

単身赴任は離婚率が高い!

日本は離婚率が高い国と言われています。その離婚理由は様々なのですが、3人に1人が離婚しているといった誤認をしている人は多いのではないでしょうか。

なぜこのような誤認が起こっているかというと、婚姻件数から離婚した件数を割って離婚率を出すのですが、婚姻件数が当年であることに対し、離婚した件数は当年以前に結婚した人たちも含めて計算しているため、正しい離婚率が算出されていません。正しい日本の離婚率は0.17%であり、1,000人中1.7人が離婚していると考えられます。

日本の離婚率は2002年をピークに減少していると言われています。離婚が多いといわれるアメリカの離婚率は3.1%ですから、日本が決して低い離婚率とは言えないのではないでしょうか。そして、夫が単身赴任の場合、少なくないこの離婚率が2倍になると言われています。

(離婚について以下の記事も参考にしてみましょう

産後クライシスとは?離婚の原因にも?10個のチェック項目と対処法!
レス嫁達の悲痛な叫び・実体験9選!原因や夫婦の心理・離婚事案も!?

単身赴任は離婚する確率が激高っ!?

単身赴任とは、夫が家族と暮らす自宅ではない場所から職場へ通うことを言います。この単身赴任とは、他県や海外に行くこともありますし、比較的近場でも業務の都合上、単身赴任になる場合があります。子供たちに会えないばかりか、夫婦仲が悪化し、離婚率も高くなると言われる単身赴任ですが、実際の単身赴任の離婚率は通常の2倍と言われています。

単身赴任で離婚する確率

通常の日本の離婚率は1.7%と言われていますから、単身赴任なら3.4%程度に上がると言われています。慰謝料などの金銭的負担も発生する離婚を選択してしまう理由は様々あるのですが、単身赴任するということはその離婚理由に関する事態が起こりやすくなるという事です。

単身赴任で離婚率が高い理由7つ

夫が単身赴任をしている家庭の離婚率がなぜ高いかというと、生活環境が離婚に該当する問題を起こしやすいことが関連しています。家族や家庭から離れた場所で暮らすということは、離婚事由に至ってしまうほどの様々な問題が起こります。

<単身赴任で離婚確率が高い理由>①慰謝料の心配も無い、浮気をしやすい環境

家族と生活を分けてしまうと、妻からの監視もありませんから浮気をしやすい環境と言えます。浮気は慰謝料も発生しますし、離婚事由に関する重大な問題ですよね。そもそも離れて暮らしているので、浮気がバレて慰謝料が発生する心配も少ないのが原因でもあります。

また、1人で生活しているので、帰宅時間も制限されませんから職場の飲み会にも積極的に参加できますし、女性を部屋に連れ込むことも可能です。単身赴任は浮気をしやすい環境だということがわかります。

会社員

(30代前半)

単身赴任先で、浮気を繰り返してしまい離婚しました。妻からは、私自身にも相手の女性にも慰謝料請求があり、金銭的問題から彼女とも別れてしまいました。

関連する記事