妊娠初期に風邪薬を飲むのは危険?胎児への影響と飲んだ時の対処法を紹介

妊娠初期に風邪薬を飲んだらどうなるのでしょう?この記事では、妊娠初期に風邪薬を飲む影響や、飲んでしまった時の対処法について紹介します。さらに、飲んではいけない風邪薬や、妊娠初期に風邪薬以外に気をつけなければならないことも紹介します。

目次

  1. 妊娠初期症状と風邪の違いは?
  2. 妊娠初期に風邪薬を飲む影響は?
  3. 妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった…!〜先輩ママの体験談〜
  4. 妊娠初期に風邪薬を飲んだ時の対処法
  5. 妊娠初期に飲んではいけない風邪薬
  6. 妊娠初期は風邪薬以外にも気をつけることがたくさん?
  7. 妊娠初期に風邪をひかないための予防法
  8. 風邪薬を飲んで不安なときは病院に相談しよう

妊娠初期症状と風邪の違いは?

妊娠初期症状の中には、微熱や倦怠感、体のだるさや疲れやすいなど、風邪と似たような症状が多くあります。そのため、妊娠とは気付かず風邪と勘違いしてしまう妊婦さんも少なくありません(※1)。

喉の痛みや鼻水などは風邪のウィルスが原因である場合が多いですが、妊娠していてもそういった症状を感じたという妊婦さんもいます。そのため、妊娠の初期症状と風邪を見分けるのは難しいといえるでしょう。

妊娠初期症状と風邪を見分けるためには、日頃から基礎体温をつけておくことが有効です。基礎体温を計っておけば、低温期と高温期の違いで妊娠の可能性を確かめられます。ただし、基礎体温もあくまでも可能性を確かめられるだけであって確実とはいえません。風邪か妊娠か確認するためには、妊娠検査薬を使ってみましょう。

(妊娠初期については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の咳の原因・対策!止まらない時は?胎児への影響や流産の心配は?

妊娠初期に風邪薬を飲む影響は?

妊娠初期症状と風邪とを勘違いして、市販の風邪薬や病院で処方された薬を飲んでしまったという妊婦さんも中にはいます。その場合、妊娠初期に風邪薬を飲んでしまったら、どうなるか心配になってしまいますよね。まずは、妊娠初期に風邪薬を飲んだ場合どんな影響があるのかから解説していきます。

(妊娠初期の薬については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦必読!風邪薬で飲んでもいいものとダメなもの!赤ちゃんに影響は?

妊娠初期に風邪薬を飲む影響【妊娠0〜4週目】

妊娠超初期と言われる妊娠0〜4週目はまだ胎児の各器官の形成は始まっておらず、何か影響のある成分が含まれる風邪薬を服用しても特に問題はないとされています。ただし、薬の成分が体内に残りやすい風邪薬を飲んでしまった場合、胎児の器官が作られ始める4週目以降にもまだ残っている可能性が考えられます。

そのため、妊娠の可能性がある場合は妊娠症状がなくとも風邪薬の服用は避けた方がよいでしょう。もしも風邪をひいてしまった場合も市販薬を服用せず、医師に相談するのがベストです。

妊娠初期に風邪薬を飲む影響【妊娠4〜7週目】

妊娠初期にあたる妊娠4〜7週目は、非常に低い確率ではありますが薬の影響が胎児に出る可能性がある時期のため、薬の服用には注意が必要です(※2)。この時期に胎児の重要な器官の形成が始まるため、風邪薬の影響で奇形に育ってしまう可能性も考えられるのです。ただし、決められた容量・用法で市販薬を飲んでいたのならば、問題がない場合がほとんどです。

この時期に風邪をひいてしまった場合は、市販薬の服用は避け医師に相談するようにしましょう。風邪の症状がつらい時は、病院で薬を処方してもらうと安心です。

妊娠初期に風邪薬を飲む影響【妊娠8〜15週目】

妊娠8〜15週目になると、胎児の器官はほとんど完成しているため、風邪薬の影響を受ける可能性は低くなります。しかし、できたばかりの胎児の心臓などの器官に負担をかける可能性もあるため、引き続き風邪薬の服用には注意が必要になります。

また、この時期に口の中や外性器など細かな器官が作られます。奇形になる確率は妊娠4〜7週目よりは下がりますが、そういった細かな器官に問題が生じる可能性もわずかですが考えられため注意しましょう。

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった…!〜先輩ママの体験談〜

実際に妊娠初期に風邪薬を飲んでしまったママたちの体験談も気になりますね。ここでは、先輩ママたちの妊娠初期の風邪薬服用の体験談を紹介します。

(妊娠初期については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の鼻水・鼻づまりは妊娠性鼻炎?症状の特徴と対処法は?

