妊娠初期の立ち仕事は胎児に悪影響?流産するリスクが高まる?腹痛などの症状に要注意!

妊娠初期の立ち仕事による悪影響はあるのでしょうか?この記事では、妊娠初期に立ち仕事をすることのリスクや対策を紹介します。さらに、妊娠初期に立ち仕事をする場合に注意するべき兆候や、実際に立ち仕事をしていたママの体験談もあわせて紹介します。

目次

  1. 妊娠初期はリスクがたくさん?
  2. 妊娠初期の立ち仕事の胎児への影響は?流産のリスクが高まる?
  3. 妊娠初期に立ち仕事をするなら…6つの対策
  4. 妊娠初期に立ち仕事をする際の注意点
  5. 妊娠初期の立ち仕事、大丈夫だった?〜ママの体験談〜
  6. 妊娠初期の妊婦さんは無理な立ち仕事に気を付けて!

妊娠初期はリスクがたくさん?

妊娠初期とは、妊娠4ヵ月までのことをいいます。安定期に入っていないこの時期は、流産の確率も1番高く妊婦さんにとって心配が多い時期でもありますよね。妊娠初期の流産は、胎児側に問題がある場合がほとんどで妊婦さんが防ぐことは難しいと言われています。そうは言っても、妊娠したからには出産まで無事に過ごしたいですよね。

そこで気になるのが、妊娠初期の立ち仕事ではないでしょうか。妊娠初期の身体にリスクはないのか気になりますよね。この記事では、妊娠初期の立ち仕事について、そのリスクや影響から対策方法までをくわしく解説していきます。

(妊娠初期については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の過ごし方とは?食生活やつわり、流産など9つの注意点!

妊娠初期の立ち仕事の胎児への影響は?流産のリスクが高まる?

妊娠初期の立ち仕事は、妊娠中の身体や胎児へどんな影響があるのでしょうか。まずは、妊娠初期の立ち仕事で考えられる影響やリスクについて解説していきます。

(妊娠初期の仕事については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の仕事での注意点!つわりや流産の対策も!職種別の体験談多数!

1. 妊娠初期の立ち仕事の胎児への影響・リスク【ストレスや疲れの蓄積】

妊娠初期の立ち仕事は、ストレスや疲れが蓄積しやすいという影響が考えられます。妊娠していなくても、長時間の立ち仕事は重労働の場合が多いため疲労が溜まる原因になりますよね。そのため、妊娠中ともなると疲れやストレスはさらに強く感じやすくなります。ママが常にストレスを感じていたり疲れている状態は、お腹の赤ちゃんにもあまり良いとはいえません。

また、妊娠初期はつわりなどで体調が優れない時期でもあります。体調が優れなくても立ち仕事をしなければいけない、そんな状態がさらなるストレスへ繋がる原因にもなります。ストレスや疲労は直接的に流産の原因になることはありませんが、あまりに強いストレスや疲労があると母体や胎児に悪影響を及ぼしかねません。

ただでさえ、妊娠初期は通常の状態ではないため体も心もバランスを崩しやすい時期です。いつも以上に、疲れやストレスが身体に影響を与える可能性が大きいことを知っておきましょう。

サービス業

20代

妊娠したばかりの時も仕事を休むことができず、立ち仕事を毎日こなしてました。つわりと体調不良に加えて、ストレスと疲れも重なって、さらに上の子のお世話に家事もやないといけないし、本当に情緒不安定になったよ。辛かったな…。

2. 妊娠初期の立ち仕事の胎児への影響・リスク【身体が冷えやすい】

妊娠初期だけに限りませんが、長時間立ち仕事をしていると身体が冷えやすくなる影響も考えられます。長時間立ちっぱなしでいることで血行が悪くなり、結果として冷えへと繋がってしまうのです。血行が悪くなると、冷えるだけでなく足がむくんだり疲れやすくなったりと悪影響は多くなります。症状が悪化すると静脈瘤になる恐れもあるため注意が必要です。

また、妊婦さんの身体は基本的には冷やしてはいけないと言われていますよね。身体が冷えることが原因で、つわりが悪化したり便秘になったりと、つらい症状が多くなることも考えられます。

妊娠期間中は、ホルモンバランスの影響でただでさえ冷え性になりやすいと言われています(※1)。そのため、立ち仕事が原因で普段以上に身体が冷えてしまうこともあるのです。

パート

30代

妊娠初期はとにかく体の冷えに悩まされたよ。レストランで立ち仕事してたのもあって、むくむし冷えるし本当に大変だった。仕事中に少量出血することもあって、先生からは仕事を休むように言われたことも。これが原因かは分からないけど、なかなかの難産だったよ。

