心拍確認っていつからできる?妊娠何週目?確認後の出血は流産の兆候?

心拍確認ができるまでの期間は、妊婦さんにとっていつまでも不安ですよね。この記事では、心拍確認はいつからできるのか、心拍確認の方法、できない時の理由など詳しく解説します。さらに、心拍確認後の流産に繋がる兆候や、過ごし方、先輩ママの体験談も紹介します。

目次

  1. 心拍確認とは?
  2. 心拍確認はいつからできる?妊娠何週目?
  3. 心拍確認の方法は?
  4. 心拍確認ができない理由は?
  5. 心拍確認後の流産に繋がる兆候は?
  6. 心拍確認後の過ごし方
  7. 心拍確認はいつ頃からできた?〜先輩ママの体験談〜
  8. 心拍確認ができなくても焦らないで…!

心拍確認とは?

心拍確認とは、お腹の中の赤ちゃんの心臓の動きを確認することをいいます。妊娠すると、赤ちゃんを包む胎嚢がつくられ、その中に胎芽が確認され、そして心拍が確認されるのです。赤ちゃんの心拍確認ができると、ようやく正常な妊娠と確定できるようになります。

(妊娠の経過については以下の記事も参考にしてみてください)

胎嚢が小さい…原因は?流産の可能性・心拍確認後の出産への影響など解説

心拍確認はいつからできる?妊娠何週目?

心拍確認がいつからできるかというと、一般的には妊娠5週の後半からとされています。いつ、何週目で心拍確認できるのかには個人差もありますが、ほとんどの場合妊娠7週目頃までには心拍確認ができます(※1)。

妊娠7週をすぎても心拍確認ができない場合は流産の可能性も考えられますが、何か原因があって確認できないこともあります。「いつまでに心拍確認ができなければ流産になってしまう…」とあまり心配しすぎる必要もありません。

(妊娠6週目については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠6週目には出血や腹痛はあるの?心拍は確認できる?

心拍確認の方法は?

心拍確認の方法には、経腟超音波法(経腟エコー)と経腹超音波法(経腹エコー)の2種類の方法があります。妊娠初期に心拍確認をする場合は、経腟超音波法(経腟エコー)という方法で確認をします。

経腟超音波法(経腟エコー)とは、棒状の器具を膣内に入れて胎嚢や胎芽の様子をエコー画像に映し出す方法です。子宮付近まで映し出せるため、妊娠初期の小さな赤ちゃんの様子を確認することができます。

妊娠12週以降になると、お腹の中の赤ちゃんの様子は経腹超音波法(経腹エコー)という方法で確認します。お腹の上から器具をあて、お腹の様子をエコー画像に映し出す方法です。

心拍確認ができない理由は?

一般的に心拍確認できる時期に心拍が確認できないと「なぜ?」や「いつ確認できるのだろう…」と心配になりすよね。心拍確認できないのには、いくつかの理由が考えられます。

心拍確認ができない理由【妊娠週数に誤差がある】

サービス業

20代

妊娠7週に入っても心拍確認ができず「いつになったら確認できるの…」と不安だったけど、結局妊娠週数がずれてたみたいで8週に入ってから確認できました。

生理が不規則だからか、排卵日もかなりずれてたみたい。心拍確認できるまでは本当に不安で眠れない日々だったよ。

心拍確認できない理由として考えられるのが、妊娠週数がずれていることです。妊娠何週であるかは最終生理日を0週0日として計算しますが、生理が不規則だったり生理日を間違っていると実際の週数と誤差がある場合があります。妊娠何週かがずれてしまうと、心拍確認が遅れることもあります。

心拍確認ができない理由【胎児の位置】

心拍確認できない理由には、胎児の位置が関係している場合もあります。胎児が心拍を確認しにくい位置にいて、たまたま確認できなかったということもあるのです。

心拍確認ができない理由【赤ちゃんが成長できていない】

心拍確認できない理由として考えられるのが、赤ちゃんに問題があり成長できていないということです。この場合、胎児側に染色体異常があり流産となることがほとんどです。この場合、日にちをおいて再度心拍確認をする必要があります。

心拍確認後の流産に繋がる兆候は?

心拍確認後には流産の確率はぐっと下がるといわれていますが、それでも流産が絶対に起こらないとは言いきれません。ここでは、心拍確認後の流産につながる兆候について解説していきます。

(流産については以下の記事も参考にしてみてください)

流産の確率が高まる時期は?妊娠初期?心拍確認後・高齢出産の場合は?