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった体験談【初期症状を風邪と勘違い】

パート

30代

風邪っぽいのを妊娠の初期症状と気づかずに、市販の風邪薬を飲んでしまったことがあります。妊娠が判明した後、どうしても不安で医師に相談したら「影響がないから今妊娠がちゃんと継続しているんだよ」と言われて本当に安心したよ。

やはり、妊娠の初期症状と風邪を勘違いしてしまう妊婦さんは多いようです。勘違いしたまま市販薬を服用してしまう妊婦さんも少なくありません。妊娠初期に風邪と勘違いして薬を服用したけれど、医師に相談して「問題ない」と言ってもらえたママの体験談も多いです。

容量・用法を守って服用していたのならば、やはり過剰な心配はしなくていい場合が多いようですね。

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった体験談【長い期間風邪薬を飲んでいた】

専業主婦

20代

長く風邪をひいていて、長期間ずっと処方された風邪薬を飲んだ後に妊娠が分かりました。長い期間飲んでいたので心配で医師に相談すると「普通の風邪薬を用法を守って飲んだくらいなら問題ないよ」と言ってもらえて、一安心。無事かわいい赤ちゃんを出産できました。

長い期間、病院で風邪薬を処方してもらって飲んでいたというママの体験談です。「処方された風邪薬を用法を守って飲んでいたのなら問題ない」と医師が言うように、やはり正しく風邪薬を飲んでいた分には心配する必要はないようです。

長期間の薬の服用だと、心配もその分大きくなりますよね。薬を服用していた期間もしっかり伝え、医師に確認することが大切です。

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった体験談【不安を抱える方が問題と言われた】

サービス業

30代

妊娠に気づかず、市販の薬と漢方薬を飲んでしまったことがあるよ。産婦人科の医師に相談したら、初期だし影響はないと言ってもらえた。「大丈夫かな」ってずっと不安がることの方が母体には問題だから、もう忘れてって言われたよ。

医師から「薬を飲んだことよりも心配してストレスをためる方が問題」と言われた先輩ママの体験談です。やはり、ストレスや精神的不安は、母体にはよくないようです。薬の服用を気にしてモヤモヤし続けるよりも、医師に相談して安心できた方がいいですよね。

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった体験談【流産したけど風邪薬が原因かは分からなかった】

販売業

40代

ずっと体調が悪くて、病院で処方された薬を飲んでました。でなかなか治らなくて生理もこないから、妊娠検査してみたら陽性反応が。でも、病院に行ったらすでに流産してしまった後でした。風邪薬が原因ではないとは言われたけど、後悔の気持ちは消えません。

妊娠に気付かないまま処方された薬を飲み、気付いた時には流産してしまっていた…という体験談もあります。風邪薬が直接的な原因ではない(※2)としても、やはり後悔はしてしまいますよね。あとで「風邪薬のせいだったのではないか」と気にしないためにも、妊娠の可能性が少しでもある時の薬の服用は慎重になる必要があります。

妊娠初期に風邪薬を飲んだ時の対処法

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。ここでは、妊娠初期に風邪薬を服用してしまった場合の対処法について紹介します。

妊娠初期に風邪薬を飲んだ時の対処法【医師に相談する】

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった時は、不安を抱えてモヤモヤと悩むのではなく、早めに医師に相談してみましょう。その際、飲んでしまった風邪薬を持っていくと医師も判断しやすいです。妊娠初期の風邪薬の服用は問題がない場合がほとんどですから、心配しすぎず医師に相談してみましょう。

専業主婦

30代

妊娠がわかる直前に市販の風邪薬を飲んでしまっていて、1番最初に病院行った時に医師に相談したよ。まだ本当に初期の段階だから大丈夫って言われて本当にホッとした!いろいろ自分で調べてどんどん不安になってたから、はじめから相談しておけばよかったと思ったよ。

医師に相談することで、安心できたという妊婦さんも多くいます。直接、問題ないと言ってもらえれば、安心して妊娠期間を過ごせますよね。

妊娠初期に風邪薬を飲んだ時の対処法【過剰に気にしすぎない】

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまった場合、過剰に心配しすぎないことも大切です。容量を守らず大量に服用したなど、よほどのことがない限り問題がない場合がほとんどです。心配しすぎてそれが大きなストレスとなる方が、母体や胎児にも負担となってしまいます。医師に相談し影響がないと分かったのなら、薬のことは忘れて穏やかに過ごすようにしましょう。

妊娠初期に飲んではいけない風邪薬

妊娠初期に飲んではいけない風邪薬は、解熱・鎮痛作用のあるイブプロフェンやアスピリンという成分が含まれる薬です(※3)。これらの成分が含まれる市販薬は、エスタックイブファインEXやバファリンかぜEXといった薬が挙げられます。この他にも、同様な成分が含まれる市販薬はありますので、しっかり表示成分を確認するようにしましょう。

妊娠初期は抗生物質にも注意する必要があります。「テトラサイクリン系」や「アミノグリコシド系」の抗生物質は胎児に影響がある可能性があるため、服用の際は医師にしっかり確認をとりましょう。

どんな市販薬を服用する場合も、自分で成分を確認するだけでなく医師や薬剤師に相談することが大切です。

妊娠初期は風邪薬以外にも気をつけることがたくさん?

