4歳児の突然の夜泣き。怒って暴れる症状は夜驚症?原因・対策を体験談をもとに紹介

4歳になれば夜泣きも治まるだろうと、夜泣きに耐えてきたママも多いのではないでしょうか。4歳児は夜泣きするの?という疑問をはじめ、原因・対策を体験談をもとに、4歳の夜泣きについて解説します。夜驚症との違いや症状も紹介するので、参考にしてみてください。

目次

  1. 4歳児は夜泣きするの?
  2. 4歳児の夜泣きの原因は?夜驚症かも?
  3. 4歳児の夜泣き対策は?
  4. 4歳児の夜泣きを防止する方法
  5. 4歳児の夜泣きと夜驚症の違いや症状は?夜中に怒って暴れる?
  6. 4歳児の夜泣きは受診するべき?
  7. 4歳児の夜泣きは心配しないで

4歳児は夜泣きするの?

夜泣きは2歳頃になると少しずつ治まっていくものと認識しているママも多いのではないでしょうか。4歳になっても夜泣きを続けていると、うちの子どもおかしいのかな?と心配になってしまいますよね。

4歳児でも夜泣きする子はおり、赤ちゃんの頃と比べると夜泣きの頻度は少くないです。夜中に突然泣きわめいて起きたけど自然とまた寝てしまった、手足を振り回して泣きながら暴れているなどさまざまなケースがあります。

(4歳児の言葉の発達の目安については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児の言葉の発達の目安は?遅れの基準や原因、適切な対応を紹介!体験談も

夜泣きはいつまで

男の子のママ

(20代後半)

夜中の授乳が終われば夜泣きしながなくなると思っていました。けど、夜中に何度も起きるのは治まらず、私は寝不足続きでした。その後、1週間に1回程度の夜泣きになりましたが、4歳になっても続いていましたよ。

6歳男の子のママ

(40代前半)

2歳になる頃には激しい夜泣きは治まっていました。しかし突然泣いて起きたり、何かに怒っているのか大きな声をだして泣きながら起きることがあります。現在6歳ですが時々夜泣きをします。夜泣きにも個人差があるのかなぁと諦めモードです。

夜泣きは生後3ヶ月頃から始まるのが一般的で、その後2歳頃までに治まると言われています。2歳は一般的に授乳が終わるころでお腹がすいて目が覚めることがなくなったり、、睡眠時間が安定した時期となります。2歳頃までといっても、一般的なものなので、3歳、4歳になっても夜泣きをする子はいるでしょう。(※1)

夜泣きではないかも?

男の子のママ

(30代前半)

5歳の息子は寝ている時に急に起きあがって、何か独り言をゴニョゴニョと言ってまたバタンと寝ます。違う日には、歩きだして寝る場所を移動したり、部屋の中でおしっこをしようとしてた事もありました。夢遊病だったのかもしれません。

先輩ママ

(30代後半)

夜中にに怒るように泣いて、抱っこしようとしても強い力で蹴ってくるという日があります。時々ビックリするぐらい手と足をバタバタさせて怒りながら泣いています。蹴られると痛いので、見守るようにしています。

夜泣きとは違う、夜驚症(やきょうしょう)という睡眠障害の可能性もあります。夜泣き症状とは違い、泣くというよりも悲鳴のようなものだったり、怒るように暴れたりする症状です。他にも、夢遊病という、寝ていたと思ったら急に歩き回って、独り言を言うよう症状もあります。どちらも成長とともに落ちつくので、様子を見守ってあげましょう。(※2)

(4歳児の身長・体重の平均、発達の特徴や目安については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児の身長・体重の平均は?発達の特徴や目安、順調に成長させるポイントも!

4歳児の夜泣きの原因は?夜驚症かも?

4歳児の夜泣きの原因はどのようなものがあるのでしょうか。また、夜驚症とは何かを紹介します。

昼間の出来事

女の子のママ

(30代後半)

休日に仲良しの友達と公園で遊んだ日の夜に、突然泣き叫びながら暴れていました。楽しいことがあった日や私に怒られた日は、夜泣きすることが多いです。夜泣きした日は楽しい1日だったのかなと、思うようにしています。

夜泣きの原因は、昼間に記憶に残るような出来事があった時、環境によるストレスなどが考えられます。たとえば、昼間に楽しすぎる行事があったり、ママにひどく怒られたり、友達とケンカしてしまったりなどです。夜泣きをする原因ははっきりと解明されていませんが、昼間の出来事が夢に出てきて脳が反応したのでしょう。(※1)

夜泣きを心配しすぎるのではなく、楽しい日だったのかなとポジティブにとらえるのは素敵ですよね。

ブルーライト

専業主婦

(20代後半)

寝る前にスマホで動画を見るのが習慣になっていたのですが、夜泣きしたり寝つきが悪いことがあるので止めました。初めは我慢させるの大変でしたが、絵本を毎日読む習慣に変えました。寝つきが良くなり夜泣きの回数も減りましたよ。

