妊婦の腹帯とは?いつから巻く?必要性は?つけるメリットなど効果を徹底解説!

【医師監修】妊娠すると、以前は多くの妊婦さんが腹帯を巻いていました。改めて妊婦にとって腹帯とは何でしょうか。その必要性、巻く時期、腹帯のメリットなどについてドクターの助言を交えて徹底解説します。腹帯の巻き方も動画で紹介します。妊婦さんはぜひ参考にしてください。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊婦中に巻く腹帯とは?必要?
  2. 妊婦の腹帯の効果は?〜メリット・デメリット〜
  3. 妊婦の腹帯はいつから巻く?時期は?
  4. 妊婦の腹帯はどこでもらえる?
  5. 妊婦の腹帯の巻き方を【動画】で解説!
  6. 腹帯で安産祈願しよう!

妊婦中に巻く腹帯とは?必要?

妊娠するとお腹がふくらんできます。妊婦さんにとって、お腹が大きくなるのは赤ちゃんの成長を感じられて嬉(うれ)しいことです。しかし同時に、身体への負担も大きくなり、体調がつらくなる妊婦さんも多いのではないでしょうか。

妊娠、出産は命がけの行為です。何もトラブルがなく過ぎる妊婦さんもいれば、マイナートラブルをたくさん抱えてしまう妊婦さんもいます。

腹帯は、妊婦さんの成長していくお腹を支えてくれる心強い味方です。妊婦さんを支えるアイテムのうちの一つでもある、腹帯について詳しく説明します。

腹帯は必要?

腹帯は必ずしも必要ではありません。昔は産院で安産のために腹帯をもらえることがありました。しかし、今は背中の血管を圧迫するデメリットもあるため、産院では積極的に腹帯について指導することはなくなりました。一方で、妊娠中に腹帯をすることは多くのメリットがあります。正しくつければ腹帯は妊婦さんにとって良い効果を得られるのです。

(安産効果のあるストレッチについては以下の記事も参考にしてください)

妊婦さんのストレッチは安産効果あり!妊娠中でも楽にできるやり方も!

妊婦の腹帯の効果は?〜メリット・デメリット〜

妊婦さんが腹帯を巻くメリットはたくさんあります。安産のために腹帯を巻く妊婦さんも多いでしょう。腹帯のメリットを詳しく紹介していきます。しかし、腹帯を巻くことによるデメリットがあることは事実です。腹帯のメリットだけではなく、デメリットについてもわかりやすく紹介します。

(妊娠後期の過ごし方や出産準備については以下の記事も参考にしてください)

妊娠後期の過ごし方!出産準備までにやるべき事やトラブル対策などを紹介!

腹帯を巻くメリット:重たくなったお腹の支えになる

腹帯を巻くメリットは、重たくなったお腹の支えになってくれることです。胎児の成長にともない、お腹はどんどん重たくなります。大体妊娠5カ月くらいから、お腹の重みが気になりだす妊婦さんが多いでしょう。その時期から腰への負担が増加して、腰痛になる妊婦さんが多くいます。腹帯を巻くと、腰を支える効果があるため腰痛予防の効果が得られるのです。

妊娠してから腰の痛みが気になりだしたという人には、腹帯は必要なアイテムといえるでしょう。お腹が大きくなったことによる腰痛に悩む妊婦さんはとても多くいます。このため、腰痛を防ぐ目的で腹帯を着用している妊婦さんが数多くいます。

カズヤ先生

産婦人科医

実際に、妊娠30週を超えたあたりから子宮はサイズもアップし、赤ちゃんも大きくなるので、母体への腰に負担がかかってきます。 酷い場合は湿布薬(必ずかかりつけ産婦人科医に相談してから貼ってください)を使用することもあり、腰への負担を軽減するという意味では腹帯は利点はあります。

腹帯を巻くメリット:お腹を温めてくれる

腹帯のメリットはお腹を温めてくれることです。妊娠中はとにかく冷えが大敵です。腹帯を巻くとお腹の赤ちゃんごと温めてくれるので安心できます。普段から体をあたためておくことで、スムーズな出産にも繋がるでしょう。

お腹を温める目的で腹帯を巻く場合は、いつから着用しても問題ありません。自分にぴったり合う腹帯を探して、身につけてみるといいですね。

腹帯を巻くメリット:お腹への衝撃を和らげる

お腹への衝撃を少しでも和らげる効果が、腹帯を巻くメリットといえるでしょう(※1)。妊娠中にはさまざまなトラブルが起こることも考えられます。間違ってお腹に何かがぶつかってしまうようなこともあるでしょう。そんなときも、腹帯が赤ちゃんを守ってくれるのです。

腹帯を巻くメリット:腹帯は産後も使える!

腹帯は産後も使えます。多くの経産婦が出産後、お腹のたるみを気にしています。出産後も腹帯を巻くことで、たるんでしまったお腹を整える効果が期待できます。ただし、一口に腹帯といっても、さまざまな種類があります。出産後のお腹のたるみを早く改善したいという人は、出産後にも使えるタイプの腹帯を選びましょう。

出産後のトラブルに効果のある腹帯もあります。お腹のたるみなどが気になるという人は、チェックしてみるといいですね。

カズヤ先生

産婦人科医

腹帯はどちらかといえば産後に巻くのがオススメです。 胎児への影響を考えなくていいですし、むしろこの時期は、どんどん子宮復古しお腹周りがしぼんでくるので、きつめに巻いても問題ありません。 類似商品として、とこちゃんベルトのような物もあります。 こちらは、腰への負担を和らげるのが主な目的になります。

関連する記事