妊娠初期の腹痛とは?生理痛とどう違う?原因と対策!実体験も!

【医師監修】妊娠初期の症状として起きる腹痛と、生理の時の痛みはとても似ているので見極めるのが難しいですよね。妊娠初期の腹痛と生理痛、それぞれが起こる原因とその違いについて説明します。また、妊娠初期の腹痛の対策と、実際の体験談もあわせてご紹介します。

専門家監修 | 小児科医 渡邉恵里
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。

目次

  1. 妊娠初期の腹痛と生理痛の違いは?
  2. 妊娠初期に腹痛が起きる原因とは?
  3. 生理痛が起きる原因は?
  4. 妊娠初期の腹痛と生理痛を見極めるには?
  5. 妊娠初期の腹痛対策は?
  6. 妊娠初期の腹痛体験談
  7. 気になる腹痛は相談してみよう

妊娠初期の腹痛と生理痛の違いは?

妊娠初期症状として起こる腹痛と生理痛の下腹部の痛み方は似ているため、何が原因か痛みだけで判断するのは難しいです。似たような腹痛でも「腹痛の原因」や「腹痛の時に分泌されるホルモンの種類」は、妊娠している状態と生理では違います。腹痛の原因や様子の違いを知っておけば、妊娠初期の腹痛と生理痛を見極めることができます。

妊娠初期に腹痛が起きる原因とは?

妊娠初期に腹痛が起きる原因は「妊娠初期の子宮の変化による腹痛」「骨盤の変化」「下痢や便秘によって起こる腹痛」などいくつか考えられます。

妊娠初期に腹痛が起きる原因【子宮が大きくなる】

妊娠すると、初期の段階ですでに子宮は大きくなり始めています。普段はニワトリの卵ほどの大きさである子宮も、わずか3か月で大人の握りこぶしほどに成長します。子宮は筋肉でできている臓器のため、成長するために引っ張られたり、血液量が多くなったりすると下腹部に痛みを感じることがあります。

また、妊娠するとプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。これは子宮の収縮を抑える働きがあり、流産を防いでくれる役割を果たしているのです。しかし、このホルモンによって下腹部痛が起きることもあります。妊娠初期でも、子宮内には様々な変化が起きているのですね。(※1)

妊娠初期に腹痛が起きる原因【妊娠初期の骨盤の変化】

妊娠初期でも出産に向けて赤ちゃんが産道を通る時のために骨盤が変化し始めています。

妊娠初期から骨盤周りの靭帯が緩んでいき骨盤を広げていくため、下腹部痛を感じることがあります。下腹部の痛みを「恥骨周辺や足の付け根あたりが押されているように感じる」「打ち付けられる感じ」「内臓が引っ張られている感覚」と表現する人もいるようです。

妊娠初期に腹痛が起きる原因【妊娠初期の下痢や便秘による腹痛】

妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化の影響で、下痢をしてしまうことがあります。この下痢も腹痛の原因です。妊娠初期に下痢をしても流産はしないので、妊娠初期症状として心配し過ぎなくて大丈夫ですよ。

また妊娠中に分泌されるプロゲステロンというホルモンは、腸内の水分を減らしてしまいます。すると、子宮が大きくなってきて腸を圧迫し始めることなども影響し、便秘になってしまうのです。妊娠初期は、下痢や便秘の症状で下腹部痛が起きていることもあるので、妊娠中の食生活や生活リズムを見直すことも必要かもしれません。

(妊娠初期の下痢や腹痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の下痢や腹痛の症状って大丈夫?原因と対処法について解説!

生理痛が起きる原因は?

生理痛の感じ方には、大小の個人差がかなりありますね。生理による腹痛が起きる原因と、生理中に分泌されるホルモンについて説明します。

(生理痛については以下の記事も参考にしてみてください)

生理痛を和らげる飲み物は?編集部のおすすめ10選!【口コミ多数】

関連する記事