妊婦の楽な座り方はあぐらと正座?腰痛対策やNGな座り方による悪影響なども紹介!

【医師監修】妊婦さんにとって楽な座り方を知っていますか?この記事では、妊婦さんが腰痛・関節痛・恥骨痛になりやすい原因や、楽な座り方・NGな座り方を紹介します。さらに、妊婦さんの体の痛みを対策するアイテムや、腰痛の対策方法も紹介しますので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 妊婦さんは腰を中心に体の痛みが増える…
  2. 妊婦さんは腰・お尻・背中に痛みを感じやすい!
  3. 妊婦さんが腰痛・関節痛・恥骨痛になりやすい原因は?
  4. 妊婦さんが楽な座り方はあぐら・正座のどっち?
  5. 床・椅子・車など場所別の座り方のポイント!
  6. 妊婦さんにNGな座り方は?その影響も解説
  7. 妊婦さんの体の痛みを対策するアイテムを紹介!
  8. 妊婦さんに即効性のある腰痛対策は?
  9. 妊婦は座り方を工夫しよう!

妊婦さんは腰を中心に体の痛みが増える…

妊娠中、腰痛や関節痛など体の痛みを経験する妊婦さんはとても多いですよね。腰痛や関節痛、恥骨痛などの体の痛みは、妊娠症状のひとつともいえます(※1)。

会社員

30代

妊娠初期はつわりに悩み、後期から臨月は体中の痛みに悩まされました。とにかく腰痛がひどくて、横になると楽だったから寝てばかりいたよ。おかげで体重も増えたし散々な妊娠期間となりました。筋力がないから、お腹の大きさに体が耐えられなかったのかなー。

妊婦さんが体に痛みを感じるのは仕方ないことですが、少しでも負担は少なくしたいですよね。妊娠中の体の痛みを対策するためにも、痛みの原因や悪影響を及ぼす座り方などを知っておくことはとても大切です。

(妊娠中の腰痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠後期は腰痛がつらい!背中の痛みも!ストレッチなどで対策しよう!

妊婦さんは腰・お尻・背中に痛みを感じやすい!

妊娠中は、特に腰・お尻・背中に痛みが生じやすいといわれています。お腹が大きくなるため、腰や骨盤まわり、お尻に負担がかかってしまうのです。股関節や足の付け根、恥骨まわりなど、腰周辺は妊娠中に痛みが出やすいところがとても多いといえます。

背中からお尻、腰周辺にかけて広い範囲に痛みを感じる妊婦さんもいるため、あまりに痛みがひどいようであれば、医療機関の受診も必要になります。

(妊婦さんの痛みについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦は肩こりがひどい?頭痛や腰痛も一緒にくる?原因と解消法!体験談も

妊婦さんが腰痛・関節痛・恥骨痛になりやすい原因は?

妊娠中は、なぜ腰痛や関節痛、恥骨痛などになりやすいのでしょうか。まずは、妊婦さんがさまざまな痛みを抱える原因について解説します。

(妊婦さんの腰痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠後期の腰痛の原因と対策!臨月のひどい腰痛は出産兆候?

妊娠による体型の変化

妊婦さんの腰痛・関節痛・恥骨痛などの痛みの原因として考えられるのが、妊娠中の体型の変化です。妊娠初期よりも、お腹が大きくなる妊娠後期や臨月に腰痛を訴える妊婦さんは多くなります。お腹が大きくなるにつれ、血行が悪くなり痛みが生じやすくなるのです。

急激な体重増加

妊娠による急激な体重増加も、妊婦さんの身体のさまざまな痛みの原因になると考えられます。体重が急激に変化するため身体の重心も変わり、腰や関節に負担がかかってしまうのです。妊娠初期よりも後期や臨月に腰痛などが起こりやすいのは、このためです。

妊娠による分泌ホルモン

妊娠中に体に痛みを感じる原因には、妊娠することで分泌されるホルモンも関係しています。特に妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンは、靭帯をゆるめ骨盤を広げる役割があります。骨盤がゆるくなることで、腰痛や関節痛が起こりやすくなるのです。(※2)

関連する記事