心拍確認後の流産に繋がる兆候【つわりがなくなる】

心拍確認できる時期は、ちょうどつわりが始まる頃でもあります。ひどいつわりが突然おさまった場合は、流産の兆候である可能性も考えられます。つわりが突然なくなり違和感を感じるようなら、早めに医師に相談してみましょう。

ただし、つわりには個人差があり、その症状もいつからいつまで続くかも人それぞれです。そのため、つわりが突然軽くなったからといって、必ず流産の兆候であるとは限りません。

心拍確認後の流産に繋がる兆候【出血】

専業主婦

30代

心拍確認の時、かなり小さめで流産の確率が高いと言われました。心臓はしっかり動いているのに、流産してしまうなんて本当につらいと感じた。結局、心拍確認した5日後に出血があり、病院に行くと心拍はもう確認できなかった。

心拍確認後の流産につながる兆候として、出血には注意が必要です。心拍確認後や妊娠何週かに限らず、妊娠中の出血は何かトラブルの兆候である可能性も考えられます。心拍確認後に出血がみられた場合は、早めに受診するようにしましょう。

心拍確認後の流産に繋がる兆候【腹痛】

心拍確認後の流産につながる兆候としては、腹痛も考えられます。腹痛は妊娠の兆候でもあるため、すべてが流産につながるわけではありませんが、いつもとは違う激しい痛みなどには注意が必要です。ひどい腹痛で我慢できない時や痛みが長引くのが気になる時は、すぐに受診しましょう。

心拍確認後の過ごし方

心拍確認後はどのような過ごし方が好ましいのでしょうか。ここでは、心拍確認後の妊娠中の過ごし方について解説します。

心拍確認後の過ごし方【母子手帳をもらいに行く】

母子健康手帳は、心拍確認後に医師からもらいに行くよう言われることが多いです。心拍確認ができたら正常な妊娠と確定できるため、この時期にもらいに行くのが一般的なのです。ですから、心拍確認ができたらまずは母子健康手帳をもらいに行くようにましょう。

心拍確認後の過ごし方【無理をしない】

心拍確認後の過ごし方では、無理をしないことが大切です。心拍確認できると流産の確率も下がるため、安心して仕事や家事を普通にこなしてしまう妊婦さんも多くいます。しかし、心拍確認できたからといって、それだけで出産まで何も心配はないというわけではありません。

心拍確認後も、体調管理に気をつけ無理をせず過ごすことが大切です。「もう大丈夫」と過信せず、お腹の赤ちゃんと自分の身体のために無理をせずに過ごすよう心がけましょう。

心拍確認はいつ頃からできた?〜先輩ママの体験談〜

先輩ママたちは、何週頃に心拍確認できたのでしょうか。ここからは、いつ頃心拍確認できたかについての体験談を紹介していきます。

先輩ママの体験談【妊娠6週】

パート

20代

6w1dで赤ちゃんの心拍確認できたよ。先生が心音も聞かせてくれて、いつも以上につわりがひどい時だったけど赤ちゃんのかわいい心音を聞いたら「頑張らなきゃ!」と思えた。心拍確認して、なおさら妊娠したってことを実感できたよ。

事務

30代

胎嚢確認は5w3dで、6w3dで心拍確認でした。胎嚢の大きさは標準だったけど、心拍確認の時に胎芽がすごく小さくて、不安になったよ。だけど翌週には平均の大きさになってて、その後は標準よりやや大きめで成長して無事出産できました。

やはり、妊娠6週で心拍確認できたというママが多くいます。心音も聞かせてもらえると、お腹に赤ちゃんがいることの実感もわいてきますよね。

先輩ママの体験談【妊娠7週】

専業主婦

30代

心拍確認できたのは、7w3dの日でした。エコーには、黒い胎嚢の中に白い塊がはっきり見えて、わずか1.7mmの身体の中に、ピコピコ動いているのがちゃんと分かったよ。しっかり心音も確認できて感動しました。

妊娠7週で心拍確認できたというママの体験談です。小さな身体の中に心臓がピコピコとしっかり動いている様子をみて、感動するママも多いでしょう。

先輩ママの体験談【妊娠8週】

サービス業

30代

私の場合、6週目で胎嚢確認して心拍確認はできず。7週目も同じで、先生からは流産の確率もあると告げらたよ。病院から流産防止の薬を処方され、いざ8週目にみてもらうと…ピコピコと動く可愛い心臓が!正直もう諦めていたので、本当に嬉しかった。

会社員

20代

妊娠7週に入ってもいつまでも胎児も心拍も確認できず諦めていたけど、8w3dの健診で心拍確認ができた!流産かもしれないと言われていたけど、その後も順調に育ち元気な赤ちゃんを産めました。こんなケースもあるので、いつまでに心拍確認できないからって諦める必要はないよ。

妊娠7週で心拍確認ができないと、先生から流産の確率も高いと告げられることもあるようです。しかし、このママのように妊娠8週で心拍確認できたという体験談もあります。諦めていた時にかわいい心臓の動きを発見できると、本当に感動するでしょうね。

心拍確認ができなくても焦らないで…!

妊娠5〜7週にかけて心拍確認できないと「何週になったら心拍確認できるんだろう…」と不安になってしまいますよね。しかし、心拍確認できないのには理由があり妊娠経過に問題がない場合も多くあります。そのため、心拍確認できないからと過度に心配しすぎる必要はありません。ストレスをためてしまうことの方が、赤ちゃんやママの体には負担になりかねません。

心拍確認できなくても、お腹の赤ちゃんを信じて成長を待ってみましょう。

関連する記事