妊娠中のヘアカラー・パーマはだめ?胎児に悪影響?美容院での注意点を紹介!

妊娠中でも身だしなみには気をつけたいですよね。オシャレなヘアカラーやパーマだって楽しみたいと思う妊婦さんもいるでしょう。この記事では妊娠中にヘアカラー・パーマをしてはいけない理由を徹底紹介!また妊娠中に美容院に行きたい場合に気を付けたいポイントも紹介します。

目次

  1. 妊娠中にヘアカラー・パーマはしても大丈夫?
  2. 妊娠中にヘアカラー・パーマをしてはいけない理由は?
  3. 妊娠中にヘアカラーをした後、経皮吸収された薬品は体の中でどうなる?
  4. 妊娠中のヘアカラーは胎児に影響する?
  5. 妊娠中に美容室に行く際の注意点
  6. 妊娠中はヘアカラーを避けるのが無難かも

妊娠中にヘアカラー・パーマはしても大丈夫?

「髪は女の命」という言葉があるほど、女性にとって髪の毛はとっても大切です。美容院でのヘアカラーも人気ですが、市販の商品を使って自身でカラーリングするセルフカラーも女性の人気を集めています。

女性のヘアカラーのトレンドは季節や時代にともなって変わります。「そろそろ髪色を変えたいけど、妊娠中のヘアカラーは避けたほうがいいの?」と疑問に思ったことはありませんか?妊娠中にヘアカラーをすると「お腹の赤ちゃんや自身に悪い影響があるのでは?」と不安になる人もいるでしょう。

主婦

20代

妊娠中でもヘアカラーしたいし美容院にも行きたいけど「妊娠初期はヘアカラーはだめだよ」って言われてずっと我慢しています。いつまで美容院行くの我慢すればいいのか知りたいなぁ。

妊娠初期のヘアカラーは美容院で染めてもらう場合でも市販の商品でセルフカラーする場合でも、避けておいたほういいでしょう。今までずっと大丈夫だったから妊娠中でも安心、というわけではありません。

(ヘアカラーについては以下の記事も参考にしてみてください)

【美容師直伝】ヘアカラーの最適な頻度とは?色持ちを良くするには?ヘアケア商品も!

妊娠中にヘアカラー・パーマをしてはいけない理由は?

なぜ美容院での髪染めや市販商品での髪染めは、妊娠中だとだめなのでしょうか?その理由にはヘアカラー剤に含まれる界面活性剤、劇薬、分子量の3つが関係しているのです。

妊娠中にヘアカラーをしてはいけない理由【界面活性剤とは?】

なぜ妊娠中にヘアカラーをしてはいけないのでしょうか?その理由は美容院や市販のヘアカラー剤に含まれている界面活性剤という物質が関係しています。界面活性剤は一体どんな役割を果たしているのでしょうか?

界面活性剤という物質は、簡単にいえば絶対に混ざることのない2つの物質を混ぜ合わせるために働きかける物質です。実は台所用洗剤など、私達の身の回りに多く使われているのです。

界面活性剤は、ヘアカラーの成分をより一層内部に浸透させるために皮膚の抵抗力を弱める働きをします。ヘアカラー剤には人体にあまりよくない成分が含まれています。その成分が界面活性剤の働きにより浸透しやすくなってしまうのです。

主婦

20代前半

市販で出回っているシャンプーやリンスには殆どが合成界面活性剤を使っていると聞きました。使い続けると人体に影響を与えかねないとか。小さい子供にはなるべく使わないようにしようと思います。

市販のシャンプーやリンスにも界面活性剤が使用されています。美容院でサロン専売のシャンプーやリンスを勧められるのは界面活性剤が含まれてないことが理由でしょう。妊娠中のヘアカラーは皮膚の抵抗力を弱め、母体だけでなく胎児にまで有害物質の影響が懸念されることから避けたほうがいいと言われているのです。

妊娠中にヘアカラーをしてはいけない理由【ヘアカラー剤は劇薬】

ヘアカラー剤は「劇薬」と呼ばれるほど人体に対しる刺激が強いのです。実は市販や美容院の髪染めに使用されるヘアカラー剤にはさまざまな化学物質が含まれています。その化学物質が与える影響が母体・胎児ともに悪影響を及ぼすと言われています。

ヘアカラー剤に含まれる化学物質の中で代表的な「ジアミン」という物質が、市販の商品や美容院のカラー剤のほとんどに含まれています。ジアミンは髪染めにより母体から吸収されることで胎児にも有毒な影響を与える可能性があるのです。妊娠中・妊娠初期にはヘアカラーを避けるべきでしょう。