3. 妊娠初期の立ち仕事の胎児への影響・リスク【胎児の発育に影響がある場合も】

妊娠初期の立ち仕事により、下半身が冷え子宮の血の巡りが悪くなると、胎児へ酸素や栄養が十分に送られなくなることも考えられます。そうなると、胎児の発育に影響が出てくる可能性もあるのです。ただし、妊娠初期の立ち仕事が直接胎児へ影響があるという科学的なデータはないので、過度に心配する必要もありません。

しかし、休まず立ち仕事をし続けたり身体に異変を感じているのに我慢をするなど、無理をしすぎることが妊婦さんの身体や胎児へのリスクに繋がる可能性は考えられます。立ち仕事に関わらず、我慢をしながらの重労働は避けた方が良いといえるでしょう。妊娠初期は、普段以上に自分の身体を気遣い体調の変化に十分注意する必要があるのです。

妊娠初期に立ち仕事をするなら…6つの対策

妊娠初期の立ち仕事にリスクや影響があると知っていても、仕事を休めない妊婦さんもいますよね。そんな時は、自分にできる対策はしっかりしておきたいものです。ここでは、妊娠初期に立ち仕事をする時の対策について紹介していきます。

(妊娠初期については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の腹痛とは?生理痛とどう違う?原因と対策!実体験も!

1. 妊娠初期に立ち仕事をする時の対策【着圧ソックスをはく】

妊娠初期に立ち仕事をしなければいけない時は、着圧ソックスをはくのがおすすめです。着圧ソックスには血行促進やむくみを解消する効果があり、立ち仕事での足の疲れを軽減してくれます。また、静脈瘤の予防にも効果的なので、妊婦さんが立ち仕事をしなければいけない時は着圧ソックスをはくのがおすすめです。

また、仕事中だけでなく就寝時にはくタイプの着圧ソックスもあるので、自分の状態などに合わせて使ってみましょう。ただし、着圧ソックスには様々な圧の強さがあるため、正しく使って体に負担をかけないよう注意しましょう。また、使用時間も守る必要があります。いくら足がつらいからと、長時間はき続けることは避けた方が良いでしょう。

着圧ソックスは妊婦さん向けの製品が多く販売されているので、その中から自分に合った素材やサイズのものを探してみましょう。

パート

20代

妊娠中もずっと立ち仕事をしてて、毎日足がパンパンになってたよ。でも、友達にすすめられて着圧ソックスを履くようになったら、本当にむくみが解消された!むくまないし、足が疲れにくくなったし、出産後の今でも手離せないよー。

2. 妊娠初期に立ち仕事をする時の対策【足の体操を行う】

妊娠初期の立ち仕事では、ずっと同じ体勢で立ちっぱなしでいるのは良くありません。こまめに足の体操を取り入れ、血行促進効果を高めるのがおすすめです。立ち仕事中でもできるのが、その場での屈伸運動やかかとの上げ下げなどの、ちょっとしたストレッチです。

立ったままで足がつらいなと感じたら、その場でストレッチをしてみましょう。少しの体操だけでも、妊婦さんには効果的ですよ。ただし、体調が悪くてつらい時は、体操をするのではなくしっかり休憩をとるように心がけましょう。

また、家に帰ってからも足に効くストレッチを取り入れても良いでしょう。仰向けになり、片足ずつ上へあげて足を動かす妊婦さん向けのストレッチなら、寝る前にベッドで行いやすいですよ。毎日寝る前に足のストレッチをすることで、むくみや足の疲れの改善にも繋がります。

営業

20代

妊娠中も立ち仕事をしないといけなくて、むくみやすい体質だったからとにかく毎晩ストレッチを頑張ったよ。おかげで、足のむくみもそれほど酷くならず、トラブルもなく仕事をこなせた!出産後もストレッチが日課になったよ。

(妊娠中の体操については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦体操で腰痛や便秘を解消!妊娠周期別の効果的なストレッチ方法!

3. 妊娠初期に立ち仕事をする時の対策【入浴する】

妊娠初期に立ち仕事をする時の対策としては、毎日の入浴も効果的です。妊娠中の立ち仕事は、やはり血行が悪くなることによる身体の冷えがリスクとなりやすいです。冷えを解消するためにも、毎日入浴をして体を芯から温めるのがおすすめです。入浴することで血行が促進され、むくみ解消や疲労回復の効果も期待できますよ。

また、入浴はリラックス効果も高く、立ち仕事による疲れやストレスを和らげてくれる効果も期待できます。イライラして疲れているという時にも、入浴は効果的ですよ。

ただし、熱いお湯に長時間入浴するのは、妊婦さんの身体の負担になりかねません。いつもよりぬるめのお湯に、気持ちいいと感じられる程度の時間浸かるよう心がけましょう。また、妊娠中の入浴は人のいる時間帯に入るなど、いつでも誰かに助けを求められるようにしておくことも大切です。

