好きだった男を忘れる7つの方法!酷い元彼を忘れるのにも最適|失恋を思い出にしてリスタートを

「好きだった男を忘れられない」と思う女性は多くいます。そして、その多くは「好きだった男を忘れる方法が知りたいと」思うでしょう。前に進むためには失恋を思い出にしてリスタートすることが必要です。好きだった男を忘れる方法を紹介します。酷い元彼を忘れるのにも最適です。

目次

  1. 忘れられない人を忘れる方法ってあるの?
  2. そもそも男を忘れられないのはなぜ?
  3. 【サヨナラ!】男を忘れる方法7つ
  4. 好きな人を忘れるには名言も効果的!
  5. それでも忘れられない時は
  6. 酷い男は忘れて幸せな未来を築こう!

忘れられない人を忘れる方法ってあるの?

「好きだった相手を忘れられない」「いつまでも元彼を思い出してしまう」そんな女性は多くいます。精一杯恋をしたからこそ、相手を忘れることが難しいのです。また、終わった恋をいつまでも引きずってしまい、「自分は重たい女なのかな?」と悩むこともあるでしょう。失恋の痛みはすぐに癒えるものではありません。本気で好きだったからこそ、引きずってしまいます。

しかし、忘れたくても忘れられない状況はとても苦しい時間です。「好きだった男を忘れる方法はあるの?」と思う人は多いはずです。今回は、失恋を思い出にして新しい恋に進むために、忘れられない人を忘れる方法を紹介していきます。自分自身のためにも前に進む勇気を持ちましょう。

そもそも男を忘れられないのはなぜ?

好きだった男を「忘れたいのに忘れられない!」と悩む女性は少なくありません。失恋経験者のおよそ6割は、好きな人を忘れられないといわれています。なぜ、これほど多くの人が好きだった男を忘れられないのでしょうか。実は、脳は「好きな人や、楽しかったものほど強く記憶する」といわれています。

そのため、忘れようとしても楽しかった思い出がよみがえり、簡単に忘れることができないのです。反対に、嫌いになるほど酷い元彼だった場合、反動でつい思い出してしまうこともあります。別れた男性を忘れられない理由は人それぞれです。ここでは、好きだった男を忘れられない理由を6つ紹介します。自分に当てはまるものがあるかチェックしてみましょう。

(元彼を思い出す瞬間については以下の記事も参考にしてみてください)

元彼を思い出す瞬間&心理7選!過去に囚われないための対処法とは?

まだ好きだから

元彼を忘れられない理由として多く挙げられるのは「まだ好きだから」というケースです。相手に振られた、別れざるを得ない状況だった場合には、相手に対して「好き」という気持ちが残っています。元彼への思いが消化できないまま別れてしまったため、気持ちの整理がつけられません。できることなら復縁をしたいと思う女性も多いはずです。

しかし、なかには元彼と付き合っていた頃の自分が好き、公私ともに充実していた時期だったという場合もあります。元彼のことが好きで忘れられないのか、その頃に戻りたいのかを冷静に見極めることも必要です。

初彼氏だった

「元彼が初彼氏だった場合」も、忘れられない理由になります。初彼氏は、人生で初めて「恋人」と意識できる存在です。単なる友達だった相手が急に恋人になる、ましてそれが初めての経験であれば、思い入れが深い相手となります。デートやキスなど初めての体験はとても濃い思い出のため、記憶に残りやすいのです。

また、女性は男性に比べて思い出の細かい部分まで覚えている傾向にあります。初彼氏のことを映像で思い出せるほど、しっかりと記憶している女性は少なくありません。そのため、女性が初彼氏を忘れられないのは仕方のないことといえます。

長く付き合って本気で好きだった

「長く付き合って本気で好きだったこと」は、元彼を忘れられない理由の1つです。交際期間が長ければその先にある「結婚」を意識するのは自然なことです。そんなときに別れを切り出されると、ショックが心の傷として残ります。一緒にいる時間が長かったからこそ「結婚したい」と意識し、「ずっと一緒にいられる」と相手を信頼していたはずです。

そのため、別れを選んだ元彼に裏切られた感覚になってしまうのです。交際期間の長さと悲しみの深さは比例します。側にいるのが当たり前だった存在を失い、傷つかないはずがありません。「1人でも大丈夫!」と強がっていても、大きな喪失感に襲われる可能性があります。

別れた理由が分からないから

元彼を忘れられない理由は、「別れた理由が分からないから」ということも考えられます。別れの理由がわからない場合、「なぜ?」「納得できない!」というモヤモヤした気持ちが残るものです。別れの理由をはっきり言わないのは相手の優しさとも考えられます。もしくは、やましいことがあるから言えなかった可能性もあります。

どちらにしても、理由がわからなければ気持ちの整理ができません。いつまでも気持ちを消化できず、忘れられない記憶となってしまうのです。

後悔していることがある

好きだった男性を忘れられない理由として、「後悔していることがある」ということも挙げられます。元彼と過ごした時間のなかで「あのときこうしていれば、別れなかったかもしれない」と、後悔しているケースは多いものです。片思いの相手にアプローチや告白ができなかった場合は、「気持ちを伝えられなかった」と後悔することも少なくありません。

過去の自分の行動に後悔し、気持ちが不完全燃焼だった恋愛はその思いが「未練」として残ります。そのため、好きだった男性を忘れられません。しっかりと恋に終わりを告げられた恋愛のほうが、諦めがつきやすいのです。

浮気する男・クズ男だった

関連する記事