子宮頚管ポリープとは?症状は?妊娠中にできた時の治療法、その費用なども解説

妊娠のトラブル対処に不安を持つ人が増えています。その中に「子宮頚管ポリープ」という病気があります。今回は子宮頚管ポリープの症状や、妊娠中にできた時の妊婦への影響など、そして治療法やかかる費用、妊娠中に子宮頚管ポリープが見つかった人たちの体験談も紹介します。

目次

  1. 子宮頚管ポリープとは?
  2. 子宮頚管ポリープの症状は?出血が特徴?
  3. 子宮頚管ポリープが妊娠中にできた時の妊婦への影響は?
  4. 妊娠中にポリープができたら切除する?治療法やかかる費用を解説
  5. 妊娠中にポリープが見つかった人たちの体験談!
  6. 妊婦の子宮頚管ポリープは早期発見がカギ!

子宮頚管ポリープとは?

「子宮頚管ポリープ」という病気を聞いたことはありますか?これはポリープという名の通り子宮頚管内にできる腫瘍のことです。腫瘍といってもほぼ悪性になることはなく、子宮頚管内にできる数ミリから大きくても1センチほどのイボのようなものをイメージするといいでしょう。(※1)

ホルモンバランスや細菌による炎症などの影響が考えられており、悪性の可能性が低いケースが多いでしょう。そうは言っても対処をせず軽く見てしまっていると、後の出産に影響する恐れがあります。定期的な検査のうえ初期状態での発見が望ましいでしょう。

特に初めての妊娠時などは、わからないことばかりで些細なトラブルでも敏感になり不安を感じやすくなります。次から子宮頸管の症状や治療法、妊婦への影響などをくわしく紹介していきますので、子宮頚管ポリープについて悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

(不正出血については以下の記事も参考にしてみてください)

不正出血はストレスが原因?ホルモンバランスの乱れが影響している?

子宮頚管ポリープの症状は?出血が特徴?

それでは、まずは子宮頚管ポリープの症状についてです。妊娠中に子宮頚管ポリープができるとどんな症状が出るのか、またどんな原因により発症するのかなどを解説します。症状の自覚についてや症状発生の注意点など、思い当たるものがないか確認してみてくださいね。

妊娠中の子宮頚管ポリープは痛みなど自覚がない

子宮頚管ポリープは初期や中期と時期に関係なく、痛みやいつもと違う様子が感じられず、検診の際などに医師から伝えられて初めてわかるケースが多いようです。本人には自覚が少ないため、気付いたら症状が悪化しているということにもなりかねません。

子宮頚管ポリープは生理が終わった頃に発見がしやすくなると言われています。初期の発見と影響を最低限に抑えられるように、定期的な検診を心がけましょう。

子宮頚管ポリープの特徴は出血

子宮頚管ポリープの大きな特徴になる症状は、出血です。性行為の際や過度な運動などの影響による出血が起こることがあります(※2)。また排便時のいきみも要因になる場合があるので注意が必要です。

妊娠中には通常でも出血が伴うことはあるものです。しかし、定期的に出血を繰り返したり血の混じったおりものなどが出る症状があれば子宮頚管ポリープによる影響の可能性が考えられます。油断せずに早期の検査が望ましいでしょう。

(妊娠初期の出血については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の出血まとめ!原因と対処法!危険なものは?流産の可能性も?

子宮頚管ポリープが妊娠中にできた時の妊婦への影響は?

続いては、子宮頚管ポリープが妊娠中にできた時の妊婦への影響について解説します。症状がなく気付きにくい病気だからこそ「子宮頚管ポリープ」と診断を受け不安になる人も少なくありません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠中はポリープ出血時の感染に注意

子宮内は様々な細菌が存在しており、妊娠中の子宮頚管ポリープによる出血時は感染しやすい状態になっています。その影響で出血を繰り返したり炎症を起こす可能性が考えられます。妊娠中期にさしかかるまで放置しておくと妊婦への影響も大きくなり治療も難しくなってくるでしょう。何度も出血を繰り返す場合は注意が必要です。

生理痛のような痛みや貧血を引き起こすことも

症状に気付きづらい病気ではありますが、出血による影響で重い生理痛のような痛みや貧血などを引き起こすことがあります。重い生理痛のような痛みや貧血が慢性的に起きる人であっても、症状があまりにひどい場合は一度子宮頚管ポリープの可能性を疑ってみましょう。初期のうちに検査を行い、症状や治療法などの相談しておくといいですよ。

(生理痛については以下の記事も参考にしてみてください)

生理中・生理前におすすめの食べ物&飲み物15選!生理痛の緩和・改善効果抜群!

