妊娠後期の過ごし方!出産準備までにやるべき事やトラブル対策などを紹介!

出産日を安心して迎えるためにも知りたい妊娠後期の過ごし方ですが、妊娠後期に起こるトラブルの症状・対策法、過ごし方の注意点について紹介します。妊娠後期にやって良かったこと・やれば良かったと後悔した事など先輩ママの体験談もチェックしましょう!

目次

  1. 妊娠後期は出産間近!
  2. 妊娠後期に起こるトラブルに注意!症状・対策法を紹介
  3. 妊娠後期の過ごし方の注意点は?
  4. 妊娠後期の出産準備までにやるべきことは?
  5. 妊娠後期にしかできない事もある!〜先輩ママの体験談〜
  6. 妊娠後期にやれば良かったと後悔した事は?〜先輩ママの体験談〜
  7. 残りわずかマタニティライフは出産に備えよう!

妊娠後期は出産間近!

もうすぐ可愛い赤ちゃんと出会える妊娠後期の時期は、妊婦さんにとって特別な時期です。マタニティライフの中で正産期を間近に控えた9ヶ月目は臨月の時期でもあります。妊娠後期の特徴や注意点について紹介します。妊娠後期ならではのトラブル対処法や過ごし方も紹介します。

また、妊娠後期だからこそできるおすすめのやって良かったことや、やればよかったと後悔していることを先輩ママの体験談で紹介します。

過ごし方が気になる妊娠後期とは

妊娠後期とは妊娠してから8ヶ月~10ヶ月を指しています。ちょうど妊娠28週目から39週目の期間ですね。36週目からは臨月に入ります。母体はお腹が大きく膨らみ、お腹の中の赤ちゃんは大きく成長して内臓器官や神経系統が発達してくるでしょう。

なお、妊娠22週0日から妊娠36週6日の間に赤ちゃんが生まれた場合は早産と言われており、兆候として陣痛が早めに訪れます(※1)。

産後3ヶ月ママ

30代

妊娠後期の特徴はお腹が赤ちゃんの成長で大きくなることで、体の節々が痛いことです。私の場合はマタニティヨガでしっかり動いて腰は気をつけました。

(妊娠後期については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠28週の妊婦・胎児の状態は?症状と注意点!妊娠後期の体験談も!

妊娠後期に起こるトラブルに注意!症状・対策法を紹介

赤ちゃんがお腹のなかで大きく成長する妊娠後期は、大きくなったお腹の影響によって母体に小さな問題が起きやすいのが特徴です。一般的にマイナートラブルと呼ばれる小さな問題に対処するためにも、その症状や対策法を参考にしてみてくださいね。

先輩ママ

20代

妊娠後期でマイナートラブルに悩まされました。そんなときは母親の体験談も参考になりますよ。

妊娠後期のマイナートラブル①:貧血

妊娠後期の注意点として貧血が挙げられます。貧血は妊娠中には血液を構成する「血漿(けっしょう)」が赤血球よりも多く生成されるために起こるものです。妊娠後期の妊婦さんに現れる症状であり「水血症」と呼ばれています(※2)。特に9ヶ月目に入ってからは症状がわかりやすくあらわれる人もいます。

貧血によるめまいなどの症状がつらい場合は、かかりつけの医師に相談して処置してもらうのがよいでしょう。また、普段の食事では鉄分を多く摂るように心がけましょう。

妊娠後期のマイナートラブル②:頻尿・尿もれ

マタニティライフの中で9ヶ月ごろや臨月に入りだすと、赤ちゃんの成長によりお腹が大きくなります。これによって膀胱が圧迫され、頻尿や尿もれなどの症状が出やすくなります。尿意があるときにトイレを我慢することは身体にもよくありません。尿意を感じたらすぐに用を足すようにしましょう。

また、市販品の尿もれ対策のパッドなどを使用することで、精神的にも安心できるのでおすすめです。妊娠後期にはどうしても現れやすい症状なので、この点も留意しておきましょう。

2児の母

30代

妊娠中に尿もれは恥ずかしくない事です。妊娠後期はパッドを使ったり、周囲の人に尿意を理解してもらったりと、ちゃんと対策をとれば大丈夫でした!

