妊娠超初期の腹痛はいつまで続く?原因は?要注意なお腹の痛みの症状も!

妊娠超初期に腹痛が起こる妊婦さんは多くいます。妊娠超初期という不安定な時期に、腹痛まで起こっては、不安で夜も眠れないですよね。妊娠超初期の腹痛の原因をはじめ、妊娠超初期症状で起こる腹痛の特徴や、病院に行くべき要注意な腹痛の症状も紹介します。

目次

  1. 妊娠超初期から妊娠初期は腹痛が頻繁に起こる?
  2. 妊娠超初期から妊娠初期の腹痛の原因
  3. 妊娠超初期症状で起こる腹痛の特徴
  4. 妊娠超初期の腹痛で病院に行くべき要注意な症状
  5. 妊娠超初期の腹痛…まずは体を休めて

妊娠超初期から妊娠初期は腹痛が頻繁に起こる?

妊娠超初期から妊娠初期にかけて、お腹が痛いと訴える女性は多くいます。腹痛と聞くと、大事な赤ちゃんに悪影響があるのではないかと思ってしまうママも多いでしょう。しかし、危険な腹痛とそうでない腹痛があります。危険な腹痛の見分け方は、休むことで解消されるかどうかです。もし、休むことで解消される腹痛であれば、赤ちゃんへの影響は心配ないでしょう。

妊娠前に腹痛を感じる場所は、お腹全体であることが多かったのではないでしょうか。しかし、妊娠しているときに腹痛を感じる場所の多くは、下腹部です。腹痛の見分け方としては、お腹全体が痛むときは生理前、下腹部痛のときは妊娠の兆候と考えても問題ないでしょう。

では、なぜ妊娠しているときは下腹部痛になるのでしょうか。この記事では、妊娠超初期から妊娠初期にかけての下腹部痛の原因や兆候を紹介します。また、病院を受診すべき危険な下腹部痛の症状の見分け方や妊娠超初期のお腹の痛みはいつまで続くものなのかも紹介していきます。

(腹痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の腹痛とは?生理痛とどう違う?原因と対策!実体験も!

妊娠超初期から妊娠初期の腹痛の原因

超初期から妊娠初期の腹痛にはどのような原因があるのでしょうか。妊娠超初期から妊娠初期にかけて起こる腹痛の原因について紹介します。

着床痛

妊娠超初期から妊娠初期の腹痛の原因は、着床痛です。精子と排卵した卵子が出逢うと、受精卵となります。受精卵は卵管を通って子宮内膜へと到達するのです。子宮内膜に到達することを「着床」と言います。(※1)

受精卵が子宮内膜へ入る着床時に「お腹が痛い」と訴える人が多く、そのときに感じる痛みは「着床痛(ちゃくしょうつう)」と呼ばれています。しかし、医学的な根拠は未だ解明されていません。

(下腹部痛については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵後に腹痛が…!もしかして妊娠!?実体験紹介!下腹部痛は危険?

子宮が大きくなる痛み

子宮が大きくなる痛みが原因で妊娠超初期から妊娠初期に腹痛を感じることもあります。妊娠をして子宮が大きくなるのは、赤ちゃんが大きくなってからと思っている人も多いのではないでしょうか。妊娠超初期の段階で、既に子宮は大きくなり始めているのです。

妊娠前の子宮の大きさは、鶏卵ほどです。しかし、着床が終わった数週間後には、子宮の大きさはそこからひとまわり以上も大きくなります。

便秘やガスが溜まったことによる痛み

妊娠超初期から妊娠初期の腹痛の原因は、便秘やガスが溜まったことによる痛みの場合もあります。妊娠に気付かない時期にも、体の内部では赤ちゃんを育てるために変化が起きています。その変化はホルモンによって起こるのです。

妊娠を継続するには欠かせないホルモンの分泌量が増えることで、腸の運動量が鈍ってしまい、便秘になりやすくなるのです。便秘やガスが溜まることによって膨満感が出て、それを「お腹が痛い」と感じてしまうことになります。

