【医師監修】妊娠6週目には出血や腹痛はあるの?心拍は確認できる?

妊娠6週目は産婦人科で胎芽と心拍を確認できる週数になります。多くのママはこの時期のいつもの生理と違う出血やつわりなどで妊娠の可能性に気づきます。妊娠6週目だとママの身体にはどういった変化があるのか、出血や腹痛などはあるのかについてご説明します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠6週目ってどんな時期?
  2. 妊娠6週目で出産予定日がわかる?
  3. 妊娠6週目の体調の変化
  4. 妊娠6週目の胎児の変化
  5. 妊娠6週目なのに心拍を確認できない?!
  6. 妊娠6週目の出血は異常?!
  7. 妊娠6週目の問題のない出血は?
  8. 妊娠6週の出血の色や量
  9. 妊娠6週目の出血や腹痛からの流産
  10. 初期流産はなぜ起こる?
  11. 妊娠6週目の出血で危険なもの
  12. 妊娠6週目の妊婦さんが気をつけること
  13. 妊娠6週以降は必ず定期的に健診!
  14. 妊娠6週は出血や腹痛に注意しよう

妊娠6週目ってどんな時期?

妊娠6週目のこの期間は赤ちゃんの大切な器官を形成する重要な時期です。そのため、ママの体調にもつわり等多くのマイナートラブルが現れてくる時期になります。妊娠6週目のママの変化、赤ちゃんの成長に合わせて、どういった出血や腹痛に注意したら良いのかについてご説明します。

妊娠6週目で出産予定日がわかる?

妊娠6週目でエコーを撮ると、胎嚢と胎芽、赤ちゃんの心拍を確認することができます。この時、一緒に出産予定日を算出してくれます。算出方法は最終月経および胎芽の頭殿長の長さ(頭からお尻までの大きさを測定する)により判断します。胎嚢の中にある胎芽は小さいので、あくまでこのときの出産予定日は目安ではありますが、これからの妊娠期間を計画的に有意義に過ごすためにもきちんと確認しておきましょう。

妊娠6週目の体調の変化

妊娠6週目はほとんどのママが胎嚢をエコーで確認することができ、自分が妊娠したのだと自覚することができる時期になります。それと同時にママの身体にはいままでにないマイナートラブルが増えるため、人によっては妊娠期間中1番つらい時期になります。

生理とは違う出血

月経のときのような鮮明な出血ではなく、茶色がかった出血がある場合もあります。切迫流産の可能性があるので、病院を受診する必要があります

妊娠6週以降つわりがはじまる

出典:https://www.pinterest.jp/pin/639863059554761279/

妊娠6週あたりからつわりが始まります。このつわりは人によって症状が変わっていて、何か口に入れておかないと気持ち悪くなる、特定のものしか受け付けない「食べつわり」何も食べることができなくなる「吐きつわり」においに敏感になる「においつわり」等様々です。つわりがひどく脱水症状を起こしている場合は病院で点滴などの処置をしてもらうこともあります。

(つわりについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期のつわりや疲れやすさはいつまで?理由と対策は? | AKANBO[あかんぼ]

頻尿になる

妊娠初期と臨月近くなる妊娠後期に頻尿を訴える方が増えます。妊娠中は3つの原因で頻尿になります。1つ目は、子宮の大きさが徐々に変化して、膀胱を押すことで起こります。2つ目は、妊娠すると血流量が増えるので腎機能が活発になり尿量が増え、尿の排出も増加します。

そして3つ目は、妊娠して増加する黄体ホルモンの影響で筋肉を緩める働きが膀胱周りの筋にも働き頻尿を招きます。尿意を感じたら我慢せずにトイレに行きましょう。我慢しすぎると膀胱炎になることもあります。

体温が高くなる

関連する記事