破水したらどうすべき?救急車は呼ぶ?尿漏れとの見分け方、対処法など解説

破水をしたらどうするべきなのでしょうか?破水の種類や、尿漏れとの見分け方、病院への移動手段、救急車を呼ぶ可否などを紹介します。出産までの流れや、破水したらしてはいけないNG行為、破水した時に役立つ便利アイテムも紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 破水とは?どんな種類がある?
  2. 破水と尿漏れの見分け方は?量や出方など!
  3. 破水したら病院へ行くべき?救急車は呼んでもいい?
  4. 破水したら出産までどれくらい?
  5. 破水したらしてはいけないNG行為は?
  6. 破水したときの対処法!便利なアイテムは?
  7. 破水からお産が始まった人たちの体験談!
  8. 破水したらすぐに病院へ行こう!

破水とは?どんな種類がある?

破水というのは、赤ちゃんと羊水を包んでいる膜が破れて、羊水が妊婦さんの体の外に流れ出ることです。一口に破水といっても、起こる時期や量などにかなり個人差がありますし、適時破水や前期破水、高位破水など色々な種類がありますよ。

正常に破水することを「適時破水」といいます。適時というのは、子宮口が全開になったタイミングです。また、本陣痛が始まり、子宮口が全開になる前に破水することを早期破水と呼びます。そのほか、本陣痛が始まる前に卵膜の一部分が破れてしまうことを前期破水と呼びます(※1)。

破水は妊娠中いつ起きてもおかしくありません。しかし妊娠37週目より前に破水をする前期破水になると早産や細菌感染につながる可能性もあり、医師の処置や管理が必要です。また、前期破水の中でも卵膜が高い位置で破れることを高位破水といいます(※1)。高位破水は通常の破水より一度に体の外に出る羊水が少ないので尿漏れと見分けることが難しいといわれています。

(高位破水については以下の記事も参考にしてみてください)

高位破水とは?気づかない?原因・対処法、おりものとの見分け方も!

破水と尿漏れの見分け方は?量や出方など!

破水は、起きて勢いよくあふれ出す場合と少しずつ流れ出る場合があります。病院では妊婦さんに「破水をしたら電話をしてください」ということがほとんどですが、量や流れ方に個人差があるので、特に初産婦さんには尿もれと破水を見分けることは難しいでしょう。色、匂い、量や出方から破水と尿もれを見分けるポイントを紹介します。

(臨月のおしるしの色・量については以下の記事も参考にしてみてください)

臨月のおしるしとは?色や量などの特徴は?続くと出産が近いってほんと?

尿もれの場合は、トイレでいつも目にしているような特徴的な黄色をしています。それに対して、破水の場合は透明や淡い黄色、乳白色をしていますよ。色がかなり違うので判断をする時の材料になりますね。

匂い

破水と尿もれは、流れ出てきた量でも見分けることができます。尿もれの場合は、尿独特のアンモニア臭がありますね。しかし羊水は無臭、生臭い匂い、甘酸っぱい匂いだといわれルことが多いです。流れ出てきたものの匂いを嗅いでみて、アンモニア臭がないようなら破水の可能性が高いでしょう。

量・出方

くしゃみをした瞬間や立ち上がった瞬間に尿もれをしてしまったという妊婦さんは多いでしょう。このように、尿もれはお腹に力がかかった瞬間に漏れてしまうことが多いです。また、尿もれなら自分で止めることができますね。

しかし、破水の場合はお腹に力を入れなくても勝手に流れ出てきます。自分の意思で止めることはできません。自分で止めることができないので、尿もれよりも破水の方が量が多くなる傾向にあります。

ただし、破水をした場合、羊水の量にはかなりの個人差があります。服がびしょびしょになる妊婦さんも、おりもの程度にしか出ない妊婦さんもいますので、量に関わらず色や匂いで判断をする方が確実かもしれませんね。

破水したら病院へ行くべき?救急車は呼んでもいい?

救急車を使っていいのかなど、妊婦さんの移動手段について話題になることもありますね。破水をした時、家族がその場にいて車を出してもらえる場合は家族に送ってもらうのが1番です。もし家に1人でいる時に破水が起きて、ほかに移動手段がない場合でも、妊婦さんが自分で運転をすることは避けるようにしましょう。

車のない家や外出中に破水が起きた場合など、移動手段がないタイミングで破水をしてしまった場合でも、妊婦さん専用の陣痛タクシーというサービスを使うことができます。妊娠後期を迎えて外出先で破水する可能性がある場合は、陣痛タクシーの電話番号を控えるなど、いつ破水や陣痛が来てもいいように準備しましょう。

ただし、破水や陣痛などで激痛を感じたり、何か異常を感じた場合は車やタクシーなどの移動手段を使わず、救急車を呼んだ方がいいかもしれませんね。まずは産婦人科に電話をしてみることをおすすめします。

破水したら出産までどれくらい?

