吐きつわりとは?いつまで続く?原因と対処法!食べ物は?体験談多数

つわりにはさまざまなタイプがありますが、多くの妊婦さんが特につらいと感じるのが「吐きつわり」です。吐き気が続くだけでなく、実際に吐くこともある吐きつわり。今回はそんな吐きつわりの時期や原因、吐くときの対策などを、体験談を交えながらご紹介していきます。

目次

  1. 妊娠初期最大の試練!吐きつわりって?
  2. つらい吐きつわりはいつからいつまで続くの?
  3. 吐きつわりが起こる原因は?
  4. 吐くのがつらい!吐きつわりの対処法は?
  5. 吐きつわりのときにおすすめの食べ物はあるの?
  6. 自分に合った吐きつわり対処法を見つけよう!

妊娠初期最大の試練!吐きつわりって?

妊娠した喜びをかみしめていると襲ってくる、妊娠初期最大の試練が「つわり」です。さまざまなタイプがつわりにはありますが、なかでも多くの妊婦さんを苦しめるのが「吐きつわり」。まずは、吐きつわりがどういった症状なのかをご紹介していきます。

吐きつわりの主な症状として、吐き気が続くことや実際に吐くことが挙げられます。また、何度も繰り返し吐くことで胃や食道の粘膜が傷つき、逆流性食道炎などを引き起こしてしまうことも。妊娠初期で心身ともに安定しづらい妊婦さんにとっては、とてもつらいつわりの一種です。

(つわりの症状については以下の記事も参考にしてみてください)

つわりの症状まとめ!妊娠初期以外もある?タイプ別10の対処法!

吐き気の強さや吐く回数は人によってさまざま

「吐きつわり」といっても、その症状には妊婦さんによって個人差があります。吐き気が続くだけという方もいれば、何度も繰り返し吐き続けてしまう方も。また、吐き気が強くなる原因や時間帯なども妊婦さんによって大きく異なります。

先輩ママ

30代前半

食欲がなく何を食べても吐いていて、妊娠3ヶ月の間は寝たきりで過ごしました。夕方から夜にかけて体調が悪くなることが多く、夜は何かを口にすると必ず1~2時間後に吐くという状況でした。

女性

30代前半

一日中胸やけや胃痛がしていて気持ちが悪いですが、吐くほどではありません。何も食べられないということもなく、気分が乗れば食事もとることができています。

つらい吐きつわりはいつからいつまで続くの?

これからつわりを迎える妊娠初期の方や、吐きつわりに苦しむ妊婦さんにとっての大きな疑問が「吐きつわりはいつからいつまで続くの?」という吐きつわりの時期のこと。ここでは、吐きつわりがいつから始まり、いつ終わるのかについてご紹介します。

吐きつわりが始まる時期

多くの妊婦さんは、妊娠5週ごろから吐きつわりが始まることが多いようです。また、吐きつわりのピークは妊娠8週から11週の間と言われていますが、こちらも個人差があります。

女性

30代前半

妊娠5週の頃から乗り物酔いのような吐き気がするようになり、妊娠6週で吐くようになりました。

先輩ママ

20代後半

一人目は生理予定日あたりから吐き気がするようになり、二人目は妊娠5週目くらいから始まりました。

女性

20代後半

妊娠5週からちょっと変だなと感じていて、7週から吐くようになりました。

吐きつわりが終わる時期

関連する記事