下痢による痛み

妊娠超初期から妊娠初期にかけて下痢による腹痛を悩まされる妊婦さんも多くいます。妊娠超初期に下痢になる原因は、体の冷えです。妊娠中に関係なく、体が冷えることが原因で下痢が起こることがあります。妊娠中も同じです。

下痢がなかなか治らない場合は、流産の兆候の可能性もあるのです。普段と比べて下痢を起こす回数が多いときは、産婦人科で相談しましょう。

円靭帯が引っ張られる痛み

腹痛の原因は円靭帯が引っ張られる痛みの場合もあります。円靭帯は、子宮の両隣に位置します。円靭帯によって、子宮は支えられているのです。子宮は妊娠超初期段階から大きなります。大きくなった子宮は円靭帯を引っ張ります(※2)。

円靭帯が引っ張られることで起こる腹痛は、妊娠の兆候と言われています。症状を感じた場合は、妊娠の兆候と考えてもいいでしょう。

異所性妊娠による痛み

妊娠超初期から妊娠初期の腹痛の原因に、異所性妊娠も挙げられます。異所性妊娠は子宮外妊娠と呼ばれ、危険な症状のひとつです。

異所性妊娠とは、何らかの異常があり、受精卵が子宮内膜以外の場所で着床してしまうことです。子宮内膜以外の場所とは、主に卵管、卵巣、子宮頸管などです。異所性妊娠を発症する確率は、どの妊婦さんにもあります。(※3)

異所性妊娠を放っておくと、最悪の場合は母体の命に危険が及ぶこともあります。しかし、異所性妊娠の場合でも、妊娠検査薬で陽性反応が出るため、自分で見分ける方法はありません。妊娠検査薬で陽性反応が出たにも関わらず、ひどい出血や腹痛が起こった場合は異所性妊娠の可能性があります。早急に病院を受診しましょう。

感染症による痛み

性感染症による痛みが原因で、腹痛が起こることもあります。妊娠を望んでいる場合は避妊せずに性行為を行うでしょう。避妊をしないことで妊娠の確率は上がります。しかし、性感染症のリスクも上がるのです。

妊娠超初期に、性感染症にかかっている場合は、陣痛と同じくらい強い子宮収縮を促してしまうことになります。陣痛とは赤ちゃんを子宮の外へ出そうとする力のことです。それが妊娠超初期に起こってしまった場合、流産になる確率が非常に高くなります。

子宮筋腫による痛み

妊娠超初期から妊娠初期の腹痛は、子宮筋腫による痛みが原因の場合もあります。子宮筋腫は、基本的にはそのまま妊娠が継続可能だとされています。しかし、筋腫の場所や大きさによっては手術や経過観察の必要があります。

妊娠をすると生じるホルモンバランスの変化は、子宮筋腫にも影響を与えます。ホルモンバランスの変化により子宮筋腫が大きくなりやすくなるため、痛みも生じやすくなってしまうのです。子宮筋腫は、膣内エコーで観察する必要性があります。過去に子宮筋腫があると言われた人は、なるべく早めに病院を受診するように心がけましょう。

妊娠超初期症状で起こる腹痛の特徴

妊娠超初期は、妊娠0~3週のことを指します。妊娠が判明するのは、早い人で生理予定日前後の妊娠4週、通常は妊娠検査薬が使用できるようになる妊娠5週目以降です。今痛いと感じる腹痛は、妊娠超初期に起こる下腹部痛なのか妊娠の兆候として起こっているものなのか、それとも生理前症状として起こっているものなのかの見分け方が非常に難しいのです。

妊娠を希望している女性や妊娠の疑いがある人は、この時期に下腹部痛が起こっても安易に薬を服用しないほうが望ましいでしょう。

(下腹部痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の「お腹の張り」の原因と対策!下腹部痛を伴うと危険?