妊娠後期のマイナートラブル③:動悸や息切れ

妊婦さんの半数ほどが動悸や息切れの症状を経験します。これらの症状は貧血に繋がります。妊婦の体内では赤ちゃんの分も含めた大量の血液が行き来するのです。通常の血液量の約1.5倍ほどの血液を運搬する母体に負担が掛かってしまうのも、動悸や息切れの原因のひとつです。

そのほかにも赤ちゃんの成長により母体の内蔵が圧迫され、空気中の酸素を取り入れる量が減少します。これもまた動悸や息切れの原因となります。精神的ストレスも大敵になるので、できるだけいろいろ考えすぎないという姿勢が動悸や息切れの対策に必要ですね。

妊娠後期のマイナートラブル④:骨盤や腰の痛み

臨月や9ヶ月以降は適度な運動も取り入れたいと思うママも多いでしょう。しかし、骨盤や腰の痛みも妊娠後期に起こるマイナートラブルのひとつです。

大きく成長した赤ちゃんの重みによって、腰や骨盤に負担がかかります。同じ姿勢で座っていれば、骨盤や腰の痛みが出てしまうのは誰もが想像しやすいことでしょう。軽い運動を行い、腰や骨盤の負荷を軽減するのがおすすめの対策です。

産後1年ママ

30代

陣痛とかの前兆も怖かったですが、私の場合は腰をやられてしまいました。ちょっとでも運動しとけばマシだったかも。

(妊娠後期の腰痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠後期の腰痛の原因と対策!臨月のひどい腰痛は出産兆候?

妊娠後期の過ごし方の注意点は?

マタニティライフが9ヶ月目にさしかかると、赤ちゃんとの出会いが待ち遠しくなるママも多いでしょう。妊娠後期はどのように過ごすのがよいのでしょうか。臨月に突入する妊娠後期の過ごし方について紹介します。9ヶ月目以降の特徴を捉えて、安心できる妊娠後期を過ごしましょう。

妊娠中

30代

妊娠後期は結構気をつけたほうがいい事があるみたいです。ぼんやりとした不安が襲うみたいですね。友達のマタニティブルーの体験談を聞いて納得しました。

妊娠後期の過ごし方①:いろいろと考えすぎない

妊娠後期は出産の兆候である症状が起こる時期です。妊娠後期はいろいろと考えすぎない過ごし方をしましょう。今後のことや赤ちゃんが無事生まれてくるかなど、何かと不安に思い、考えすぎてしまうかもしれません。9ヶ月目は、マタニティブルーに代表される漠然とした不安が生まれやすい時期です。

環境やホルモンバランスの変化によってもイライラしてしまうことがあります。しかし、母体のためにもできるだけ考えすぎずに過ごすことを意識してみてくださいね。

(妊娠後期のイライラについては以下の記事も参考にしてみてください)

【助産師監修】臨月のイライラの原因は?妊娠後期のイライラ解消法!

妊娠後期の過ごし方②:マイナートラブルを気にしすぎない

9ヶ月目以降や臨月を迎える妊婦の身体には、前述の通りマイナートラブルが起きやすくなります。

子宮下部の動脈が圧迫されることにより足のむくみなどが起きやすくなります。また、子宮が圧迫されることでつわりの症状が出る人も多いでしょう。このようなマイナートラブルは妊婦さんに付きものです。マイナートラブルが起こっても、気にしすぎないようにしましょう。

不安な場合は症状の特徴を調べたり、医師に相談することで安心感を得るのがおすすめです。

(妊娠後期のむくみについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠後期はむくみやすい!原因と解消法は?妊娠中毒症の危険も!

妊娠後期の過ごし方③:リラックスを心がける

妊娠後期にあたる9ヶ月目や臨月の過ごし方の注意点は、ストレスを溜め込まないことです。妊娠後期は、思い通りに身体が動かなかったり、出産の不安や兆候によりストレスを感じやすいでしょう。趣味を楽しんだり、好きな音楽を聞くなど、心をリラックスさせる時間を取りましょう。

これから出会う赤ちゃんに夫婦でやさしく話しかけたり、これからのワクワクに意識を向けるのもおすすめです。

妊娠後期の過ごし方④:適度な運動を行う

これからの出産に向けて、妊娠後期には適度な運動を行うのがおすすめです。出産には体力が必要です。スクワットをはじめ、軽いウォーキングなどの下半身を鍛える運動を適度に行いましょう。

また、マイナートラブルを解消できる安産運動などを活用して産道を柔らかくしておくこともおすすめできます。ただし、医師から安静にするように指示を受けている妊婦は運動は控えましょう。

(妊娠後期の運動については以下の記事も参考にしてみてください)

臨月のウォーキングは安産に効果あり?妊娠後期の散歩に適切な時間・距離や注意点も!

