妊娠中期のおりものに注意!感染症のリスクが?ピンク・水っぽいなど症状別に原因を解説!

妊娠中期はおりものが増えるもの?先輩ママの体験談をはじめ、妊娠中期で注意した方がいいおりものを〈ピンク〉〈茶色〉〈水っぽい〉など特徴別に紹介します。また、妊娠中期のおりもの検査の内容や、感染症にかかっていた場合の治療法も紹介します。

目次

  1. 妊娠中期はおりものが増える?【先輩ママの体験談】
  2. 妊娠中期に注意するべき〈黄色・緑〉のおりもの
  3. 妊娠中期に注意するべき〈ピンク〉のおりもの
  4. 妊娠中期に注意するべき〈茶色〉のおりもの
  5. 妊娠中期に注意するべき〈臭い〉おりもの
  6. 妊娠中期に注意するべき〈細かい泡〉のおりもの
  7. 妊娠中期に注意するべき〈ポロポロした〉おりもの
  8. 妊娠中期に注意するべき〈水っぽい〉おりもの
  9. 妊娠中期はおりものが多い
  10. 妊娠中期のおりもので感染症が発覚…!治療法は?
  11. 妊娠中期のおりもの…「おかしいな」と思ったら受診を

妊娠中期はおりものが増える?【先輩ママの体験談】

おりものとは、膣や子宮口から分泌されるものの総称です。膣内の乾燥を防ぐ役割やバイ菌が膣へ侵入するのを防ぐ役割があります。月経前や排卵日はおりものの量が増えたり、かたまりで出てくることがありますが、妊娠中はどうなのでしょうか。先輩ママたちの体験談を紹介します。

女性

30代

妊娠中期はおりものがかたまりで出て、量が多い!茶色っぽいこともあって下着が汚れるから、おりものシートを使ってた。妊娠前はお風呂上がりに付け替えるって感じだったんだけど、妊娠してからは無理だった。おりものが増えたから、こまめに付け替えないと、かぶれちゃった。

新米ママ

20代

妊娠してからはおりものの量は多いし、色も変化した。「妊娠中は感染症に気を付けるためにも、おりものはこまめに確認して」って医師から言われたから、こまめチェック。色はピンクとか茶色で量も多かったり、かたまりのもあった。気になって健診の時に検査もしてもらったよ。

先輩ママ

20代後半

私は妊娠中、色と臭いがついたおりものが気になった。かゆみも痛みもないんだけど、妊娠前の排卵日とか生理前に出るおりものと量も違うし、気になって妊婦健診のときに相談した。そしたら今までの検査で異常はないから、次の検査まで様子見って言われたの。よくあることみたい。

女性

35歳

おりものの量が多いなって思ったのは妊娠中期入ってからかなぁ。ある日から量が多くてかたまりっぽいおりものが出るようになって。においはなかった。妊娠前の排卵日とか生理前は「ちょっと量多いかな。かたまりっぽいのも排卵日だからか」って思ってた。

OL

20代後半

今までおりものの色は透明だったのに、ピンクとか茶色っぽいおりものが出てきた時があって。若干かたまりの部分もあるし、出血してるのかもって不安になったから、すぐに産婦人科で検査してもらった。そしたら切迫気味だったらしく…その日から仕事もお休みもらって安静にしてたよ。

妊娠中期もおりものの量が増える傾向にあります。妊娠中期は安定期にあたりますが、妊娠中期でも感染症のリスクはあるのです。おりものの変化を見逃すと、感染症にかかり、最悪の場合は早産につながる可能性もあります。では、妊娠中期に注意するべきおりものはどんな特徴があるのでしょうか。

(排卵日のおりものの量については、以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日はおりもので特定!量や粘り気に特徴が?排卵日前後の変化は?

