陣痛時に吐き気を感じる原因は?出産の兆候?急に来た時の対策法も紹介!

【医師監修】陣痛時に感じる吐き気はどうすればいいのでしょうか。陣痛時に吐き気を感じる原因をはじめ、陣痛と同時に吐き気を感じた時の対策を紹介します。また、吐き気とともに感じる寒気などの症状についても解説!陣痛時に吐き気を感じた先輩ママの体験談も紹介しますよ。

専門家監修 | 産婦人科医 島袋史
ゆいクリニック(沖縄市)院長。琉球大学医学部卒業。「生まれてからもずっと結ばれていたい」という母と子の想いに応えることが出来るような、祝福に満ちた場を創りたいという想いの下、...
ゆいクリニック(沖縄市)院長。琉球大学医学部卒業。「生まれてからもずっと結ばれていたい」という母と子の想いに応えることが出来るような、祝福に満ちた場を創りたいという想いの下、 ゆいクリニック院長として勤めています。

病院HPはこちら

目次

  1. 陣痛時に吐き気を感じる原因は?
  2. 吐き気は出産の予兆なの?
  3. 陣痛時に吐き気とともに感じる症状は?
  4. 陣痛と同時に急に吐き気が…7つの対策方法
  5. 陣痛時の吐き気、どうだった?〜先輩ママの体験談〜
  6. 陣痛時の吐き気…まずはリラックス!

陣痛時に起こりやすい症状は、吐き気だけではありません。どのような症状が出ることが多いのでしょうか。紹介していきます。

陣痛時に吐き気とともに感じる症状【胃痛】

吐き気とともに、胃痛の症状が出ることがあります。吐き気が起こる原因には精神的なものや身体的なものがありますが、身体的なものの場合は胃に原因があることが多い傾向にあります。胃に負担がかかっていたり胃の働きが活発になっていたりすると、吐き気とともに胃痛の症状がでるケースも多くあります。

(妊娠後期の胃痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠後期の胃痛の原因は?病気の可能性も?激痛を和らげる適切な対処法も紹介!

陣痛時に吐き気とともに感じる症状【腹痛】

胃痛ではなく腹痛の症状がでることもあります。腹痛は、下腹やわき腹の痛みを感じることが多いでしょう。また、お腹が張るような痛みや、下腹がチクチクとするような痛みの場合は、陣痛である可能性が高いです。腹痛の時間が一定間隔ではなかったり、腹痛の程度が軽めの場合は、前駆陣痛が考えられます。

陣痛時に吐き気とともに感じる症状【寒気】

吐き気を感じるときには、同時に寒気がするときが多くあります。陣痛時には、痛みのあまり熱がでる場合も少なくありません。高熱が出ると、ガタガタと震えるほどの寒気があります。発熱が原因となって吐き気の症状がでることもあるので、寒気と吐き気は同時に起こりやすいのです。

陣痛と同時に急に吐き気が…7つの対策方法

急な吐き気は体力を消耗しますし、苦しいですよね。陣痛時に吐き気が起こることは珍しくないので、あらかじめ対策を立ててみましょう。

陣痛時の吐き気対策①リラックスする

急な吐き気に襲われたときには、まずリラックスすることを考えましょう。自分がリラックスできる状態を作りましょう。好きな音楽をかけたり、好きなアロマの香りを嗅ぐのも効果的です。

自分の好みのものがあれば、入院前になるべく準備しておきましょう。普段好きなものであっても陣痛時のリラックスには効果がない場合もあるので、いくつか準備しておくのがおすすめです。

そして、周囲に協力してくれる人がいれば、してもらいたいことを遠慮なく頼みましょう。手を握ってもらったり、飲み物をとってきてもらうなど、自分が少しでも安心できそうなことは試してみましょう。陣痛時の痛みだけでも、体に負担がかかるものです。素直に周りに甘えてみてください。

陣痛時に吐き気とともに感じる症状②呼吸を意識する

吐き気を感じると呼吸が乱れやすくなりますので、呼吸を整えることを意識しましょう。吐き気の症状が出ると、息苦しさや不安からパニックになることもありますよね。しかし、そういう時こそ呼吸に意識を集中させてみましょう。

吐き気を感じているときにゆっくり呼吸を行うと、はじめは苦しく感じるでしょう。しかし、しっかり酸素を送り込んだほうがママの身体にも良いですし、赤ちゃんも楽になりますよ。吸う時には自然と吸えるものなので、ゆっくり長く息を吐くことに集中しましょう。

慣れるとリラックスできますし、吐き気によって生じる不安な気持ちも和らぎます。陣痛時にこの呼吸に慣れておくと、分娩時にも役にたちますよ。

(吐き気対策については以下の記事も参考にしてみてくださいね)

臨月って苦しい?息苦しい・吐き気・動けないなどの症状に効く対策を紹介!

陣痛時に吐き気とともに感じる症状③食べやすいものを食べる

出産前や陣痛時には、食べやすいものを食べましょう。出産時にはとても体力を使います。そのため、腹痛や吐き気で食欲がなかったとしても、栄養をとっておくほうがいいのです。自分が食べやすいと思ったものでいいので、少しでも食べておきましょう。また、水分もとってください。水分が不足すると、吐き気の原因にもなります。

また、体力をつけるためとはいっても、食べ過ぎには注意しましょう。陣痛時や出産時には、胃腸の働きが変化しやすいです。本格的な出産が始まると胃は充分に消化できず、食べ物が残った状態になるため、吐き気の原因になります。

出産前に食べるものは、消化のしやすいものにしておきましょう。しっかり食べることは大切ですが、いつも以上に大量に食べる必要はありません。

陣痛時に吐き気とともに感じる症状④姿勢を変えてみる

陣痛時に吐き気を感じたときには、姿勢を変えてみるのがおすすめです。陣痛の痛みが強いときは体勢を変えるのも難しいものですし、横になっておいたほうが楽だと思うでしょう。しかし、吐き気を楽にするために、体の向きを変えることも試してみましょう。

寝ている向きを変えるだけで吐き気が治まることもありますが、座ったり、四つん這いの体勢も効果が期待できます。吐き気は、胃が圧迫されることによっておこる場合があります。横になって寝ていると、どうしても胃が圧迫されるため、吐き気を感じやすいのです。

座っている状態が胃にとっては通常の状態なので、胃に対する負荷は軽減されるでしょう。

関連する記事