妊婦がお風呂に入る際の注意点!妊娠初期の影響は?最適な温度・時間も!

妊婦さんはお風呂に入ってはいけないと聞いたことはありませんか?ここでは〈入浴時間〉〈温度〉〈洗い方〉など妊娠中にお風呂に入る際の注意点、また妊娠中の正しいお風呂の入り方や、入浴剤についても詳しく紹介します。妊婦さん必見です!

目次

  1. 妊婦さんの入浴にはリスクがたくさん!
  2. 妊婦がお風呂に入る際の注意点!妊娠初期は危険?
  3. 妊娠中の妊婦さんに最適な温度・入浴時間
  4. 妊婦さんのお風呂の入り方のポイント!
  5. 妊娠中はお風呂に入浴剤を入れてもいい?
  6. 妊娠中にお風呂に入る際の注意点を理解しよう!

妊婦さんの入浴にはリスクがたくさん!

1日の疲れを、熱いお風呂にゆっかり使って疲れを癒すという人は多いですよね。しかし、妊婦さんの入浴にはリスクがたくさんあることを知っていますか?特に、妊娠初期の妊婦さんは要注意です。まずは、妊婦さんがお風呂に入る際の注意点やリスクを紹介します。

(赤ちゃんのお風呂については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんは入浴剤入りのお風呂はダメ?いつからOKなの?注意点は?

妊婦がお風呂に入る際の注意点!妊娠初期は危険?

妊娠初期は、まだお腹こそ目立ってはいないものの、体の中では出産に向けてさまざまな変化が起こっています。そのため、これまでは何ともなかったことが思わぬトラブルの原因になってしまうこともあるのです。ここでは、妊婦さんがお風呂に入る際の注意点を紹介します。

(妊娠初期の立ち仕事については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の立ち仕事は胎児に悪影響?流産するリスクが高まる?腹痛などの症状に要注意!

お風呂で転倒しないよう気を付ける

先輩ママ(妊活経験有)

(20代後半)

まだ妊娠初期でお腹も出ていない頃、お風呂で滑って転倒してお腹を強く打ってしまいました。幸いお腹の胎児には影響はありませんでしたが、それからは細心の注意を払ってお風呂に入っています。

お風呂場は濡れていたり、洗剤の洗い残しでとても滑りやすい状態です。妊娠初期はお腹はまだ出ていませんが、転倒して強くお腹を打つことで胎児に影響が出る可能性もあります。転ばないようゆっくりと歩くようにしましょう。

水分補給してからお風呂に入る

YOTSUBA専属ライター

(20代後半)

妊娠中、1度お風呂で脱水症状を起こして倒れてしまいました。あわてて産婦人科を受診したけど、幸いわが子は無事でした。もう同じことにならないように、今はお風呂に入る前に必ずコップ1杯分の水を飲んでから入るようにしています。

妊婦さんは普段よりも汗をかきやすくなっています。脱水症状を起こさないよう、お風呂に入る前には必ず水分補給するようにしましょう。

浴槽の出入りはゆっくりと

浴槽に出入りする時はバランスを崩しやすいため、ゆっくりと移動するようにしましょう。特に浴槽から出る時は貧血や立ち眩みを起こしやすいので気をつけてくださいね。浴槽をしっかり持って、ゆっくりと立ち上がりましょう。

家族がいる時間にお風呂に入る

先輩ママ(人工受精経験有)

(30代後半)

夫の帰宅が遅いので1人でいる時に入ることが多かったのですが、妊娠初期にお風呂で立ち眩みを起こしてからは、夫がいる時に入るようにしています。1人でいる時に無理をして、お腹の赤ちゃんに何かあったらと思うと怖いので。

妊娠中は、いつ何が起こるか分かりません。妊娠前と同じ入り方をすることがトラブルになる可能性もあります。お風呂に入るときは、出来れば他の家族がいる時間帯にしましょう。何かあった時にすぐに対処してもらえます。

追い炊きしない

妊婦さんは、普段よりも体の免疫力が低下しています。そのため、さまざまな感染症にかかるリスクも高くなっています。胎児にまで影響が出ることはほとんどありませんが、感染症を避けるためにも出来るだけお風呂は毎回新しく入れなおしましょう。

体を強くこすらない

先輩ママ(体外受精経験有)

(30代後半)

もともと固いタオルでゴシゴシ洗うのが好きで、妊娠してからも同じように洗っているとお肌がかさかさに。それからは柔らかいタオルに変え、洗い方も気をつけるようにしました。妊娠中の肌は敏感になっているということを実感しました。

妊娠中の肌は、普段よりも敏感で乾燥しやすくなっています。妊娠前と同じ洗い方で強く体をこすってしまうと、皮膚がダメージを受けてしまいます。強い力でこすらないよう、洗い方にも気をつけるようにしましょう。

体がつらい時は無理しない

つわりや貧血などの体調不良に悩まされる妊婦さんは多くいます。そんな症状がつらい時は、無理してお風呂に入らないようにしましょう。お風呂で倒れてしまっては大変です。お風呂は体調が良い時に安全に入るようにしましょう。

(妊娠初期の過ごし方については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の過ごし方とは?食生活やつわり、流産など9つの注意点!

妊娠中の妊婦さんに最適な温度・入浴時間

寒い冬などは、熱いお風呂にしっかりと浸かって体を温めたいですよね。しかし、妊婦さんがお風呂に長時間入ることは要注意です。最適な温度は、いつもよりも少しぬるいくらいの37~39度、入浴の時間は5~10程度が目安です。長時間の入浴で子宮が温まりすぎると子宮が収縮しやすくなり、早産を引き起こす原因にもなります(※1)。

YOTSUBA専属ライター

(30代前半)

熱いお風呂が好きで、いつも41度くらいの温度設定をして入浴していました。でも妊娠してからのぼせやすくなったように感じ、今は38度くらいのお風呂に入るようにしています。

また、妊娠中は普段よりものぼせすくなっています。貧血や立ち眩みでの転倒を予防するためにも熱いお風呂に長時間入ることは避けましょう。

妊婦さんのお風呂の入り方のポイント!