近年では、スマホやパソコンのブルーライトが原因とも考えられています。寝る前にスマホを見てしまうと寝つきが悪くなるとも言われていますから、気を付けましょう。寝る前はもちろん動画の観過ぎはよくないですよね。大人も寝つきが悪くなるので、ママとパパも気を付けましょう。(※3)

成長痛

2人姉妹のママ

(40代前半)

足が痛いと言って泣きながら夜中に起きました。「どうしたの?」と聞いても、痛いしか言わないし困りました。足をさすりながら寝かしつけたら寝てくれたので良かったです。

4歳の子どもは成長過程にありますから、成長痛が原因とも考えられます。子どもが急に起き出して「足が痛い!」と泣くこともあります。成長痛は自然と治まるので、慌てて病院へ行ったりする必要もないでしょう。

ただ、長期間痛がるようなことがあれば、病院へ連れて行くことをおすすめします。転んでもいないし、翌朝にはケロッと痛みを忘れている場合は、成長痛の可能性が高いでしょう。

夜驚症とは

先輩ママ

(30代前半)

3歳までには夜泣きが落ち着いていたのに、弟が産まれてから急に夜泣きが復活しました。パニックを起こしたかのように大きな声で泣きわめく日々が数ヶ月続き大変でした。

夜驚症は夜泣きの症状とは違い、パニック状態で起き泣き叫んだりします。ママやパパが抱っこしてあやしても泣き止むことはなく、パニックを起こした状態が続いたりすることもあります。あまりにも症状がひどいと、ママもびっくりしてしまいますよね。原因は夜泣きと同様で、昼間の出来事を思い出していたり、ストレスを感じているからと考えられます。

また、赤ちゃんが生まれると、赤ちゃん返りのように夜泣きをする子どもがいます。日中は穏やかに過ごすよう心がけ、パニックを起こしたとしても焦らずに見守りましょう。

(4歳で反抗期や2歳の時との違いについては以下の記事も参考にしてみてください)

4歳で反抗期が再発!?2歳の時との違いは?原因と対処法!体験談あり

4歳児の夜泣き対策は?

夜泣きが治ったり、回数が少しでも減るように対策をとりたいですよね。こちらでは、4歳児の夜泣き対策を紹介します。

コミュニケーションをとる

先輩ママ

(20代後半)

兄の方との会話が多く、4歳の娘はやきもちを焼くことが多かったので、コミュニケーション不足が夜泣きの原因だったのかもしれません。今は、どちらにも平等に話しかけるよう心がけています。

スキンシップと同様にコミュニケーション不足も原因に考えられます。コミュニケーションをしっかりとるなどの対策が必要です。園での出来事を聞いたり、一緒にごっこ遊びをしたりするとコミュニケーションもとりやすく、子どもが喜ぶでしょう。

お兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、会話のキャッチボールがしやすい上の子どもとの会話が増えてしまうこともあるでしょう。4歳の子どもとの会話はまだ安定しませんが、話を聞くようにしてあげることも大切です。

スキンシップをとる

4歳女の子のママ

(30代後半)

4歳になるとパパとお風呂に入る回数が多くなり、私とのスキンシップが減っていたのかもしれません。お風呂に入るのはママとで、体を拭いたりクリームを塗ったりするのをパパの役目にチェンジしました。

4歳と6歳のママ

(40代前半)

幼稚園に通い始めてから夜泣きが復活してしまいました。幼稚園に通い始めてから一緒に過ごす時間が減ってしまったのが原因かも。園バスから降りてきたら、まずは抱きしめるようにしています。

夜泣き対策としてスキンシップをとることをおすすめします。ママから触れられたり、いつもそばにいることで、子どもは安心するしストレスからも解放されるでしょう。


起る回数を減らす

2人兄弟の母

(30代後半)

私が怒る回数が多かった日は、夜中に泣きながら起きることが多かったです。理由も聞かずに怒るのではなく、どうしてそうしたのか、どうすればそうならないのかなどコミュニケーションをとるようにしています。

怒る回数が多いと、どうして怒られているのか、怒るママは嫌だなと子どもが不安な気持ちになるでしょう。4歳の子どもは言うことを聞かないことも多く、知らず知らずに怒る回数は増えています。夜泣きの原因の可能性もありますから、怒る回数には注意してみましょう。

4歳児の夜泣きを防止する方法

夜泣きをしないように、防止することも大切です。こちらでは、4歳児の夜泣きを防止する方法を紹介します。

生活リズムの改善

4歳の子どもはまだ生活リズムが安定していません。幼稚園に通い始め、昼寝の時間が急になくなったり、朝早く起きるようになったりなどもあるでしょう。生活リズムが安定するよう改善してあげましょう。

男の子のママ

(30代後半)

幼稚園から帰り、夕方3時~5時頃まで昼寝をするようになってしまいました。昼寝が原因で夜寝るのが遅くなり、朝はギリギリまで寝ているような良くない生活リズムでした。昼寝の時間を短くしたり工夫して、リズム改善しました。

