業務スーパーの冷凍野菜が超便利!栄養・コスパ抜群なおすすめは?安全性も徹底解説!

この記事では業務スーパーの冷凍野菜の〈ブロッッコリー〉〈枝豆〉〈ポテト〉などを、おすすめ順に紹介しています!また、業務スーパーの冷凍野菜を使った【レシピ】や【栄養価・安全面】、そして【解凍方法・保存方法】も一緒に紹介しています!

目次

  1. 業務スーパーの冷凍野菜は便利で種類豊富!
  2. 業務スーパーの冷凍野菜が便利なポイント!
  3. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!おすすめの順番に!
  4. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【ブロッコリー】
  5. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【揚げなす】
  6. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【枝豆】
  7. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【ポテト】
  8. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【6種類の野菜ミックス】
  9. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【さといも】
  10. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【ごぼうにんじんミックス】
  11. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【オクラ】
  12. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【パプリカ】
  13. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【玉ねぎみじん切り】
  14. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【菜の花】
  15. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【カットほうれん草】
  16. 業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【かぼちゃ】
  17. 業務スーパーの冷凍野菜をつかったおすすめレシピを紹介!
  18. 業務スーパーの冷凍野菜の【保存方法・解凍方法】も紹介!
  19. 業務スーパーの冷凍野菜の安全性は?中国産・ベルギー産は危険?
  20. 業務スーパーの冷凍野菜に栄養分ってあるの?
  21. 業務スーパーの冷凍野菜を使って食卓を豊かにしよう!

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【ブロッコリー】

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめ、最初は『ブロッコリー』です。

チェーン店のスーパーで買うと一つ約150円もします。業務スーパーの冷凍野菜ブロッコリーと比べるとそのコスパの差は歴然です。

ブロッコリーの栄養は?

ブロッコリーは100g摂取するだけで人が1日に必要なビタミンCがすべて補えてしまうくらい、とても栄養価が高い野菜です。また、カルシウムの吸収を補助するとされている、ビタミンKも多く含まれており、成長期の子供にはぜひブロッコリーを食べさせてあげたいですね。鮮やかな緑で彩もいいので、お子様の弁当にブロッコリーをいれてあげたいですね!

ブロッコリーの使い方は?

ブロッコリーは、シンプルにサラダでドレッシングと和えて食べても美味しいですし、お吸い物にブロッコリーをいれたり、炒め物にしたりと汎用性が高く調理の幅もひろがります!食卓に一品ブロッコリーを使った野菜料理を増やしてみてはどうですか?

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【揚げなす】

内容量500g
値段145円
産地中国

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめ、2つめは『揚げなす』です。


こちらの揚げなすは文字通りすでに揚げており、麻婆ナスを作る際など油通しをする手間が省け、時短ができます。揚げてあることで、野菜の甘みがでて、余分な油が吸収されなくなります!

揚げナスの栄養は?

ナスは水分が多く栄養がないと噂されていますがそんなことはありません。ナスにはビタミンB群、カリウム・鉄分など多く含まれています。その中でも、カリウムは体内に余分に溜まった塩分の排出を補助する効果があるので、むくみ防止にもってこいの食材ですよ。

揚げナスの使い方は?

また、ナスに含まれるナスニンという成分は油との相性がとてもよく、油とともに摂取することでよく吸収されるようになります。麻婆ナスや揚げ浸しなどをコスパよく作ってみるのもおすすめです。

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめを紹介!【枝豆】

内容量500g
値段165円
産地中国

業務スーパーのおすすめ、3つめは『枝豆』です。


冷凍といえばみなさんが真っ先に思いつくのが枝豆ではないでしょうか?居酒屋でよく使われていますよね。そのまま自然解凍すれば食べれて美味しいという優れものです。

関連する記事

内容量500kg
値段145円
産地中国