生理前の腹痛と妊娠超初期症状の腹痛の場所の違い

生理前の腹痛と妊娠の兆候として出る腹痛の見分け方は、先ほども紹介しましたが、腹痛が起こる場所です。妊娠の兆候で起こる腹痛は、下腹部にほぼ限定されています。しかし、生理前に起こる腹痛のほとんどはお腹全体です。したがって、下腹部痛が起こった場合、それは妊娠の兆候だと疑っても良いでしょう。

生理前の腹痛と妊娠超初期症状の腹痛の痛み方の違い

生理前に下腹部が痛いと感じる女性は多くいます。ズーンと重い痛みを訴える女性が多いでしょう。妊娠の兆候で起こる下腹部痛はチクチクした痛み、お腹が引っ張られるといった症状なのです。重い痛みであれば生理が来る証拠、チクチク突き刺さるような痛みであれば妊娠の兆候かもしれません。

妊娠超初期症状の腹痛はいつまで続くもの?

妊娠超初期症状の腹痛がいつまで続くかは人それぞれです。悪阻と同じで症状が軽い人や重い人、数日で終わった人や出産するまで続いた人など個人差があります。腹痛の症状がひどい場合は、医師に相談して薬を処方してもらうことを考えても良いでしょう。

妊娠超初期の腹痛で病院に行くべき要注意な症状

基本的に妊娠超初期症状で起こる腹痛は、安静にしていれば治まるものがほとんどです。しかし、安静にしているにも関わらず、いつまでも痛みが解消されない場合や出血をしている場合は、病院を受診しましょう。

お腹の痛みがいつまでも治らない場合は、痛みが出始めた時期や痛みの具合、出血の有無やおりものの状態などを明確に医師に伝えられるようにメモをとっておくといいでしょう。

妊娠超初期の危険なお腹の痛み

横になっているにも関わらず、1時間に何回も痛みを感じたり、いつまでも腹痛が治まらない場合は、妊娠超初期に起こる危険なお腹の痛みかもしれません。眠れないほどの痛みや痛み止めを服用したいほど痛む場合は受診が必要です。

妊娠超初期の危険な下痢

お腹の痛みとともに下痢の症状もある場合も、受診が必要です。いつまでも下痢を繰り返す場合は脱水や栄養不足になりやすく、胎児の発育にも影響を及ぼす可能性があります。

下痢を繰り返しているからといって自己判断で下痢止めを使用するのは避けましょう。妊娠が疑われる場合は、速やかに病院を受診し、医師に処方してもらった下痢止めを使用するようにしましょう。

(下痢については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】着床すると下痢になる?妊娠超初期症状?腹痛や寒気を伴うと危ない?

妊娠超初期の危険な出血

出血がともなう腹痛が起こった場合、切迫流産や異所性妊娠の可能性があります。出血といっても、生理2日目のような鮮血や、おりものに血が混ざっている程度のものなど症状はさまざまです。しかし、妊娠超初期は妊娠期で最も流産の確率が高い時期です。少しの出血でも一度病院に電話で確認をし、必要であれば受診することをおすすめします。

妊娠超初期の腹痛…まずは体を休めて

妊娠超初期に起こる下腹部痛は、妊娠の兆候か生理前の症状かを見分けることは非常に難しいです。また、危険な痛みなのか、よくある痛みなのかも見分けるのが難しいでしょう。

安静にしていれば治まるお腹の痛みであれば、問題ない場合がほとんどです。腹痛が続くと「この痛みはいつまで続くのだろう」「痛いのは何が原因?」と不安になる人もいるかもしれません。この記事で紹介した腹痛が起こる原因や要注意な腹痛との見分け方を参考にして、気になる症状がある場合は病院を受診しましょう。

妊娠超初期はママにとっても赤ちゃんにとっても大切な時期です。「お腹が痛い」と感じたら無理をせずに、まずは身体を休めるようにしましょう。

関連する記事