赤ちゃんにぬいぐるみは様々な効果が…!目的別の人気おすすめ20選

赤ちゃんにの頃にもらったぬいぐるみは思い出深く、一生の宝物になります。この記事の前半ではぬいぐるみが赤ちゃんにもたらす効果、あげる時期別の目的や選び方を、後半では口コミでおすすめのものや先輩ママに人気の商品をご紹介します。

目次

  1. ぬいぐるみが赤ちゃんにもたらす効果
  2. 赤ちゃんにぬいぐるみをあげる時期別の目的
  3. 赤ちゃんにあげるぬいぐるみの選び方
  4. 赤ちゃんにあげるぬいぐるみおすすめ20選
  5. 赤ちゃんの視覚を刺激するぬいぐるみ
  6. 赤ちゃんの触覚を刺激するぬいぐるみ
  7. 赤ちゃんの聴覚を刺激するぬいぐるみ
  8. 肌触り重視のぬいぐるみ
  9. 赤ちゃんの寝かしつけ用ぬいぐるみ
  10. 手作りのぬいぐるみ
  11. 心を込めてぬいぐるみを赤ちゃんへ

ぬいぐるみが赤ちゃんにもたらす効果

子どもは小さな科学者であると言った学者もいるくらい、幼児期から幼少期にかけては目に入るすべてのものに興味深々です(※1)。手で触ってみたり、かじってみたり、たたいてみたりしながらものの性質を理解しようとしているのです。脳が飛躍的に発達するこの時期にぬいぐるみを与える効果を見ていきましょう。

赤ちゃんの好奇心を養える

ぬいぐるみは歌を歌うものや肌触りの柔らかなもの、カラフルなものなど様々な種類のものがあります。五感を刺激してくれるぬいぐるみは、赤ちゃんの脳を活性化させ好奇心を育んでくれるのです。赤ちゃんの成長を助け好奇心を養ってくれるぬいぐるみを積極的に与えたいですね。

赤ちゃんの社会性を養える

育児中のママなら、赤ちゃんがママや他の人の顔をじっと観察している場面をよく見かけるでしょう。これは赤ちゃんが大人の顔を認識し、人と人との会話などを学習していると言われています。赤ちゃんはぬいぐるみと遊ぶことによっても、そうした社会性を養うことができるのです。

ぬいぐるみ遊び以外にも、月齢に応じて手遊びや本の読み聞かせをしてあげるのも赤ちゃんの社会性を養えるおすすめの遊びです。

(手遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんとの絆を深める手遊び!人気の手遊び歌7選【動画で解説

赤ちゃんが安心感を得られる

赤ちゃんはママのお腹から外の世界に出てきて急に不安になってしまったり、泣き続けたりすることがあります(※2)。かわいいぬいぐるみを赤ちゃんのそばに置いてあげることで、赤ちゃんはぬいぐるみを抱いたりかじったりして安心感を得ることができます。

赤ちゃんにぬいぐるみをあげる時期別の目的

0歳の頃は赤ちゃんの手でも持ちやすいスティック状のものや輪がついているもの、また振ると音がなって聴覚を刺激できるものがおすすめです。1歳からはあんよが始まり、肌触りが良く抱っこしやすいぬいぐるみを選ぶといいでしょう。

2歳からは言葉を覚えだす時期なので、歌を歌ったり言葉を話すぬいぐるみや、パペットのようなごっこ遊びできるものがおすすめです。毎日の育児の中にぬいぐるみを取り入れ子供の成長を見守ってあげましょう。

赤ちゃんにあげるぬいぐるみの選び方

出典:https://www.pinterest.jp/pin/729864683336495352/

赤ちゃんや低月齢の子どもにあげるぬいぐるみを選ぶ時には、いくつか注意する点があります。失敗しないぬいぐるみの選び方を見ていきましょう。

赤ちゃんが誤飲しないぬいぐるみを

関連する記事