夜早く寝て、朝は出発までに余裕をもって起きるよう生活リズムを整えてあげましょう。

寝る環境を見直す

子どもが安心して寝やすい環境を作ってあげましょう。もしかしたら、寝心地が悪く目が覚めてしまうのかもしれません。まくらにお気に入りのタオルを敷いてあげたり、小さい電球をつけてあげたりするのもおすすめです。

4歳娘のママ

(30代後半)

4歳の娘は、ふわふわのクッションと一緒に寝るようになったら夜泣きの回数が減るようになりました。泣いて起きそうになったら、クッションを探して抱きしめながら自力で寝付いていきます。

子どもが寝付きやすくなるように、お気に入りのアイテムを見つけてあげるのもいいですね。

食事改善

タンパク質、ビタミンなどの栄養不足が夜泣きの原因とも考えられます。好き嫌いが激しかったり、お菓子ばかり食べていると、栄養が偏ってしまうので注意が必要です。食事バランスを考え、たんぱく質や食物繊維などを意識した食事を与えるようにしましょう。

2人姉妹のママ

(30代前半)

夜泣きの原因が食事に関係していると知り、おやつをこんにゃくゼリーやバナナにする日を作ったり工夫するようになりました。幼稚園から帰ったらおやつタイムはジョアだけにして、夕飯を早めにするなどしています。

おやつには、カルシウム入りシリアル、ゼリーなどにする工夫はいいですね。

親が寝かしつけをしてあげる

寝る時には親と一緒に布団に入り、安心させてから寝かしつけをしてあげましょう。近くに安心できる存在のママやパパがいないと、子どもは不安に思います。寝る時にそばにいてあげると、不安も解消されるでしょう。

先輩ママ

(40代前半)

4歳の娘は、パパが寝かしつけた日は必ず夜泣きします。私が寝かしつけた時は大丈夫なので、なるべく私が寝かしつけの担当をするようにしています。もし夜泣きしても、私がしばらくトントンしてあげると安心して寝てくれますよ。

子どもはママの匂いを感じたり、触れられる範囲にママがいると安心して寝てくれますよね。なるべく近くにいて、安心させてあげましょう。

(4歳児に最適な遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児に最適な遊びは?室内・室外別の発達にいい遊びや、注意点を紹介!

4歳児の夜泣きと夜驚症の違いや症状は?夜中に怒って暴れる?

夜泣きとは違って、夜中に怒って暴れるのは夜泣きでではないのでしょうか?4歳児の夜泣きと夜驚症の違いや、症状はどのようなものかを紹介します。

夜泣きと夜驚症の違い

夜泣きは、あやしたり、一度目を覚ませたりすることでおさまります。夜驚症は、ママやパパがあやしたりしても、パニック状態になり泣き叫び続けたりします。夜驚症は夜泣きとは違い、深い眠りについているときに起こるからです。眠りが深いので声をかけたり起こしたりしようとしても、簡単には反応してくれません。

夜驚症の症状

夜驚症は、突然何かに怒るかのように暴れたりします。寝ている状態なのに、感情が爆発しパニックを引き起こしている症状です。パニックになり大騒ぎしていたのにも関わらず、子どもは次に日には覚えていません。見ている親もビックリしますが、症状が治まるまで見守ってあげましょう。

(4歳児が喜ぶクリスマスプレゼントについては以下の記事も参考にしてみてください)

【2019】4歳児が喜ぶクリスマスプレゼント33選!男女別に失敗しない商品を厳選!体験談も

4歳児の夜泣きは受診するべき?

4歳児の夜泣きは受診するべきなのでしょうか?受診するのかしないのか、どうしたらいいのかみていきましょう。

自然に治るのを待つ

夜泣きや夜驚症は、年齢とともに自然と治まるので、急いで受診する必要はありません。とはいえ、パニックの症状をみてしまうと、病気なのかなと心配になるでしょう。親は心配しすぎず、子どもが安心して眠りにつけるよう優しく声をかけてあげましょう。

心配なら受診をする

1日に何度もパニックを起こしたり、起きている時でも足に痛みを感じる場合は、受診することをおすすめします。まだ4歳ですから、小児科を受診するとよいでしょう。医師に相談することで親も安心できますよね。また、夜泣きや夜驚症を改善するための漢方などもあるので、先生に相談してみましょう。

小児科受診の他に、針灸もおすすめされています。針灸とはいえ子どもには鍼を使わず、マッサージなどの施術をしてくれるケースが多いです。親が思い詰めてしまうと子供も心配になりますから、少しでも心配なら受診してみましょう。

4歳児の夜泣きは心配しないで

4歳児の夜泣きは自然と治まることがほとんどなので、心配しないでください。子どもが安心して睡眠がとれるよう環境や生活習慣を整えたり、子どもとのコミュニケーションを増やしたりすることも大切です。不安に思わず、暖かく見守ってあげましょう。

関連する記事