妊娠初期は、風邪薬の服用以外にも気をつけたいことがあります。ここでは、風邪薬の服用以外に気をつけるべきことについて解説していきます。

(妊娠初期に気をつけることについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期に気をつけること20選!過ごし方の注意点や中期以降の準備など!

妊娠初期に風邪薬以外で気をつけたいこと【摂取する食べ物や飲み物】

妊娠初期は、風邪薬以外にも摂取する食べ物や飲み物には注意が必要です。一般的に妊婦さんが避けた方がいいと言われている、アルコールやカフェインには十分注意しましょう。また、水銀が含まれる魚類やビタミンAが含まれる食べ物は、摂りすぎると胎児に問題が起こる可能性があると言われているため、大量に摂取しないよう注意した方がよいでしょう(※4)。

妊婦さんが食べてもいい物、避けた方がいい物をしっかり確認して食事をすることが大切になります。

妊娠初期に風邪薬以外で気をつけたいこと【レントゲン】

妊娠初期は、レントゲンにも注意が必要になります。レントゲンの放射線が、お腹の赤ちゃんに影響する可能性がわずかながらあると言われているためです。レントゲンの検査を受ける場合は、必ず医師に妊娠中であることを伝えましょう。

一般的なレントゲン検査であれば胎児に問題が起こる可能性はごくわずかであるため、医師に確認して検査を受ける分には問題はありません。

妊娠初期に風邪薬以外で気をつけたいこと【タバコ】

よく知られていますが、妊娠初期はタバコにも注意しましょう。妊婦さん本人がタバコを吸うことは、低体重での出産や早産の可能性を高めるとされています。また、受動喫煙によって同様の影響を受ける場合もあります。妊婦さんだけでなく、まわりの家族にも協力をしてもらい、タバコの煙を吸わないよう注意しましょう。

妊娠初期に風邪薬以外で気をつけたいこと【激しい運動】

妊娠初期は、まだ胎盤も安定していないため激しい運動は避けたい時期です。運動による無理な姿勢や動きが、体の負担となることもあります。妊娠初期はつわりがあったりなど体調が優れないことも多いため、激しい運動はなるべくしないようにしましょう。

妊娠初期に風邪をひかないための予防法

妊娠初期に風邪薬を服用しないためには、風邪をひかないことが何よりも大切になります。ここからは、妊娠初期に風邪をひかないための予防法について紹介します。

(妊娠初期の注意点については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の注意点・気をつけること!運動は?食べ物は?体験談多数!

妊娠初期に風邪をひかないための予防法【手洗いうがいの徹底】

妊娠初期に限ったことではありませんが、風邪をひかないためには手洗いうがいが大切になります。外出して帰ってきたら必ず手洗いうがいをするだけでも、風邪の予防効果は高まります。一緒に暮らす家族がウィルスを持ち込まないためにも、家族全員が手洗いうがいを徹底するよう協力してもらうとよいでしょう。

妊娠初期に風邪をひかないための予防法【出かける時はマスクを着用】

妊娠初期に風邪をひかないためには、マスクの着用も大切です。特に人混みなどへ出かける時は、マスクを着用するよう心がけましょう。また、家族が風邪気味の時などは、家でもマスクをつけて予防することも大切です。

妊娠初期に風邪をひかないための予防法【規則正しい生活】

妊娠初期の風邪予防には、規則正しい生活も重要になります。妊娠初期はつわりで食欲が低下したり、体調が優れず寝不足になったりなど生活が不規則になりがちです。不規則になると、それだけストレスや疲れもたまりやすくなりますよね。

ストレスや疲れは免疫力を低下させやすいため、風邪をひきやすくなる原因にもなりえます。妊娠初期は、無理をしない程度に規則正しい生活を心がけ穏やかに過ごせるよう意識してみましょう。

パート

20代

妊娠初期はとにかくつわりが辛くて、少しでも健康的に過ごしたかったから規則正しい生活を心がけたよ。おかげで、つわりはあったけど無事風邪とか体調不良はなく済んだ。普段は本当すぐ風邪ひくんだけど、妊娠期間はひかなかった!

早寝早起き、バランスのとれた食事を意識するだけでも、風邪の予防には効果が期待できますよ。

風邪薬を飲んで不安なときは病院に相談しよう

妊娠初期の風邪薬の服用について、影響や対策方法などを紹介しました。妊娠初期の風邪薬の影響はほとんどないとはいっても、やはりお腹の赤ちゃんのことが心配になりますよね。市販薬の服用や病院で処方された風邪薬などに不安がある時は、迷わず医師に相談してみましょう。風邪薬の服用がストレスにならないよう、心配のしすぎにも注意してくださいね。

関連する記事