妊娠超初期の化学流産の症状・原因は?予防法は?流産後の妊娠確率についても解説

妊娠超初期の化学流産が心配だという妊活中の人は多いのではないでしょうか?この記事では、妊娠超初期に起こる「化学流産」の症状・原因、予防法についてくわしく紹介します。さらに、流産後の妊娠確率についても紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊娠超初期っていつのこと?
  2. 妊娠超初期に起こる「化学流産」って何?
  3. 妊娠超初期の化学流産の症状は?
  4. 妊娠超初期の化学流産の原因は?
  5. 妊娠超初期の化学流産は予防できる?
  6. 妊娠超初期の流産後の妊娠確率は?
  7. 妊娠超初期は不安がたくさん!

妊娠超初期っていつのこと?

妊娠超初期とは、妊娠0週〜3週までの妊娠1ヶ月目の時期のことをいいます。最後にきた生理の始まりの日を妊娠0週0日として数えるため、最後にきた生理の2日目が妊娠1日目となります。そのため、生理が遅れて「妊娠したかな?」と気付く時期には、すでに妊娠5週ほどに入っており妊娠超初期の時期はすぎていることになるのです。

(妊娠超初期については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠超初期症状のチェック項目35!あなたの妊娠の可能性は!?

妊娠超初期に起こる「化学流産」って何?

化学流産とは、受精卵が着床するころの妊娠超初期段階に起こる流産のことをいいます。何らかの問題があり、着床が継続できずに受精卵は経血と同時に流れ出てしまいます。そのため、それが化学流産だと気付かず普通の生理と判断してしまうケースも多いようです。

化学流産が知られるようになった背景には、妊娠検査薬の発展が関係しています。妊娠検査薬の精度が上がり、妊娠超初期でも陽性反応が分かるようになったため、その後の化学流産も判断できるようになりました(※1)。

化学流産が起こる時期は、まだ胎嚢や胎児も確認できない状態のため病院では妊娠とは確定されません。そのため、化学流産は医学的には流産としてカウントはされず、流産の統計結果にも含まれていません。

(流産の種類については以下の記事も参考にしてみてください)

流産の種類は?確率は?週数、年齢との関係性について!

妊娠超初期の化学流産の症状は?

妊娠超初期の化学流産にはどのような症状があるのでしょうか。妊娠超初期の化学流産は、気付くことができないケースも多いと言われています。自分自身で変化に気付くためにも、化学流産の症状を知っておきましょう。

(妊娠超初期については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠超初期の性行為の注意点!流産や胎児への影響はある?

吐き気や眠気がおさまる

妊娠超初期から、つわりや眠気といった症状を感じる妊婦さんもいます。化学流産の場合、そのような症状が急におさまることがあります。妊娠が継続できなくなったために、妊娠症状もなくなるのです。ずっと眠気や吐き気に悩まされていたのに突然大丈夫になったのなら、身体の中で何らかの異変が起きているサインと考えられます。

専業主婦

20代

妊活中に、ちょっとつわりっぽいなと思って検査薬をしたら見事陽性!でもすぐに吐き気がおさまって、病院行く前にまた検査薬を試してみたら反応が出なくなってた。病院へは結局行かなかったけど、化学流産だったんだなって思う。

腹痛・腰痛

妊娠超初期の化学流産の症状として、腰痛や腹痛などの痛みを感じた人も少なくありません。個人差はありますが、中には生理痛よりも重い激しい痛みを感じる人もいます。ただし、腹痛や腰痛は生理痛や排卵痛としてもよくある症状のため、妊娠超初期の流産症状と判断するのは難しいといえます。

いつもとは明らかに違う痛みだと感じた場合は、すみやかに病院で検査してもらいましょう。

レバー状の出血

妊娠超初期の化学流産の症状には、レバー状の濃い出血も挙げられます。妊娠すると子宮内膜が厚くなりますが、流産によってそれがはがれ落ち、レバー状の経血となって出てくるのです。生理の時にレバー状の経血が出る人も多いため、妊娠と気付かず通常の生理と勘違いしやすい症状の1つでもあります。

身体が冷える

妊娠超初期の化学流産で、身体が冷えたと感じる人もいます。冷え性でもないのに突然手足が冷たくなり、寒気がしたという人もいます。妊娠超初期に感じるほてりや微熱っぽさが、化学流産によってなくなったために「寒い」と感じるのです。

白い塊が出る

販売業

20代

妊娠検査薬で陽性が出たのに、すぐに生理がきて変だなと思ってたら白い塊が出た。すぐにネットで調べて、化学流産したってことが分かった。流産ってこんなにあっけないものなのかと、呆然としたよ。

