【妊娠2ヶ月】妊婦・胎児の状態は?症状や注意点!体験談も多数!

【医師監修】妊娠4~7週目にあたる妊娠2ヶ月には、多くの女性が「赤ちゃんができたかも?」と妊娠に気付く時期です。この記事では妊娠2ヶ月目の妊婦さんと胎児の状態、妊婦さんにみられる症状や注意点などについてご説明します。多数ご紹介する先輩ママの体験談も参考にしてくださいね。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. 妊娠2ヶ月ってどんな時期?
  2. 妊娠2ヶ月の妊婦さんの状態
  3. 妊娠2ヶ月の胎児の状態
  4. 妊娠2ヶ月の妊婦さんにみられる症状
  5. 妊娠2ヶ月の妊婦さんが注意することは?
  6. 妊娠2ヶ月で妊娠報告してもいいの?
  7. 妊娠2ヶ月は流産しやすい?
  8. 妊娠2ヶ月の食事のポイント
  9. 不安定な妊娠2ヶ月を乗り切ろう

妊娠2ヶ月ってどんな時期?

妊娠2ヶ月目から、10ヶ月に渡る妊娠生活がスタートを切ります。そんな妊娠2ヶ月目は妊娠4~7週の期間にあたり、母体にとっても赤ちゃんにとっても非常に重要な時期です。また妊娠2ヶ月は不安定な時期でもあり、流産に繋がりかねない腹痛や出血などに気を付けなければなりません。

妊娠2ヶ月で妊娠に気付くことが多い

妊娠2ヶ月目には、多くの女性が妊娠に気付きます。妊娠4週目の初日は生理予定日であり、生理が来ないことで「妊娠したかな?」と感じるケースがほとんどです。生理予定日から1週間後の妊娠5週目には、市販の妊娠検査薬で陽性判定がみられるでしょう。生理不順の場合でも、この時期の体の不調から妊娠に気付くケースが多くみられます。(※1)

先輩ママ(妊活経験あり)

20代

生理前症状の腹痛や胸の張りがあったから半ばあきらめてたけど、生理予定日を3日過ぎた時点で妊娠検査薬を試してみると陽性に。「わたしも妊娠2ヶ月なんだ」と思うと、嬉しくてたまらなかったよ。

妊娠2ヶ月の妊婦さんの状態

妊娠2ヶ月の時点では、妊婦さんの見た目には大きな変化がみられません。そのため「妊娠2ヶ月の体の中ではどんな変化が起こっているの?」と気になっている方も多いでしょう。そこで、ここでは妊娠2ヶ月の妊婦さんの状態についてご説明していきます。

妊娠2ヶ月の妊婦さんの状態【子宮の大きさ】

妊娠前の子宮は縦の長さが約7cmで、横の長さが約5cmほどです。妊娠2ヶ月を通しておよそ1.5倍の大きさになるでしょう。赤ちゃんの成長と共に子宮はどんどん大きくなりますが、妊娠2ヶ月ではまだお腹の膨らみは目立ちません。そして、出産前の子宮は妊娠前の約5倍の大きさになります。

妊娠2ヶ月の妊婦さんの状態【ホルモンバランスの変化】

妊娠2ヶ月目は、ホルモンバランスが大きく変化する時期です。この時期には妊娠判定の材料となるhCGホルモンをはじめ、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが急激に増加します。これらのホルモンバランスの変化に伴い、つわりなどの不調を感じ始める妊婦さんも多いでしょう。

妊娠2ヶ月の妊婦さんの状態【エコーで胎嚢の確認ができる】

先輩ママ(妊活経験有)

30代前半

フライング検査ばかりしてたから、4週目には妊娠が分かってた。でも、最初の受診はエコーで胎嚢が確認できる5週目まで待ったほうが良いって聞いて。早くエコーを見たくて5週目に入るまでがすごく長く感じたよ。

妊娠5週目には、エコーで胎嚢を確認することができます。胎嚢とは「赤ちゃんを包む袋」のことで、この時期のエコーでは黒い丸のように見えるでしょう。そして産婦人科を最初に受診する時期は、胎嚢が見える妊娠5週目がおすすめです。4週目の時点で妊娠が分かっていても、エコー検査で胎嚢が見えなかった場合は再受診が必要になります。

(妊娠5週については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠5週の妊婦・胎児の状態は?胎嚢は見える?つわりは?

妊娠2ヶ月の胎児の状態

関連する記事