妊娠超初期〜初期の寒気の種類と対策・注意点!流産の可能性も!?体験談あり!

妊娠超初期症状として、寒気の症状があらわれることがあります。妊娠超初期から妊娠初期に現れる寒気の種類や対策、注意点などについて体験談を通して詳しくご紹介します。妊娠初期に注意したい流産からくる寒気についても紹介しています。

目次

  1. 妊娠超初期と妊娠初期の寒気には違いがある?
  2. 妊娠超初期はいつから?
  3. 妊娠超初期の寒気の種類は?妊娠のサインかも?
  4. 妊娠超初期の寒気の対策方法は?
  5. 妊娠超初期の寒気の注意点は?
  6. 妊娠超初期と風邪を見極めるには?
  7. 妊娠超初期症状?と感じたら妊娠検査薬でチェックを
  8. 妊娠初期はいつから?
  9. 妊娠初期の寒気の種類は?
  10. 妊娠初期の終わりごろには寒気は治まることが多い
  11. 妊娠初期の寒気の対策方法は?
  12. 妊娠初期の寒気の注意点は?流産の可能性がある?
  13. 妊娠超初期から妊娠初期の寒気を上手に乗り切ろう

妊娠超初期症状で微熱やほてりを感じると同時にめまいを感じるという方も見られます。貧血気味になると頭に酸素が行き届かなくなり、頭がふらふらしたり、眠気を感じやすくなることもあります。体調が悪い時には車の運転は避け、身体を安静にすることが大切です。

妊娠超初期の寒気3. 手足の末端が冷える寒気

着床するとホルモンの分泌量が変化し、身体は子宮に優先的に血液を集めようとします。そのため身体の末端である手足に血液が届かなくなり、妊娠初期症状の寒気を感じるとともに、手足も冷え、余計に寒いと感じることが多いのです。

女性(妊活経験有)

30代前半

私が妊娠した時に感じたのは、いわゆる妊娠超初期症状と言われている胸が張る、ほてり、眠気、腰痛やつわりなどの吐き気などは感じませんでした。ただ、いつからか足先が冷えてるようになって、少し寒いと感じるくらいでした。

妊娠しているという実感がなかなか感じられませんでした。

妊娠超初期症状は気づかなかったり、何も感じないという方も多いようです。数少ない妊娠超初期症状を感じた方の中でも寒気を感じたという方は多く、冷え性の方は手足の冷えも同時に感じやすいようです。

妊娠超初期の寒気の対策方法は?

妊娠超初期症状の寒気やほてりを感じた場合、風邪と勘違いをしてしまうこともあるかもしれません。いつから薬を中止すべきか迷うかもしれませんが、妊娠の可能性があるならすぐにでも風邪薬を飲むことは避けるようにしましょう。小さな細胞レベルの赤ちゃんでも、薬の影響は少なからず受けてしまいます。妊娠超初期症状の寒気に対する対処法を見ていきましょう。

妊娠超初期の寒気がしたら規則正しい生活を心がけよう

妊娠超初期症状の寒気を感じたら、まずは規則正しい生活になるよう見直しをしてみましょう。睡眠不足になると自律神経が乱れてしまい、体温調節機能にも悪影響をもたらします。早寝早起きを心掛けて睡眠不足を解消することで自律神経の乱れを解消し、体温調節も正しく機能するよう生活のベースを整えていきましょう。

妊娠超初期の寒気は食生活で改善を

妊娠初期症状の寒気には、身体を温める効果のある食品を取り入れて、身体を温めるようにしましょう。身体を温める効果のある代表的な食材は、生姜やねぎ、みょうがなどの薬味に使われる食材が挙げられます。そのほかにも、アイスクリームやヨーグルト、ゼリーや果物などの冷たい食品はできるだけ避け、水分を摂る際にも温かい飲み物を選ぶとよいでしょう。

妊娠超初期の寒気には身体を温める対応を

妊娠超初期症状の寒気を感じたら、身体を温めることが第一です。肌着を重ねて着たり、靴下を重ね履きしたり、ひざ掛けや羽織りもので身体を冷やさないようにすることが大切です。湯船に浸かったり、ホットパックを利用したりして身体を温めるようにしましょう。

妊娠超初期の寒気の注意点は?

関連する記事