妊娠中期に注意するべき〈黄色・緑〉のおりもの

通常のおりものは、白や透明、クリーム色です。また排卵日や生理前など時期にもよりますが、さらさらしていたり、粘り気があったり、かたまりの状態のときもあります。下着に黄色く付着している場合は、おりものが乾燥しているからでしょう。また、排卵期に白色になって量が増えることも正常な生理現象です。

では、通常のおりものとは異なる黄色や緑色のおりものが出る原因は何なのでしょうか。

(排卵日の症状については、以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日の症状は?吐き気、腰痛、腹痛などがある?原因と対処法!

妊娠中期に注意するべき〈黄・緑色〉のおりものの【原因】

黄色もしくは緑色の粘り気のあるおりものは、クラミジア感染症やトリコモナス膣腟炎、淋病に感染している可能性があります。おりものは細菌や白血球が多く混入した場合に、黄色や緑色になるのです。

新米ママ

20代

妊娠中期に緑色のおりものがかたまりで出たことがあったの。量も多いしにおいも違う気がして、すぐに病院に電話。排卵日とか生理前に「おりものの量多いな」って思ったことはあったけど、緑色とか初めてで…すぐに感染症の検査して治療した。

下腹部に痛みを感じたり、おりものが緑色の場合はクラミジア感染症の可能性があります。また、かゆみに加えてくさったようなにおいを伴う黄色のおりものが増えると、トリコモナス腟炎の疑いがあるでしょう。黄色のおりものの量が増えて、下腹部痛や発熱も伴う場合は、卵管炎や子宮内膜炎の可能性もあります。(※1)

(生理については以下の記事も参考にしてみてください)

生理後に妊娠しやすい時期はいつ?生理周期と妊娠の関係を知りたい!

妊娠中期に注意するべき〈黄・緑色〉のおりものの【対策】

おりものの色が黄色もしくは緑色で、先ほど紹介した症状を感じた場合は早めに医療機関を受診しましょう。また生理用ナプキンや下着でむれると、感染症の原因となる細菌が増殖して、感染症の発症を促すこともあります。そのため、下着を通気性のよいものにしたり、おりものシートをこまめにかえるように心がけましょう。

(排卵や生理については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵と生理の仕組みについて!卵子はどう関係する?

妊娠中期に注意するべき〈ピンク〉のおりもの

血がおりものに混ざっている場合は、おりものがピンク色になります。では、なぜおりものに血が混ざるのでしょうか。

妊娠中期に注意するべき〈ピンク〉のおりものの【原因】

おりものがピンク色になる原因は、妊婦健診の内診や性交渉により膣内が傷つき出血している、もしくは切迫早産や性感染症が考えられます。

妊娠中期に注意するべき〈ピンク〉のおりものの【対策】

ピンク色のおりものが続く場合は、切迫早産や性感染症の疑いがあるため、早めに医療機関を受診することが大切です。膣内が傷つき出血した場合は、少量で一時的な出血でしょう。

妊娠中期に注意するべき〈茶色〉のおりもの

茶色のおりものはピンク色のおりものと同じく、血が混ざっています。では、ピンク色のおりものとはどう違うのでしょうか。

妊娠中期に注意するべき〈茶色〉のおりものの【原因】

おりものに時間が経った血液が混ざると、茶色に変色して見えるのが原因です。血液は時間が経つことで酸化して茶色に変色します。そのため、出血してから時間が経った血液が茶色に変色してみえるのです。

新米ママ

28歳

妊婦検診終わって、家に帰ってからトイレで下着を見た瞬間に茶色のおりものが…不正出血かもって心配になってネットですぐ調べた。大丈夫っぽいけど、妊娠中に病気になったら怖いから翌日受診。検査してもらったら、異常なし!内診でちょっと出血してたみたい。

悪臭がしたり、茶色のおりものの量が増加した場には、子宮体部がんや子宮頸部がんの可能性もあります。(※2)

