つわりのピークは何週目?対処法は?妊娠後期でも起きる?体験談多数

【医師監修】夫婦2人で待ち望み、喜びでいっぱいの妊娠発覚と同時に、つわりに苦しみ始める妊婦さんは少なくありません。つらいつわり、ピークはいつなのでしょうか?ピーク時の対処法は?妊娠後期にもつわりがあるの?つわりにまつわる疑問を、体験談をまじえながら解説します。

専門家監修 |産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. つわりがつらい
  2. どうしてつわりが起きるの?
  3. つわりのピークは何週目?
  4. つわりのピーク、実際どれくらい続いた?
  5. つわりのピークによくある症状
  6. つわりの体験談
  7. つわりのピークにとりたい対処法
  8. ピークが過ぎても妊娠後期につわりがある?
  9. 妊娠後期のつわりの体験談
  10. つらいつわりもずっと続くわけではない!

つわりがつらい

夫婦で妊娠を喜んだのもつかの間。吐き気や嘔吐など、つわりが始まってつらい思いをする妊婦さんは少なくありません。「このつらさ、いつまで続くの?」と疑問に感じていませんか?そこで今回は、平均的な妊娠初期のつわりの期間やピークの時期、妊娠後期のつわりについて体験談を混じえながらご説明します。

どうしてつわりが起きるの?

まず、つわりはどうして起きるのでしょうか。つわりの原因にはいくつかの説があります。hCGホルモンや女性ホルモンの1つである黄体ホルモンなどの「ホルモンの急激な増加」を原因とする説(※1)や、体が赤ちゃんを異物として判断することによって起きる「異物へのアレルギー」を原因とする説、「精神的ストレス」を原因とする説です。

その他にも様々な説がありますが、現在も妊娠初期のつわりの原因は断定されていません。上記で紹介した説も未だ仮説のものです。

つわりのピークは何週目?

「平均的にいつまでつわりは続くのか」「ピークを迎えるのはいつ頃なのか」気になりますよね。つわりはつらいですが、終わりが見えると少し気持ちが軽くなるかもしれません。ここからはつわりの期間に焦点を当てて、つわりの期間やピークとなる期間、つわりが終わる時期についてそれぞれ平均的な時期を説明します。

つわりのピーク【つわりがある期間は?】

妊娠初期のつわりは平均的に妊娠5週目頃から始まり、安定期に入る妊娠16週目頃まで続きます。個人差があるので、早い人だと妊娠4週目頃からつわりが始まることもあるでしょう。つわりが終わる時期にも個人差があり、妊娠16週目をすぎて安定期に入ってもつわりが続いたり、出産までつわりがある人もいます。

つわりのピーク【つわりのピークはいつ?】

妊娠初期に平均で10週ほど続くつわりですが、つわりにもピークがあります。平均的に妊娠初期のつわりのピークの期間とされているのは、妊娠8週目から妊娠11週目頃です。この期間はつわりの症状のピークを迎え、妊婦さんにとっては特につらい期間と言えるでしょう。

つわりのピーク【ピークが過ぎたらもう終わり?】

「つわりのピークがすぎたら症状がピタリと収まって欲しい」と思いますよね。実際、つわりが突然終わったという人もいれば、ピークをすぎた後に症状が出たり出なかったりを繰り返しながら徐々に終わったという人もいます。今日つわりがなかったと思っても、次の日に症状が出るということも珍しくないです。つわりの終わり方にも個人差があります。

つわりのピーク【つわりの期間には個人差がある】

関連する記事