生後6ヶ月の赤ちゃん向けおもちゃ22選!ハーフバースデーのプレゼントにおすすめ!

生後6ヶ月の赤ちゃん向けのおもちゃ22選を紹介します。また、生後6ヶ月の赤ちゃんの発達状況や、選び方も紹介しますので参考にしてみてください。生後6ヶ月の赤ちゃんが喜ぶおもちゃをハーフバースデーにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

目次

  1. 生後6ヶ月の赤ちゃんの発達状況は?
  2. 生後6ヶ月の赤ちゃんのおもちゃの選び方は?
  3. 生後6ヶ月の赤ちゃん向けおもちゃ22選!
  4. 生後6ヶ月の赤ちゃん向けのおもちゃのレビュー評価ランキングも見てみよう!
  5. 生後6ヶ月の赤ちゃんのハーフバースデーにおもちゃのプレゼントを贈ろう!

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達状況は?

生後6ヶ月の赤ちゃんの身体はどこまで発達しているのでしょうか?こちらでは、生後6ヶ月の赤ちゃんの発達状況についてくわしく紹介します。ハーフバースデーのプレゼントを選ぶ上でも、赤ちゃんの発達状況を把握しておくことは大切ですよ。

離乳食のスタート

赤ちゃんによっても個人差はありますが、一般的には生後5ヶ月から6ヶ月で離乳食を始めます(※1)。これまで、ミルクや母乳で生活していた赤ちゃんがそれ以外の食べ物を口にするようになる頃です。

(ハーフバースデーの離乳食アイデアについては以下の記事も参考にしてみてください)

ハーフバースデーの離乳食アイデア10選!生後6ヶ月のお祝いプレートを紹介!

乳歯が生え始める

生後6ヶ月の赤ちゃんは、早い子だと乳歯が生えてくる子も多くいますよ(※2)。乳歯が生えることで、周りのものを手あたり次第口に含んだり噛みたがるようになります。

運動量が増える

生後6ヶ月の赤ちゃんの運動量には個人差がありますが、多くの赤ちゃんは生後6ヶ月の頃にしっかりと座ることができるようになります(※3)。また、ただ寝ているだけではなく自発的に寝返りをうったりするようにもなり、どんどん赤ちゃんの意思で身体を動かすようになる頃ですね。

好奇心や探求心が出てくる

生後6ヶ月の赤ちゃんは、徐々に好奇心が出てくる月齢でもあります。好奇心や探求心から、周りのものをつかんだり舐めたりするようになるのです。

はっきりした色や物の動きに興味を示す

赤ちゃんがハーフバースデーを迎える頃には、それなりに視力もあがり周りのものをしっかりと認識できるようになっています。そのため、はっきりした色や動くものに興味を示すようになるといわれています。

(生後6ヶ月の赤ちゃんの特徴や発達目安については以下の記事も参考にしてみてください)

【生後6ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安、育児の注意点!体験談あり

生後6ヶ月の赤ちゃんのおもちゃの選び方は?

生後6ヶ月の赤ちゃんにハーフバースデーを贈る場合、どんなおもちゃを選んだらいいのでしょうか。自分の子供だけでなく、友人や知人の赤ちゃんへハーフバースデーを考えている人も、ぜひおもちゃの選び方について参考にしてみてくださいね。

サイズや素材

赤ちゃんにハーフバースデーのおもちゃをプレゼントするときは、サイズや素材に注目して選ぶようにするのがおすすめですよ。

生後6ヶ月の赤ちゃんは好奇心から口に含んだり舐めたりすることがあるため、サイズが小さすぎるものは誤飲につながる危険性があります。また、赤ちゃんが舐めても安全な素材で作られているおもちゃを選ぶといいでしょう。

関連する記事