妊娠超初期の性行為の注意点!流産や胎児への影響はある?

【医師監修】ママもパパも妊娠超初期は性行為をしても大丈夫かと不安になりますよね。でも、性行為は夫婦のコミュニケーションのひとつ。できればお互いのスキンシップの為にも仲良ししたいですよね。妊娠超初期に流産や胎児に影響はあるのか、性行為をするときの注意点をご紹介します。

専門家監修 |産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠超初期の体の状態は?
  2. 妊娠超初期に性行為をしてもよい?
  3. 妊娠超初期に性行為をするときの注意点
  4. 性行為による主な感染症の種類と対応
  5. 妊娠超初期に性行為を控えるべき症状とは
  6. 妊娠超初期の性行為は流産や胎児に影響はある?
  7. 妊娠超初期の性行為は体調を優先にしよう
  8. 妊娠超初期に性行為をするときはリラックスした気持ちで

カズヤ先生

産婦人科

連続の子宮収縮作用は妊娠に影響がある可能性があるので注意が必要です。また、膣内を清潔に保つ観点からも、出来ればコンドームの使用をお勧めいたします。

妊娠超初期に性行為をした人の体験談

上記の体験談のように、妊娠超初期にはつわりで仲良しする気分になれない人も多いようです。しかし、つわりが終わり体調が安定してくると妊娠中でも自然と性欲が復活してくる人もいるでしょう。

妊娠中に性欲が無くなってしまったことでパートナーに申し訳ない気持ちになってしまうかもしれません。焦ったり無理に受け入れたりせず、パートナーに気持ちを伝えることも大切にしてくださいね。

妊娠超初期に性行為をするときの注意点

妊娠超初期にパートナーと仲良しすることは基本的には問題ありません。とはいえやはり妊娠中。妊娠中は普段以上に性行為で気を付けるべき注意点があります。下記で詳しくご説明しますね。

身体に負担の少ない体位で時間は短めにする

妊娠超初期の性行為では体位や時間に気を付けましょう。妊娠中は妊娠期間に関係なくお腹に圧迫がかかるような体位は避けた方がよいです。妊娠超初期は正常位や後測位といった体位が女性の体に負担がかかりにくい体位がオススメ。正常位ではお互いが向き合っているので安心感もありますが、足を高く上げるなどお腹に負担になるような体勢はよくありません。

後測位は横になった状態で男性が後ろから抱きしめるような体位で挿入します。この体位も妊婦の体に負担が少なく安心感につながるでしょう。この体位は妊娠中ずっとできる体位です。しかし、どの体位でも痛みを感じたら中断しましょう。また妊娠中の長時間の仲良しは体が冷えてしまってよくありません。時間も短めにするよう心がけてください。

性行為にはコンドームを使用する

妊娠中は避妊の必要はないからゴムなしで仲良しできると思う人も多いでしょう。しかし、それは間違いです。妊娠中でも性感染症のリスク予防にゴムなしでの性行為は避け、コンドームを使用しましょう。

性行為の時に挿入は浅めにする

パートナーとの仲良しは夫婦のコミュニケーションにとっても大事な時間です。妊娠中でも大切にしていきたいですよね。しかし、妊娠超初期の性行為は女性の体の負担を最小限にしましょう。挿入が深くなるような激しいセックスは負担が大きくなります。また妊娠中は、子宮頸管が塾化しているため強い刺激に弱くなっており痛みを感じたり出血しやすくなります。

妊娠超初期から性行為をするときは挿入を浅めにし、激しい仲良しは控えましょう。女性側も痛みを感じた場合は我慢せずにパートナーに伝えるようにしてくださいね。

性行為後に出血してしまった場合

妊娠中は膣内の環境も変わり、セックスの時に濡れにくくなり摩擦で痛みを感じたり出血してしまったりする場合があります。これらの場合の痛みや出血はさほど心配はありませんが、妊娠中の不正出血は流産の兆候かもしれません。

性行為の後に下腹部の痛みや出血があった場合は、摩擦による傷なのか不正出血なのか判断しにくいので、念のため病院で診察を受けましょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/766174955354023768/

セックスの途中で下腹部に痛みを感じたときもセックスを中断し、様子を見るようにしましょう。また、摩擦による傷の場合も繰り返すと感染症のリスクとなります。妊娠中で濡れにくくなってしまった場合は、落ち込んだり悩んだりせずパートナーに相談し、ローションを使うなど環境を工夫してみることも一つの手ですよ。

関連する記事