破水をすると「早く病院に行かなきゃ」「救急車を呼ばないと生まれるかも」と焦ってしまいますよね。破水をしてから出産まで、どのくらいの時間がかかるものなのでしょうか?

陣痛より先に破水が起きた場合、破水から24時間以内に陣痛がくるといわれています。また、子宮口が全開になったタイミングで破水が起きた場合は、初産婦で約1~2時間、産経婦で約30分から1時間ほどで出産になります。

そうはいっても破水から出産までの時間には個人差がありますので、破水から出産までの正確な時間を予測することは難しいかもしれません。おおよその目安として覚えてみてくださいね。

(陣痛から出産までの時間については以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛が5分間隔でくる!痛くない?出産までの時間や子宮口の状態など!

破水したらしてはいけないNG行為は?

破水したあとにやってはいけないことを紹介していきます。妊娠中の妊婦さんは免疫力が低下していますね。破水をした後は子宮が細菌感染してしまう危険性も高いので、慎重に行動することが大切ですよ。

入浴・シャワー

卵膜は、細菌などから赤ちゃんを守る役割を持っています。その卵膜が破れて破水した後にお風呂に入ったりシャワーをしたりすると、子宮に細菌が入り込み、お腹の赤ちゃんが感染してしまう可能性があります。

入浴中に破水した場合や、破水に気づかずに入浴をしていた場合は産婦人科に電話をしましょう。破水が起きてから今までの状況を伝えてくださいね。また、入浴と同じように細菌に感染してしまう可能性がありますので、ウォシュレットの使用も避けましょう。

動き回る

破水したあと痛みを感じなければ、入院の準備などのために動き回ってしまいますね。しかし、破水のあと動き回ると羊水が流れ続けてしまうことになります。羊水が外に流れ過ぎてしまうと胎児に十分な酸素や栄養素が届けられなかったり、臍帯脱出という、胎児より臍帯が先に出てしまう症状が起きる可能性があります(※2)。

破水をしたら、赤ちゃんの安全を考えて静かに過ごしてみてくださいね。

車の運転

破水をしたら、車の運転も避けましょう。破水をしていると気持ちが焦ってしまいますし、集中力が切れてしまうこともあるでしょう。また、途中で陣痛が始まった場合、事故の原因になることも考えられます。産婦人科が近くても陣痛タクシーを呼ぶなど、自分で運転する以外の移動手段をとりましょう。

破水したときの対処法!便利なアイテムは?

妊娠後期なら、破水した時に便利なアイテムを常備しておきたいですね。破水した時の対処法と、便利なアイテムを紹介していきます。

(妊娠中の尿もれの対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠中は尿漏れしやすい?原因と対策!妊婦の尿もれ必須アイテム5選!

ナプキン

破水したあと、羊水が少しずつ流れ続けることも考えられます。服や下着を守るためにナプキンを常備しておきましょう。夜用のナプキンなど、大きくて厚いものを持っていれば安心です。産褥パッドを持つことも対処法として有効ですね。

布ナプキンを使用する場合は、よく洗って清潔にしておきましょう。羊水の量が多いと漏れてしまう可能性もあるので、2枚以上用意することをおすすめします。

バスタオル

破水したあとにタクシーや車に乗る時の対処法として、バスタオルをもっておくのもいいでしょう。バスタオルを下に敷いておけば、シートが濡れてしまうこともありませんね。また、おしりを包み込んでくれるので、車に乗った時の不快感が減るかもしれません。

外出をしている時に破水したら、お腹や膝の上にかけておけば周りの視線を避けることもできますし、破水で濡れてしまった部分を拭くこともできますよ。大きな荷物になってしまうかもしれませんが、破水の対処法として有効なのでぜひ覚えておきましょう。

アルミシート

車やタクシーで移動をする時の対処法として、アルミシートを持っておくこともおすすめします。羊水でシートを汚してしまうことへの対処法にもなりますし、羊水が漏れて腰回りが冷えることを防ぐ役割も期待できるでしょう。もし病院に行くまでに生まれてしまった場合でも、赤ちゃんを包んで保温してあげることもできますね。

ビニール袋

破水をすると、羊水で服や下着が濡れてしまいますね。ビニール袋を何枚か準備しておけば、車やタクシーの中で濡れてしまったバスタオルや、ナプキンなどを片付けるのに役に立ちますよ。

破水からお産が始まった人たちの体験談!

