妊婦が海老を食べるときは要注意!妊娠中に及ぶ影響、安全な食べ方や量などを解説!

【医師監修】妊娠中は海老を食べても良いのか気になりますよね?妊婦さんが魚介類を食べるときは、水銀の量にも注意が必要ですが、海老はその点安全なのでしょうか。この記事では、1日に妊婦が海老を食べてもいい量や、妊娠中でも安全な海老の食べ方、食べる際の注意点を紹介します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 妊婦は海老を食べられる?
  2. 1日に妊婦が海老を食べてもいい量は?
  3. 妊娠中でも安全な海老の食べ方は?
  4. 妊婦が海老を食べるときの注意点
  5. 妊婦が海老を食べるときは要注意!

妊婦は海老を食べられる?

海老は寿司や刺身、エビフライなど色々な味わい方を楽しめます。妊娠すると、今まで気にせず食べていたものにも制限が出てきます。海老好きの妊婦さんにとっては、海老を妊娠中に食べて良いのか気になるところでしょう。実は、海老は妊婦さんにとってはおすすめの食材なのです。

(妊婦が生魚を食べることについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦は生魚を食べちゃダメ?刺身や寿司を食べたいけど影響はある?

海老は妊婦さんにとってメリットの多い食材!

海老が妊婦さんにおすすめの食材とされる理由としては、タウリンとアスタキサンチンなどの栄養素が含まれていることが挙げられます。タウリンは、妊婦さんの血糖値や血圧のコントロールに役立ちます。また、妊婦さんに起こりがちなむくみや、便秘の悩みの解消にも役立つので、積極的に取り入れたい成分です(※1)。

また、アスタキサンチンは主に海老の殻に含まれている成分で、強い抗酸化作用を持ちます。肌荒れやシミなどの妊婦さんのお肌のトラブルにも効果的です。この他にも、海老にはたんぱく質、カルシウム、リン、鉄、亜鉛なども含まれています。

(妊婦のむくみについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦のむくみ(浮腫)解消法11選!妊娠中に足がむくみやすい原因は?

魚介類の中でも水銀が少ない優秀食材

魚介類は、大量に摂取すると胎児に影響を与える水銀を多く含むのではないかと心配になる妊婦さんも多いでしょう。妊娠中は胎児への影響を考えて避けた方がいい魚介類もありますが、嬉しいことに海老は魚介類の中でも水銀の含有量が少ないのです(※2)。このことが、妊婦さんにとっておすすめの魚介類である理由となっています。

(妊婦にオススメの食事については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦の食事レシピ&メニュー紹介!妊娠中のオススメ献立11選!

1日に妊婦が海老を食べてもいい量は?

栄養豊富な上に水銀の含有量も少ないという理由で、妊婦さんに海老はおすすめの食材です。しかし、安心して食べられる魚介類だとはいえ食べすぎはあまりよくありません。妊婦さんは摂取量の目安を守った食事をすることが大切です。

厚生労働省の発表している基準

厚生労働省は、妊娠中の栄養の基準や注意点をまとめた「妊産婦のための食事バランスガイド」を発表しています(※3)。その中で、妊娠中の魚料理について推奨されているのは、1日1~3皿を献立に盛り込むことです。1皿あたりは80gを目安としているので、この量をひとつの目安として料理をすると良いでしょう。

妊娠中でも安全な海老の食べ方は?

海老は、妊婦さんでも比較的取り入れやすい魚介類ではありますが、食べ方には注意点があります。

生食は赤ちゃんに影響が出る場合があるので注意

刺身や寿司などの料理で食べる生の海老は非常に美味しいのです。しかし、妊婦さんは生の海老は食べない方が良いといえます。なぜなら、生の海老には「リステリア菌」という細菌や「トキソプラズマ」という原虫が生息している可能性があるからです。

リステリア菌とトキソプラズマは、いずれも最悪の場合は流産のリスクにつながることがあるのです。また胎児が胎盤を通してこれらの菌などに感染してしまい、障害を持って生まれてしまうおそれがあります(※4)。妊娠中は体内の状況が変化して免疫力が低下するため、食中毒にかかりやすい状況です。妊娠前なら大丈夫だった食事でも注意が必要となります。

関連する記事