妊娠後期の過ごし方⑤:合併症に注意する

マタニティライフの終盤である妊娠後期は、合併症を避けたいと思うママがほとんどでしょう。妊娠後期は、食べ物に気を遣ったり、健康に気を配ることが必要です。

合併症には「妊娠高血圧症候群」と呼ばれるものがあります。妊娠高血圧症候群は高血圧や肥満が要因であると言われています(※3)。この症状は妊婦の定期検診で明らかにすることで改善が可能です。母体と赤ちゃんの健康を守るためにも、合併症には注意しましょう。

(妊娠後期の食事については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠後期の食事!おすすめのメニューやレシピ!量など注意すべき点は?

妊娠後期の過ごし方⑥:出産に備える

妊娠後期の臨月に入った頃は早産の可能性が出てきます。出産に早めに備えることも重要なポイントといえるでしょう。出産の兆候である陣痛が来たときにはどのように行動するのか、また病院までの移動手段や、必要になるものをあらかじめ準備しておくこともおすすめです。

妊娠後期に起きることの特徴も知っておいて、万が一の事態に備えられるようにしましょう。

第2子妊娠中

30代

妊娠後期は出産の前兆よりも前に考えつく限りの準備がおすすめですよ。姉の出産は準備が整ってなくて大変でした。

妊娠後期の出産準備までにやるべきことは?

マタニティライフ後半である9ヶ月目からの妊娠後期は、出産準備を進めていく時期です。まずは身体に現れる出産の兆候や特徴を把握した上で、できる準備を進めていきましょう。妊娠後期の出産までにやるべきことを紹介します。

【妊娠後期】過ごし方・やるべきこと①:入院の準備

マタニティライフの後半にあたる臨月には、出産に備えて陣痛の特徴や兆候を把握することも大切です。また入院の手続きを済ましておきましょう。医療機関が指定する手続きに必要なもの、こちらから持っていく必要なものは予め準備しておくのがおすすめです。

まとめた荷物は家族にも把握しておいてもらえば、もしものときにスムーズに手続きを進めることができるでしょう。

【妊娠後期】過ごし方・やるべきこと②:必要なものや手続きのチェック

出産後に行う役所の手続きはスムーズにすませられるように、必要なものをあらかじめ準備できればベストですね。住んでいる地域の自治体に確認を取り、出生届や乳幼児医療費助成、児童手当といった補助金についても確認しておきましょう。

そして、今後のために新生児の国民健康保険もしくは社会保険への加入手続き方法も確認することをおすすめします。

(出産準備については以下の記事も参考にしてみてください)

出産準備はいつから何をすればいい?入院前に用意する物は?体験談あり

【妊娠後期】過ごし方・やるべきこと③:呼吸法をおさらいする

妊娠後期には、出産時の呼吸法をしっかりおさらいしておくのがおすすめです。陣痛による痛みや精神的な不安で、出産時に呼吸が上手くできなくなる妊婦さんもいます。出産前に呼吸法を練習しておくことで、いざという状況でも焦ることなく呼吸法を行えるでしょう。

【妊娠後期】過ごし方・やるべきこと④:出産のイメージトレーニング

妊娠後期には出産のイメージトレーニングを行いましょう。できればパパと夫婦でイメージトレーニングすることをおすすめします。陣痛のあと病院に入り、出産はどのように進むのか、またパパがやるべきことは何なのかなど、イメージトレーニングをしておくことで出産当日をパニックになることなく迎えましょう。

それぞれの動きや出産の流れをイメージして共有しておけば安心ですね。

先輩ママ

30代

出産の兆候が来る前にイメトレしておいたら、後々楽です。うちの旦那はいい仕事してくれました!

妊娠後期にしかできない事もある!〜先輩ママの体験談〜

先輩ママたちは妊娠後期はどのように過ごしていたのでしょうか。先輩ママ達の体験談をもとに、妊娠後期にしかできないことを紹介します。これらの体験談を参考にして、充実した臨月を過ごしましょう。

妊娠中

20代

マタニティーヨガとっても良かった!体を動かして気持ちいいです!妊婦さん8人来てたんだけど、4人でランチ&お茶して、盛り上がって今やっと帰って来た。近所だし産み月も近いし、話も合うからヨガ以外にもまたランチやお出かけもする予定。主宰の助産師さんたちに感謝です!