妊娠超初期の化学流産の症状として、人によってはおりもの状の白い塊がでたというケースもあります。白い塊が具体的に何であるかなど原因は分かっていませんが、妊娠した時の成分だとされており胎嚢の可能性もあると言われています。通常の生理のあとに白い塊が出るため、他の流産症状に比べると分かりやすいといえるでしょう。

普段より重い生理

妊娠超初期の化学流産の症状で、普段より重い生理があったという人も多くいます。妊娠のために子宮内膜が厚くなり、それが剥がれ落ちるときに激しい生理痛やひどい出血を伴う場合もあるのです。「いつもより生理が重いな」と思ったら、実は化学流産していたというケースも多くなっています。

胸の張りがなくなる

妊娠超初期に化学流産すると「胸の張りがなくなる」という症状があらわれる場合もあります。妊娠超初期に胸が張って痛くなるという人もいますが、その張りが突然なくなったと感じたら注意が必要です。妊娠が継続できなかったために、妊娠症状である胸の張りがなくなった可能性が考えられます。

検査薬の反応が薄い

サービス業

30代

体がほてって微熱っぽかったから、もしかして妊娠したのかなとフライング検査してみた。すると、一人目の妊娠の時に比べて陽性反応の線がうっすらで今にも消えそうなくらい弱々しかった。

不安で次の日もそのまた次の日も検査をしてみたら、どんどん反応は鈍くなって結局反応すらしなくなった。

妊娠超初期の化学流産の症状として、妊娠検査薬の陽性反応が薄いという場合もあるのです。この場合、ほとんどの人が検査薬を使用できる時期よりも前に検査していることが多くあります。陽性反応の線が薄く、結局数日後の検査では陽性反応がなくなるという症状は体験談としてもよく見られます。

検査薬は陽性でも妊娠が確認できない

パート

30代

妊娠のフライング検査で陽性が出て喜んだのも束の間、病院いっても妊娠が確認できませんでした。ぬか喜びになるから、フライング検査はもうしないって心に決めたよ。化学流産は予防もできないし、妊娠したって事実を知らない方がよかったって思ってしまう。

妊娠超初期の化学流産の症状として1番分かりやすいのが、妊娠検査薬では陽性だったにも関わらず病院で胎嚢が確認できないという状況です。最近の妊娠検査薬はとても精度が高いため、妊娠超初期でも陽性の反応を示すことが多くあります。そのため、検査薬では陽性だったのに、病院で検査した時にはすでに化学流産した後だったというケースもあります。

妊娠超初期の化学流産の原因は?

妊娠超初期の化学流産の原因は、受精卵の染色体異常によるものがほとんどです。染色体異常があると、受精卵は着床できないか着床しても継続ができません(※2)。胎嚢が確認できる前に発育が止まってしまうことが多いため、早い段階で流産となってしまうのです。

化学流産の原因を自分のせいだと責めてしまう人もいるかもしれません。しかし、母体側に責任があることはほぼないと言ってよいでしょう。

(妊娠超初期については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠超初期の飲酒はダメ?アルコールが胎児に影響するのはいつから?

妊娠超初期の化学流産は予防できる?

妊娠超初期の化学流産は、受精卵の染色体異常が原因である場合がほとんどですが、染色体異常が起こる原因は明らかにされていません。そのため、自分で予防のために何かをするということはできません。流産をすると女性はどうしても自分自身を責めてしまいがちですが、予防する手立てが何もない化学流産の場合、原因は誰のせいでもないのです。

予防は難しいですが、化学流産をあまり気にしすぎずストレスを溜めない生活をすることが妊娠期間中は大切です。穏やかに過ごし、赤ちゃんがきてくれることを待ちましょう。

妊娠超初期の流産後の妊娠確率は?

妊娠超初期の流産後は妊娠の確率が上がると言われていますが、これにはしっかりとした医学的根拠はありません。しかし、化学流産してしまったとはいえ受精までたどりついたのは確かです。排卵障害などの不妊の症状はない確率が高いということが分かりますね。化学流産後も普通に妊娠は望めると考えてよいでしょう。

化学流産をしたことによって、妊娠確率が変わることはほぼありません。化学流産してしまったからといって、妊娠確率が下がる心配はほとんどありませんし、妊娠確率がぐんと上がるという可能性もありません。

妊娠超初期は不安がたくさん!

今回は、妊娠超初期の化学流産について紹介しました。化学流産は防ぎようがないとはいえ、妊娠を望む人にとっては不安でしょう。しかし、心配のしすぎはかえってストレスとなるため、妊娠を望む場合は悪影響になりかねません。化学流産には予防の手立てがない、誰にも責任はないということを知っておき、心穏やかに過ごせるよう心がけてみましょう。

関連する記事