妊娠初期でも基礎体温が下がる原因は?流産の可能性も!?体験談あり!

【医師監修】妊娠すると基礎体温は高温を維持します。そんな妊娠初期に基礎体温が下がると、お腹の赤ちゃんに何か異常があったのではと心配になりますよね。妊娠初期に基礎体温が下がる原因とは何なのでしょうか?様々な体験談を交えてご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠中に基礎体温の高温期が続く理由
  2. 妊娠初期の基礎体温の平均は?
  3. 妊娠中の基礎体温の高温期はいつまで続く?
  4. 妊娠初期に基礎体温が下がる原因
  5. 上手な基礎体温の測り方
  6. 基礎体温が下がったときは?
  7. 妊娠初期に基礎体温が下がる経験をした先輩ママ
  8. 妊娠初期に基礎体温が下がるのは流産したから?
  9. 妊娠初期に流産していても体温が下がることがない場合も
  10. 妊娠初期に基礎体温をつける主なメリットは4つ
  11. 妊娠初期は基礎体温が下がるのを気にしすぎないで

妊娠中に基礎体温の高温期が続く理由

妊娠するといままでとは異なる様々な変化が身体に現れます。その全ての変化に関わるのが「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモン。このホルモンは基礎体温の高温期維持にも深く関わっているのです。

妊娠初期の基礎体温の平均は?

妊娠していない時の基礎体温は「高温期」と「低温期」の2層にわかれています。妊娠超初期では高温期が継続。とはいえ基礎体温の平均には個人差があますよね。目安としては36.70〜37.00度くらいが高温期の範囲といわれています。あくまでも目安ですので、ご自身の高温期の基礎体温はどの程度か記録をとっておくと良いでしょう。

妊娠中の基礎体温の高温期はいつまで続く?

妊娠中の高温期は妊娠12〜15週程度まで続きます。しかし妊娠期間中ずっと高温期が継続するわけではありません。胎盤が出来る妊娠20週ごろになると基礎体温は徐々に低下。最終的に元の低温期程度の体温まで降下していくのです。

上述したように、あくまでも低下する週数・基礎体温は「目安」でしかありません。胎盤の完成速度により基礎体温が低下する時期には個人差があります。


カズヤ先生

産婦人科医

通常時に基礎体温が高温期になる理由の一つに月経周期の後半に濃度が高まるプロゲステロンというホルモンが要因の一つになります。 妊娠時には、このプロゲステロン濃度が急激に高まるのですが、妊娠20週ごろになると上昇スピードは穏やかになり落ち着き始めます。 そして胎盤形成とともに妊娠中の高温期は次第に落ち着いてくることになります。

(高温期については以下の記事も参考にしてみてください)

高温期はいつからいつまで?平均期間は?基礎体温が下がるのはいつ?

妊娠初期に基礎体温が下がる原因

妊娠超初期に基礎体温が低下すると心配になりますよね。流産以外にも基礎体温が低下することは意外とあるもの。体温が低下したからといって慌てず、まずは原因を探ってみましょう。以下では、体温が低下するいろいろな原因について紹介していきます。

妊娠初期に基礎体温が下がる原因【基礎体温がきちんと測定出来ていない】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/698058010973261973/

基礎体温を測定するタイミングは起床後すぐになります。「寝ぼけて体温計の位置がずれていた」「測定中に口呼吸をしていた」など、それだけでも基礎体温はきちんと測定されません。

思うような体温が測定できなかったからといって測定しなおすのも当然NG。正確な測定結果にはなりません。もしも測定ミスがあった場合は、翌日からきちんと測定出来るように気をつけましょう。

妊娠初期に基礎体温が下がる原因【気温の低下による影響】

関連する記事