OL

30代前半

ジアミンアレルギーだからカラーするときにいつもカラー剤選びで時間がかかる。今までずっと普通にカラーしてたけどある日突然アレルギー発症したので、いつ誰がジアミンアレルギーになってもおかしくないですよ。いつまでもアレルギー無縁と思っていたのに…。

ジアミンという物質にアレルギー反応を起こす人もいます。ジアミンアレルギーかどうかを確認するためにも毎回パッチテストを必ず行うようにしましょう。いつもは大丈夫でもアレルギー反応は突然起こることがあります。妊娠中でもそうでない場合でも注意しましょう。

妊娠中にヘアカラーをしてはいけない理由【分子量について】

妊娠中にヘアカラー・パーマをしてはいけない理由には、ヘアカラーの分子量が関係しています。分子量とは、物質の粒の大きさのことです。

タバコに含まれるニコチンという有害物質が母体から吸収され胎児にまで影響を与えるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ヘアカラー剤に含まれる有害物質のジアミンはどうでしょうか?ジアミンはニコチンよりも分子量が少なく、簡単に人体に吸収されてしまいます。

美容師

30代前半

サロンや市販のヘアカラーはほとんどと言っていいくらいジアミン染料が多く使われています。妊娠中のヘアカラーがやめたほうがいいと言われている理由として、ジアミンの分子量も関係しているでしょう。

ニコチンよりも分子量が少なく容易に体内に吸収されるため特に妊娠中はヘアカラーを避けるべき、と言われているのです。

ジアミンはニコチンよりも分子量が少なく、簡単に人体に吸収されてしまい胎児にも影響が及ぶとされています。そのため、妊娠中のヘアカラーはおすすめされていません。

妊娠中にヘアカラーをした後、経皮吸収された薬品は体の中でどうなる?

妊娠中にヘアカラーをすると、髪染めに使用するヘアカラー剤やパーマ薬は経皮吸収され、体内に取り込まれます。経皮吸収された薬品は体の中でどうなるのでしょうか。

妊娠中にヘアカラーをしてはいけない理由【そもそも経皮吸収って?】

主婦

20代前半

妊娠中は皮膚が特に敏感になってるから髪染めしたらだめだって知り合いから聞いた。いつもは市販でセルフカラーだけど、赤ちゃんのためにもしばらくやめておこうと思います。いつまで我慢すればいいかわからないけど、産まれてくる赤ちゃんのためにも我慢します。

みなさんは経皮吸収という言葉の意味を知っていますか?私達が食べ物を食べるときは口から物を摂取します。口から物を取り入れることを経口吸収と呼びます。そして、皮膚から体内に取り入れることを経皮吸収と呼ぶのです。

経皮吸収された薬は全身にまわる!

経皮吸収された薬品や物質の量はわずかではありますが、体内を通りやがて全身に回るのです。通常、経口吸収で取り入れた場合は肝臓で分解され、やがて体外に排出されますが、経皮吸収された場合はそうはいきません。

妊娠中にいろんな成分が配合されている市販の商品を使ってセルフカラーで髪染めをすると、少なからず胎児に悪影響を与えると言われているのです。

経皮吸収された薬品は分解されずに蓄積する

経皮吸収された薬品や物質は分解されず、体外に出ていくことはないため体内に溜まっていく一方です。蓄積された薬品たちは脂肪に溶けやすく、主に子宮に溜まりやすくなります。

子宮は赤ちゃんを宿す大切な器官です。悪い物質が子宮に蓄積されてしまうと妊娠中の胎児に悪い影響を与えてしまう可能性もあります。

妊娠中のヘアカラーは胎児に影響する?

妊娠中のヘアカラーは胎児にどんな影響を与えるのでしょうか?

赤ちゃんはお母さんから栄養をもらっている

お腹の中の赤ちゃんはお母さんから栄養をもらわなければ成長できません。胎盤を通してお母さんから栄養をもらい赤ちゃんは日々成長しているのです。

胎盤は赤ちゃんにとって不要な物質を排除するという壁のような役割も担っているのです。

薬品は胎盤をも通過する

美容院でのカラーでも市販でのセルフカラーでも、カラー剤に含まれている薬品は胎盤を通りお腹の中の赤ちゃんに届いてしまうのです。

美容院でも市販でのセルフカラーでも妊娠中は避けたほうがいい理由にはこのような根拠があるのです。

経皮吸収されたヘアカラーの成分が危険

ヘアカラー剤に含まれるジアミンをはじめとするさまざまな有害物質は、胎児にも影響を与えかねないと言われています。母体である妊婦さんがジアミンアレルギーを引き起こすことで胎児にも影響を与える可能性があるのです。そのため妊娠中のヘアカラーを避けたほうがいいとされています。