妊娠中にポリープができたら切除する?治療法やかかる費用を解説

それでは、実際に妊娠中に子宮頚管ポリープができた場合にはどのような治療法を行うのかを見ていきましょう。ポリープと聞くと「切除をする」という印象を持ちますが、ポリープの状態や医師の判断によって処置はさまざまであるようです。ここでは、実際に用いられる治療法やかかる費用について解説をします。

妊娠中のポリープは大きさによっては切除

大きさや妊娠期間によりますが、主な治療法は子宮頚管ポリープの切除を行うというものです。(※2)

膣内を十分に消毒し切除を行った後、切除部分を顕微鏡で確認し悪性かどうかの検査を行う流れになることが多いでしょう。切除と聞くと緊張する人も多いですが、ポリープ切除の治療法はあっという間で痛みも感じないことが一般的です。

切除後は多少の出血を伴うことがありますが、数日安静にしていれば日常生活には支障をきたすことはありません。再発防止のため、その後定期健診をすすめる病院もあります。根治できずに再発しやすくなるというリスクもあるため、医師から通院の指示がなくても定期的な検診をおすすめします。

妊娠中のポリープは様子を見る場合も

検診で子宮頚管ポリープと診断された場合でも、腫瘍が切除できない場所にあったり、初期や中期を問わず切除による出血のリスクを考慮して経過観察とする場合もあるでしょう。

中には自然と取れる場合や、切除しても根治できず再発しやすくなる場合などもあるため、医師からの診断結果を納得できるまで聞いてしっかり理解するようにしましょう。

妊娠中のポリープは切除または経過観察

医師の診断の結果それほど緊急性がない場合、経過の様子を見るか今のうちに切除をするかを選択できる場合もあります。この場合はポリープの状態が中期以降ということはないので、妊婦への影響も少ない状態と言えるでしょう。

切除をしてしまう方が安心と思っても、症状が軽度な場合はあえて切除による出血とその原因による感染症のリスクを避けて様子見の方が望ましい場合もあります。素人にとっては選択に迷う部分といえます。しっかり医師と相談のうえ、それぞれのメリットやデメリットなども理解しながら選択するようにしましょう。

子宮頚管ポリープ切除の際の費用

子宮頚管ポリープ切除の治療法を行った場合の費用は、保険が適用され自己負担は3割となることから5,000~10,000円前後が一般的です。ただその後の通院有無や、症状の初期・中期、ポリープの大きさなどで治療法が変わり費用も変動することがありますので、詳細は各クリニックへ確認してみましょう。

また加入している生命保険のプランによっては保険がおりることもあるため、保険会社へ一度確認してみるのもよいかもしれません。

(妊婦検診や費用については以下の記事も参考にしてみてください)

産婦人科の初診の流れと初診料は?妊婦検診は保険がきかない?体験談も

妊娠中にポリープが見つかった人たちの体験談!

ここでは、実際に妊娠中に子宮頚管ポリープが見つかった人たちのコメントを紹介していきます。不安や焦り、逆に気が楽になるようなものなどさまざまな体験談がありました。悩んでいる妊婦さんにはとても頼りになる声ですので、ぜひ役立ててくださいね。

不安を感じている

それではまずは不安を感じている声から見てみましょう。

女性

28歳

先日の診断でポリープから出血が見られると医師から伝えられた。切除は早産や出血による感染のリスクがあるためしばらく経過を見ましょうということになったけど、毎日不安です。

女性

20代後半

おりものに血が混ざっていて今日慌てて病院へ。ポリープができているらしいけど、位置が悪く切除ができないとのこと。でも特に普通に生活していて問題ありませんとの診断結果だった。切除できなくて本当に大丈夫なのかな…と少し悩んでいます。

医師からの診断結果と、切除をしないことへの不安な気持ちがあるようです。自覚症状がないだけに「問題ない」と言われても不安になる気持ちもうなずけますね。

気持ちが楽になった

続いては気持ちが楽になったと安心を感じている声です。

専業主婦

30歳

この前「子宮頚管ポリープができています」って診断を受けて驚いたけど、ほとんど良性で切除もすぐにできるみたい。症状も初期状態で、今は切除する方がリスクがあるから様子を見ましょうということになった。「そんなに気にしなくても平気ですよ」と言われてだいぶ楽になった。

OL

25歳

検査でポリープが見つかり、そのまますぐ切除の治療を受けました。先生が何か機械を動かしたと思ったらすぐ取れてしまって、痛みも実感もないまま終わりました…。中期や後期となるともう少し処置が大変とのことで、早めの発見でよかったです。

ほとんど良性であることや、あっという間の切除治療などで不安が解消している人が多いでしょう。

意外な結果

最後にこんな意外な結果というコメントもありました。

女性

30代前半

子宮頚管ポリープという診断を受けてから一ヶ月くらい様子見が続いたとき、トイレの拍子に自然と取れてしまいました。多少の出血はあったけど痛みもなく医師からも問題ないとの回答で、正直「こんなものか」と思うほどでした。

あまりにあっけない結末に実感もなく本人も驚いているようです。不安を感じている人には励みになる事例ではないでしょうか。

妊婦の子宮頚管ポリープは早期発見がカギ!

子宮頚管ポリープは悪性と診断されることはほぼないものの、痛みなど症状がなく気付きにく病気です。しかし、そのまま放置をしておくと感染症や定期的な出血や炎症を起こす場合もありますので、定期的な検診で早期に発見できるよう心がけることが大切です。

安心して元気な赤ちゃんと出会えるように、少しでも早く不安や悩みを取り除きゆとりのある状態を保ちたいですね。

関連する記事