妊娠中期に注意するべき〈茶色〉のおりものの【対策】

ピンク色のおりものと同じく、少量で一時的な出血の場合は問題ありません。しかし、茶色のおりものの量が多く頻繁に出る場合は病気の可能性も考えられるため、医療機関で診てもらいましょう。

妊娠中期に注意するべき〈臭い〉おりもの

妊娠中期に注意すべきおりものは、においのあるおりものです。では、どのようなにおいのするおりものには注意が必要なのでしょうか。

妊娠中期に注意するべき〈臭い〉おりものの【原因】

すっぱいにおいがするおりものは異常ではありません。おりものに善玉の乳酸菌が含まれていることで、すっぱいにおいがするのです。しかし、おりものが生臭いにおいの場合は、細菌性腟炎やカンジタ腟炎、トリコモナス腟炎や淋菌感染症に感染している可能性があります。(※3)

妊娠中期に注意するべき〈臭い〉おりものの【対策】

おりものが生臭いにおいの場合は感染症にかかっている可能性があるため、早めに医療機関を受診するようにしまよう。また細菌がこれ以上増殖しないように、下着を通気性のよいものにして、おりものシートもこまめにかえることが大切です。

妊娠中期に注意するべき〈細かい泡〉のおりもの

おりものの色だけではなく、状態の変化にも注意が必要です。妊娠中に注意すべきおりもののには、細かい泡のおりものも挙げられます。

妊娠中期に注意するべき〈細かい泡〉のおりものの【原因】

細かい泡のおりものが出る原因は、トリコモナス腟炎に感染しているかもしれません。色は黄色や黄緑色で、かゆみを伴い、においもきつくなります。原虫が膣に侵入することが原因でトリコモナス腟炎は起こるのです(※3)。性交渉、お風呂や便座、下着やタオルからも感染します。

妊娠中期に注意するべき〈細かい泡〉のおりものの【対策】

細かい泡のおりものが出た場合は早めに医療機関を受診して、きちんと完治させましょう。トリコモナス腟炎を完治せずに放置すると、再発する可能性もあるのです(※3)。

OL

30歳

たぶん銭湯でトリコモナス腟炎に感染した。びっくりするくらい泡のおりものが出たからすぐ受診したら感染確定。めっちゃかゆくて見た目も病的だから異変にすぐ気がついたの。お風呂とか便座でも感染しちゃうらしいね。妊娠中は銭湯は控えた方がいいよ。

検査でトリコモナス腟炎と診断を受けた場合は、性交渉によりパートナーも感染している可能性も高くなります。そのためパートナーも一緒に治療することが必要でしょう。

妊娠中期に注意するべき〈ポロポロした〉おりもの

ポロポロとしたおりものが出る場合も、注意が必要です。カッテージチーズや酒粕、豆腐やヨーグルトと例えられることもあります。

妊娠中期に注意するべき〈ポロポロした〉おりものの【原因】

ポロポロとした黄色や白色のおりものが出た場合は、カンジダ腟炎が原因の可能性があります(※4)。カンジダ腟炎の症状は、おりものの変化とかゆみです。かゆみを感じ始めた頃に、おりものの変化で異変に気が付くことがあります。

女性

20代後半

急に我慢できないくらいのかゆみに襲われて。最初はおりものシートで蒸れたのかなと思ったんだけど、よく見たらおりものがポロポロなの!こんなの初めてだからめっちゃびびってすぐに産婦人科に電話した。排卵のときでもあんなおりもの見たことないし、焦った。

人間の身体にあるもともとあるカンジダ菌は、疲れたり体力が落ちると増殖します。免疫力や体力も落ちやすい妊娠中期に感染するママが多いのです。

妊娠中期に注意するべき〈ポロポロした〉おりものの【対策】

かゆみがひどくなると、痛くなったりしみたりします。そのため、早めに医療機関を受診しましょう。またおりものが気になっても膣内を頻回に洗浄することは避けましょう。デーデルライン桿菌という膣内を守る菌まで洗い流してしまいます。そうすると、さらなる雑菌の繁殖を促すことになりかねません。やさしくぬるま湯で洗い流す程度にしましょう。