妊娠8ヶ月

30代

もう五年以上通ってる美容院があるんだけど、よく知っている分、妊娠してからも髪切るのはすごい身体が楽だし、担当してくれる人も生後半年の娘ちゃんのいるパパだし話弾んだ!髪もきれいになってすごいリフレッシュできたなぁ。妊娠の時期にはおすすめかも。

妊娠9ヶ月

30代

マタニティフォト撮りました!9ヶ月のお腹ですが、通常よりかなり大きめらしいです!あとに残って記念になるのが嬉しいです。撮ってる間、自分が撮られてる事に気がついたのか胎動が激しかったです。とても順調に大きくなってくれてありがとう!あと少しだから一緒に頑張ろうね!

妊娠8ヶ月

20代

旦那と妊娠後期のデート行ってきました。妊娠中の最後のデートになりそうです。遊園地の人混みは嫌いだし、待つのも並ぶのも嫌いな旦那だけど、最後までわがまま聞いてくれてほんとに嬉しかった!ありがとう。

臨月

30代

妊娠中に同級生たちと女子会しました。ランチ行って遊んで楽しかったよ!妊娠中の同級生もいて話が合うし、彼女とは定期的に遊んでます!今度は家で旦那も交えて楽しくディナーでもしようって話してます。気が晴れるし、妊娠のことわかってくれる友達はなおさらありがたい。

体験談の中には、マタニティヨガやマタニティフォトといった、妊娠後期のならではの過ごし方がピックアップされています。ヨガは妊娠後期のマイナートラブルとなる腰痛などを改善する効果があるようです。そのほかにも気晴らしのデートや友達と遊ぶこと、美容室に行くこともストレス発散になるようですね。体験談を参考にしてみてはいかがでしょうか。

妊娠後期にやれば良かったと後悔した事は?〜先輩ママの体験談〜

先輩ママ達が出産した後に妊娠後期にやればよかったと後悔していることも気になりませんか。先輩ママが妊娠後期にやればよかったと後悔していることを体験談を通して紹介します。後悔しないためにも、先輩ママの体験談を参考にしましょう。

産後6ヶ月

20代

旅行も遊びもデートもたくさんやっといたけど、妊娠中やっとけば良かったなって後悔したことは今のところ2つ。カラオケと、メガネを作っとけばよかったってこと。17歳くらいから視力低下し続けてて目が悪いんだけどメガネ作ってなくて。今度眼科行きます。

先輩ママ

20代

妊娠中は仕事もしてないし、平日はちょっとした買い物と送り迎えぐらいしかないから、超適当な格好で過ごしてたなぁって思います。写真見返してみて、もう少しおしゃれしとけばよかったなと後悔してます。ワンピースとかサロペットとかも結局買わなかった。おしゃれって大事です!

女性

30代

歯を治療しないのはやっぱ良くないよね!妊娠中は病院関係ほぼ放ったらかしで、歯医者に行かなかった。歯列矯正してた頃は通ってたけどそこから放置。妊娠中に行けばよかったと後悔してる。子供が幼稚園入ったらまず歯医者行くことにする!

妊娠9ヶ月

30代

私かなり面倒くさがりやなので、妊娠中に美容クリームとか乳液とかを塗ってなかったんですよ。健康的な肌からは程遠くて、今になってマジで後悔してます。お手入れの大切さを噛み締めています。

先輩ママ

20代

私、未だに後悔してることがあるんです。それは妊娠中の写真がないこと。元々写真撮る習慣がなくて、お腹の大きい自分を撮っておけばよかったといまさら思います。思い出に残すためにも、写真を撮るように友達にもすすめてます。

妊娠後期に先輩ママ達がやればよかったと後悔したことには、メガネの注文や肌のケア、歯科に通うなど体のメンテナンスについての内容が多くあります。一生に1度しかないマタニティライフを写真におさめるのもおすすめです。

残りわずかマタニティライフは出産に備えよう!

事前に過ごし方の注意点を確認することで安心して残りのマタニティライフを過ごせるでしょう。妊娠後期は、出産の兆候である陣痛が突然始まる可能性があります。妊娠後期の母体や赤ちゃんの特徴も事前に把握して、出産に備えましょう!

関連する記事