妊娠中に美容室に行く際の注意点

妊娠中であっても髪のお手入れはしたくなるでしょう。そこで、妊娠中の妊婦さんでも安心して美容院に行くための注意したいポイントを紹介していきます。

予約するときに妊娠中であることを伝える

妊娠中であることをあらかじめ美容院に伝えておきましょう。美容院が待ち時間を少なくするなど配慮してくれることがあります。

主婦

30代前半

カットと一緒にヘアカラーも美容院でしてもらった!ずっと市販の商品でセルフでやってたから色ムラ気になってたけど妊娠中って予め伝えたらいろいろ気遣ってもらえてすごくありがたかった。いつまでもセルフで行く予定だったけど美容院は細かい要望も応えてくれるしやっぱりいいなぁ。

自身の身体や胎児への影響も考え、比較的美容院が混雑しない時間帯に行くことをおすすめします。

同じ姿勢にならないように気をつける

ヘアカラー中は同じ姿勢にならないよう、定期的に体勢を変えましょう。

美容院でカットやパーマ、ヘアカラーをお願いすると、席で座っている時間は長くて2~3時間ほどです。妊娠中に長時間同じ姿勢でいると、お腹が張ったり腰痛を起こたりする可能性があります。特に妊娠初期は体調に悪影響を及ぼしかねません。

施術メニューは自身の体調とじっくり相談する

少しでも自身の体調が悪いときには、遠慮せずに施術メニューを変更しましょう。妊娠初期は特に体調が変わりやすいため、当日いきなり体調を崩してしまうことも大いに考えられます。美容院は髪染めに使うヘアカラー剤やパーマ薬の独特の匂いが充満しています。その匂いで体調が悪くなることがあるかもしれません。

髪染めのカラー剤やパーマ薬の匂いで気分が悪くなりそうな場合は、早めにメニューの変更をしましょう。

(妊娠初期の体調不良については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期のつわりや疲れやすさはいつまで?理由と対策は?

トイレを我慢しないようにする

妊娠初期・妊娠後期は、お腹にいる赤ちゃんがお母さんの膀胱を圧迫することにより、トイレが近くなることがあります。トイレを我慢すると膀胱炎になる恐れがあります。トイレは我慢せずに行きましょう。

(妊娠中の膀胱炎については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠中は膀胱炎になりやすい!無症状の場合も?治し方は?放置は厳禁!

体調が悪くて行けそうにないときは予約の変更を

美容院には髪染めに使うカラー剤やパーマ薬の匂いが充満しています。朝起きたときにすでに体調がよくない場合は、美容院に予約の変更をお願いしましょう。

いつもは大丈夫でも妊娠中、特に妊娠初期は些細なことでも体調を崩しやすいです。無理せず、体調の良い日に日を改めるようにしましょう。

(妊娠中・妊娠初期に気を付けることについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の注意点・気をつけること!運動は?食べ物は?体験談多数!

なるべく安定期に美容院に行くようにする

いつまで美容院に行くのを我慢すればいいの?と思う妊婦さんもいるかもしれません。美容院に行くのはなるべく安定期以降にしましょう。妊娠初期はつわりなどで体調の優れない日が多くなります。安定期に入れば比較的穏やかに過ごせるでしょう。

安定期に入ると体調が安定することが多く、ヘアカラーやパーマができるようになるでしょう。妊娠初期に比べて長時間の髪染めやパーマ薬の匂いがあっても体調を崩しにくいです。

主婦

20代

どうしても美容院でヘアカラーがしたくて安定期に入ってからカラーをしに行きました。体調もよく落ち着いて施術してもらえました。安定期に入るまでは体調の変化が激しく、すぐに疲れてしまったり気持ち悪くなったりしたので、安定期に入ってから行ってよかったです。

妊娠初期は特に体調を崩しやすいものです。しかし、安定期に入ったからと言って安心というわけではありません。常に自身の体調と相談しながら生活することが大切です。

(安定期については以下の記事も参考にしてみてください)

安定期はいつからなの?仕事しても良い?運動は?過ごし方教えて!

妊娠中のヘアカラーはまずパッチテストを

もし妊娠中にどうしてもヘアカラーがしたくなった場合は、自身の体調を考えながらメニューを決めましょう。また、ヘアカラーをする前にパッチテストも行っておくことでより一層安心できますよ。

妊娠中はヘアカラーを避けるのが無難かも

妊娠中はヘアカラーをしてもよいの?という疑問について紹介してきました。お腹の中の胎児のことを考えると、妊娠中、特に妊娠初期にはヘアカラーやパーマは避け、短時間で済むカットのみにしておいたほうが良さそうですね。

「いつまで我慢すればいいの?」という妊婦さんの疑問についても紹介しました。大切な赤ちゃんに影響を及ぼさないように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連する記事