先輩ママ

20代前半

病院によって治療方法は違うと思うけど、私の通ってたとこは24時間効果がある錠剤を入れる治療方法だったよ。できる限り頻繁に通って、しばらくは膣内洗浄と膣錠を挿入してもらった。診察から3週間くらいで完治したし、その後再発はなし。

医療機関を受診後に感染が確定した場合は、治療のために妊婦でも服用できる抗生物質や塗り薬を処方してもらえます。

妊娠中期に注意するべき〈水っぽい〉おりもの

妊娠中は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌が増えるため、おりものの量が増えます。しかし、おりものが水っぽい場合は注意が必要です。

妊娠中期に注意するべき〈水っぽい〉おりものの【原因】

水っぽいおりものが出続ける場合は、破水している可能性があります。あわせていつもと違う生臭いにおいがする場合も注意が必要です。

女性

32歳

急に水っぽいおりものが出るようになって。何時間か様子見てたけど、ずっと水っぽいの出てたんだよね。量も多いし一応と思って病院に電話したら、破水しちゃってるかもって!検査したら破水してた。水っぽいおりもの出てたら要注意だよ。

妊娠中期でも、まれに破水してしまうことがあります。性感染症により羊膜部分に雑菌が入ると炎症が起こり、前期破水が起きるのです。

(破水の量やにおいについては以下の記事も参考にしてみてください)

破水とは?種類がある?色・量・匂いでの見分け方!体験談も!

妊娠中期に注意するべき〈水っぽい〉おりものの【対策】

水っぽいおりものが出続ける場合は、すぐに医療機関に連絡して指示を仰ぎましょう。破水だった場合は、おりものシートでは吸収しきれません。そのため、生理用ナプキンや産褥パッド、バスタオルを使って抑えるようにしましょう。

妊娠中期はおりものが多い

妊娠中期はホルモンバランスの変化により、おりものの量が増えるママが多くいます。おりものは膣を自浄する作用があります。しかし、妊娠中は免疫力や体力が低下しやすく、感染症にかかりやすい時期です。

おりものの量が多少増えた場合は正常と考えてもいいでしょう。しかし、色や状態、においの変化に加えて、痛みやかゆみも伴う場合は医療機関での検査が必要です。

(おりものの量やにおいについては以下の記事も参考にしてみてください)

生理後のおりものは生理前とどう違う?量・色・臭い等での見分け方!

妊娠中期のおりもので感染症が発覚…!治療法は?

妊娠中期のおりもので感染症が発覚した場合、膣に挿入する膣錠と抗生物質の飲み薬での治療になります。かゆみや痛みがある場合は、塗り薬が処方されることもあるでしょう。治療には、妊娠中に服用しても赤ちゃんに悪影響を及ぼさない薬が処方されます。

しっかりと完治しないままでいると、再発する可能性もあります。ママが感染症に感染することは、前期破水の原因になったり、未熟産につながる可能性も考えられるのです(※5)。かゆみや痛みの症状がなくなったからと言って、自己判断で服薬を中断することは控えましょう。

また、性交渉により感染するカンジダ腟炎やクラミジア感染症は、ママだけではなく、パートナーも一緒に検査をして治療を受けることが必要です。

妊娠中期のおりもの…「おかしいな」と思ったら受診を

おりものの量が増えると不快に感じるかもしれません。しかし、妊娠中期はホルモンバランスの変化により、織物のの量が増えることは正常です。妊娠中期からおりものの量が増えた場合は、おりものシートをこまめに交換して、清潔に保ちましょう。

感染症はママだけではなく、赤ちゃんにも影響を与える可能性があります。そのため、放置しておくのは危険です。万が一、おりものの量や色、においがいつもと違い「おかしいな」と思った場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

関連する記事