美容師

20代

もともとむくみやすい体質だったから妊娠期間のむくみが心配だったんだけど、妊娠中のむくみにはお風呂が効果あったなー。妊娠初期もずっと立ち仕事だったんだけど、毎日入浴してたら調子良かった。血行をよくするのって大事だね。

4. 妊娠初期に立ち仕事をする時の対策【上司に相談】

妊娠初期に立ち仕事をする時は、上司に相談するなど周りから理解してもらえる環境作りも大切になります。妊娠初期は妊娠がしっかり継続されるか心配で、周りには打ち明けづらいという妊婦さんも多いでしょう。しかし、立ち仕事を続けるのなら1番身近な上司には伝えておいた方が良いでしょう。

周囲の人に妊娠初期であることを知っておいてもらえば、いざという時頼りやすく休憩もとりやすくなります。上司に話をしておけば、力仕事などを頼まれる心配もありません。妊婦さんの身体には我慢することが1番よくありません。無理をしないためにも、周囲からの協力は必要不可欠なのです。

妊娠中は、突然のトラブルなどで早退や退職といったことにもなりかねませんよね。周りに迷惑をかけずに立ち仕事を続けたいと考えるのならば、なおさら上司にしっかり相談しておくことをおすすめします。

営業

20代

妊娠初期だったけど、仕事柄ハードな仕事も多かったから上司にすぐ相談しました。ハードめな立ち仕事はふらないようにしてくれたり、仕事内容を変えてくれて無事乗り切れたよ。まわりの協力のおかげで仕事を続けられたと思う。

5. 妊娠初期に立ち仕事をする時の対策【こまめに休憩】

妊娠初期の立ち仕事では、無理や我慢は禁物です。仕事中もこまめに休憩をとり、ずっと立ちっぱなしという状態にはならないよう気をつけましょう。疲れているのに我慢しすぎると、身体にトラブルや不調が起こる原因にもなりかねません。つらいなと感じたら、少しでも座って休憩をとるようにしましょう。

仕事の内容にもよりますが、立ち仕事中でも椅子を用意してもらえるのなら、近くに椅子を置いてこまめに座れるようにすると良いでしょう。周囲の人に気遣いしすぎて無理をしてしまう妊婦さんもいるかもしれません。しかし、妊娠初期は自分の身体を第一に考えことが大切です。

また、妊娠初期はトイレが近くなりやすいです。むくみを予防するためにも、トイレは我慢せずこまめに行くように心がけましょう。長い時間立ち仕事をする時は、休憩をしっかりとり無理せずに働けるのが理想です。

サービス業

20代

とにかくずっと動いてるハードな仕事だったから、妊娠初期は少しでも暇を見つけては休むようにしてた。近くに椅子を持ってきて、まめに座るようにしたり。おかげでハードな仕事を続けたけど、出産までトラブル知らずだったよ!

6. 妊娠初期に立ち仕事をする時の対策【体調の変化に気を付ける】

妊娠初期に立ち仕事をする時は、体調と相談しながら行うようにしましょう。妊娠中は、腹痛や出血など思いがけないトラブルが起こることもあります。そんな時に無理をしてしまっては、母体も胎児も危険な状態になりかねません。少しでも異変を感じた時には、すぐに対応できるよう準備しておくことも大切です。

また、妊娠初期の立ち仕事が身体の負担にならないか、医師に相談しながら行うことも大切です。病院で経過を診てもらい、その都度、仕事は続けても大丈夫か確認してみましょう。

普通に仕事を続けられる状態であっても、少しでも体調が悪い時やつわりがひどい時、お腹の張りを感じる時などは、無理をせず休むようにしましょう。妊娠初期の立ち仕事は、とにかく無理は禁物です。仕事のことよりも、自分の身体を第一に考えられるように心がけましょう。

専業主婦

30代

妊娠初期に立ち仕事をしてたけど、とにかく体調の異変には気を遣ったよ。お腹が痛くなったらすぐ休んだり、立ちくらみがしたら早退したり。慎重になりまくったおかげで、出産まで無事過ごせました。

妊娠初期に立ち仕事をする際の注意点

妊娠初期に立ち仕事をする際には、注意しておきたいこともいくつかあります。ここからは、妊娠初期に立ち仕事をする時の注意点について解説していきます。

妊娠初期に立ち仕事をする際の注意点【力仕事はしない】

妊娠初期の立ち仕事での注意点は、重い物を持つなどの力仕事はしないことです。妊婦さんにとっては立ち仕事だけでも大変なのに、さらに力仕事まで加わると身体への負担は大きくなってしまいます。お腹に力を入れて重い物を持ったりすると、腹痛や出血などのトラブルの原因にもなりかねません。妊娠初期は、立ち仕事中に力仕事はしないよう注意しましょう。