妊娠中だからといって、お風呂に入ってはいけないわけではありません。お風呂には、妊娠中になりやすい冷え性やむくみ、便秘を改善する効果もあります。ここでは、妊婦さんのお風呂の入り方のポイントを紹介します。お風呂の入り方をしっかり押さえて、安全に入浴するようにしましょう。

半身浴がおすすめ

YOTSUBA専属ライター

(30代前半)

お風呂が大好きで、妊婦になってからもなるべくお風呂はゆっくり入っていたいので、半身浴をするようにしました。半身浴にすると少し長めに入っていられるし、冷え性やむくみも改善できるので妊娠中にはおすすめです。

妊婦さんにおすすめの入り方は半身浴です。妊娠中は、通常時よりも心臓にも負担がかかりやすくなっています。半身浴をすることで、水圧による心臓への負担を軽減することができます。水量の目安は、みぞおちの少し下辺りです。寒い場合は温かいタオルを肩にかけて入浴すると良いでしょう。

ただし、半身浴だからといって長時間の入浴は禁物です。10~20分で終えるようにしましょう。

お風呂マットを使う

先輩ママ(妊活経験有)

(30代後半)

母が妊婦は転んだらいけないと、お風呂マットを買ってきてくれました。そのおかげで安全にお風呂に入れましたし、出産してからは赤ちゃんをお風呂で洗う時に役立っています。

お風呂場や浴槽の中はとても滑りやすくなっているので、お風呂マットを使うことをおすすめします。転倒してお腹の胎児に影響が出ては大変です。吸盤付きのお風呂マットなどで、出来るだけのリスク回避をするようにしましょう。

体は優しく洗う

体の洗い方も、妊娠したらちょっと見直してみましょう。ナイロンタオルでゴシゴシ擦るのではなく、柔らかいタオルや手で優しく洗うようにしましょう。妊婦さんは肌トラブルが起こりやすいので、体の洗い方にも気を遣ってあげてくださいね。

(妊娠初期の肌荒れについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期にニキビができやすい原因は?肌荒れ予防・スキンケアのコツも紹介!

入浴後にはしっかり水分補給をする

お風呂からあがった後は、しっかりと水分を補給しましょう。ただし、冷たいものを一気に飲むと血圧が急変する可能性もあるので、水分補給をする場合は常温のものを飲むようにしてみてくださいね。

入浴後の保湿もしっかりと

先輩ママ(人工受精経験有)

(30代後半)

妊娠中に乾燥肌が悪化したように感じました。特にお風呂あがりはカッサカサ…。なので、お風呂あがりには必ず保湿クリームでマッサージするようにしました。そのおかげか、肌トラブルも少なく、妊娠線もできませんでした!しっかり保湿しててよかった~!

妊婦さんのお肌はとても乾燥しやすく、トラブルも起こりやすくなっています。そのため、お風呂あがりの保湿ケアはとても大切です。お風呂からあがったら、保湿クリームを使ってしっかりケアをすることを習慣にしましょう。

妊娠中はお風呂に入浴剤を入れてもいい?

お風呂でリラックスするために、日頃から入浴剤を愛用している人は多いでしょう。でも、お腹の中の胎児に影響はないのか気になりませんか?ここでは、妊婦さんが避けるべき入浴剤を紹介します。

妊婦さんが避けるべき入浴剤<アロマ系の入浴剤>

良い香りがして、リラックス効果も期待ができるアロマ系の入浴剤ですが、妊婦さんが使用するのは避けた方が良いでしょう。ローズマリー、ペパーミント、カモミール、ジャスミン、ラベンダー、スペアミントは、子宮収縮作用があり早産につながる可能性があります。お腹の胎児を守るためにも、避けるようにしましょう。

妊婦さんが避けるべき入浴剤<とろみ系の入浴剤>

お肌にまとわりつくようなぬめりのある入浴剤は、妊娠中は避けましょう。コラーゲンなどが含まれており、保湿するには最適ですが、ぬめりのせいで転倒するリスクが高くなってしまうので妊娠中には不向きです。

妊婦さんが避けるべき入浴剤<発汗系入浴剤>

妊婦さんは、ただでさえ汗をかきやすい状態です。発汗系入浴剤を使ってしまうと、必要以上に汗をかいて脱水症状を起こしてしまう危険性があります。急激に汗をかいて体内の水分バランスが崩れてしまうことで、胎児に影響が出てしまう可能性もあるので、発汗を促す入浴剤の使用は避けるようにしましょう。

妊婦さんが避けるべき入浴剤<清涼系入浴剤>

暑い時に、肌をひんやりとさせてくれる清涼系の入浴剤も妊婦さんには不向きです。妊娠中に体を冷やすことは避けましょう。また、このタイプの入浴剤は敏感になっている妊婦さんの肌には刺激が強いものが多くあります。肌トラブルの原因にもなるので、なるべく使用は避けるようにしましょう。

妊娠中にお風呂に入る際の注意点を理解しよう!

お風呂は、心身ともにリフレッシュさせてくれる大切な時間です。妊婦さんにとってもそれは同じですよね。様々な妊娠中のマイナートラブルを予防するために、お風呂はとても効果があります。

妊婦だからとお風呂を避けるのではなく、お風呂の最適な温度や時間・洗い方など注意点を十分に理解した上で、安全にお風呂に入るようにしましょう。

関連する記事