実際、破水からお産が始まるというのはどんな感じなのでしょうか?体験談を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

先輩ママ

28歳

破水をしてから、なかなか陣痛が来なかったんです。「このままじゃ危ないかもね」「このまま陣痛が来なかったらどうしよう」と半泣きで旦那に言っていたんですが「抗生剤打ってるし平気でしょ」という感じで全く相手にしてもらえず、傷付きました…

先輩ママ

32歳

破水をして病院に行ったんですが、なかなか陣痛が来なくて焦りました。移動手段が夫の実家の車しかなかったので義父と義母に送ってもらったんですが、そのまま近くのホテルに泊まっていることがプレッシャーで…

夫はなかなか来ないし、ネットには「なかなか陣痛が来ないのは危険」っていう情報ばっかりだし。陣痛が来るまでストレスフルでした。

先輩ママ

26歳

1度おりものが水っぽくて病院で病院で相談をしたら「心配ないよ」と言われていたので、破水の時も「おりものかな」と思っていました。

チョロチョロ流れるような感じだと、おりものと見分けが付きませんよね…母に相談をしても「破水ならもっとドバっと出てるでしょ」という感じで、結局破水していると分かったのは、破水開始から10時間後でした。

会社員

30代

「高位破水だと、破水だと分からないこともある」というのは知識としては知っていたんですが、妊娠38週目に高位破水になったとき「尿もれかな」と軽く考えてしまいました。

破水が始まってから8時間後に病院に連絡をしたらすぐに来てくださいと言われたんですが、移動手段が何もなかったので救急車を呼びました。

先輩ママ

20代前半

高位破水という種類の破水だったらしく、破水していると気づくまでに1晩かかりました(笑)

つい先日出産をした友人に「昨日から尿もれ止まんなくてさ」と相談をしたら「破水じゃない?」と言われて「そういえば臭くないや」って…出産が近くなったら自分の体調のこと、しっかり確認しないと怖いですね。

先輩ママ

20代前半

姉と母が「破水してから陣痛」という人だったので、破水した場合の移動手段の確保やナプキンの常備など、破水にばかり警戒していました。しかし、陣痛が先に始まったので、破水に関しては分娩室で「なんか生暖かいなぁ」と感じたくらいでした。

先輩ママ

26歳

破水といったら陣痛の前にドバっと出る種類の破水しか知らなかったので、前期破水という種類の破水を知った時はびっくりしました。「まだ妊娠37週目なのに!」と衝撃でしたね…明らかに生臭い匂いがしたので破水だと気づくことができましたが、そうでなかったら、量も少なかったし気づけなかったかもしれません。

破水よりも陣痛が先に起きた場合は、破水に気づかない場合もあるようですね。破水にもいろいろな種類がありますので、親戚がみんなこうだから、など人のお産の仕方にとらわれず、自分の体調を毎日しっかり確認することが大切です。

また、破水をして病院に行っても、なかなか陣痛が来ない場合もあります。出産の準備をする時に、バスタオルなどと一緒に、時間をつぶせるものを用意しておいてもいいかもしれませんね。

(破水の体験談については以下の記事も参考にしてみてください)

破水に気づかないと危険?原因は?尿漏れなどとの見分け方は?体験談も

破水したらすぐに病院へ行こう!

破水の種類や、尿もれとの見分け方などを紹介してきました。タイミングや量など、起きる破水は妊婦さんによって個人差があります。親戚がこうだから、など周りの人の経験にとらわれず、普段から自分のおりものの状態を確認することが大切ですね。

また、出産予定日が近くなったらいつ破水が起きてもいいように準備をすることも大切です。ナプキンなどの用意はもちろんですが、移動手段の確保もしっかりとしておきたいですね。出産のために救急車に乗ることは、決して悪いことではありません。しかし、家の車や陣痛タクシーの手配など、自分でできることはしっかりしておく方が良いでしょう。

破水が起きたあとにバタバタと入院の準備をしたり、自分で運転をしないでもすぐに病院に向かえるように、しっかり対策をしてみてくださいね。

関連する記事