パート

30代

立ち仕事プラス力仕事も多い仕事で、妊娠中は重いものを持つとお腹が張るような感覚になったこともあったよ。だから、1回お腹が張ってからは、力仕事はなるべく避けるようにして何とか乗り切ったよ。

妊娠初期に立ち仕事をする際の注意点【異変を感じたらすぐ病院へ】

妊娠初期の立ち仕事で、身体に何か異変を感じた時はすぐに病院へ行くようにしましょう。特に、腹痛を感じたり出血がある時などは注意が必要です。流産や切迫流産によって出血が起きている場合も考えられます。妊娠初期の立ち仕事中に少しでも「おかしいな」と感じることがあった時は、すぐに医師に確認をとりましょう。

専業主婦

30代

妊娠初期にレストランでパートしてたら、茶色い出血が。すぐさま病院に駆け込んだら、切迫流産だったー。立ち仕事が原因が分からないけど、結構な長時間休まず働いてたのが悪かったかな…。

絶対安静になって、結局仕事は休まないといけなくなったよ。でも、早く気づけて本当によかった。

妊娠初期の立ち仕事、大丈夫だった?〜ママの体験談〜

実際に、妊娠初期に立ち仕事をしていた先輩ママたちの体験談も気になりますよね。どう乗り切ったのか、ママたちの体験談を紹介します。

妊娠初期に立ち仕事をしたママの体験談【周りの協力で頑張れた】

営業

30代

営業の仕事だったんだけど、妊娠初期も休むことはできず仕事を続けてた。上司や同僚に妊娠を伝えたら、事務仕事を増やしてくれて外回りが本当に少なくすんだ。おかげで、出血も腹痛も何の体調のトラブルもなく仕事できました。周りの協力って妊婦には本当に大切だなって思ったよ。

周りの協力で立ち仕事を少なくしてもらえたというママの体験談です。上司や同僚に妊娠を伝えることで、働き方を変えてもらえる場合もあるようですね。

妊娠初期に立ち仕事をしたママの体験談【アパレルの仕事で切迫流産に】

アパレル業

20代

アパレルは店内でゆっくり仕事ができるって感じがちだけど、バックヤードは力仕事だらけ。重たいダンボールを持ったり服をいくつも手に抱えたりと、かなり力仕事は多め。

妊娠した時も今まで通り働いていたら、ある時腹痛がして出血してしまった。結果、切迫流産でそのまま入院に。赤ちゃんは無事生まれたけど、やっぱり力仕事と立ち仕事は初期は大変だったなー。

立ち仕事に力仕事も加わり、結果切迫流産になってしまったというママの体験談です。立ち仕事だけでなく力仕事も必要になる場合は、やはり妊婦さんの身体には負担になるようです。立ち仕事をする時は、腹痛や出血などのサインにはすぐ対応できるようにしておく必要があります。

妊娠初期に立ち仕事をしたママの体験談【こまめな休憩で乗り切った】

サービス業

30代

サービス業で毎日立ち仕事なんだけど、こまめに時間を見つけては座って休憩してたよ。おかげでトラブル知らずで乗り切れました。ちょっとの目眩とかつわりとかはあったんだけどね。気合いでいけました!

やはり、妊娠初期の立ち仕事ではこまめな休憩が大切なようですね。妊婦さんが立ち仕事をする時は、こまめに休憩をとり無理せず働くことが大切です。

妊娠初期に立ち仕事をしたママの体験談【つわりで短時間勤務に】

美容師

20代

美容師で毎日立ち仕事なんだけど、妊娠初期はとにかくつわりがひどくて、会社に相談して短時間勤務にしてもらいました。勤務日数と時間を減らしてなんとか乗り切れた感じです。仕事続けるには、まわりの同僚の協力が必要不可欠だよ。

妊娠初期はつわりで立ち仕事が思うようにできない妊婦さんも多いようです。つわりが酷い時は、無理せず仕事をすることが大切ですね。

妊娠初期に立ち仕事をしたママの体験談【接客業でむくみがひどくなった】

専業主婦

30代

接客業で動き回る仕事なんだけど、妊娠初期からとにかく足のむくみがひどくて大変だった。腹痛とか出血とかのトラブルは起きずにすんだけど、本当にむくみは大変だったなー。マッサージもストレッチもあまり効果がなかったよ。

やはり、妊娠初期の立ち仕事でむくみに悩まされる妊婦さんは多いようです。むくみが悪化しないよう、対策をしながら仕事をすることが大切ですね。

妊娠初期の妊婦さんは無理な立ち仕事に気を付けて!

今回は、妊娠初期の立ち仕事についてリスクや対策の方法を紹介しました。妊婦さんの立ち仕事は、無理をしないことが何よりも大切になります。自分の体調としっかり相談をして、無理をしないよう心がけましょう。

関連する記事