会陰切開の抜糸後の痛みは?産後いつするの?所要時間・溶ける糸についても!

出産時の不安の1つが会陰切開というママは多いでしょう。会陰切開の抜糸は必要?会陰切開の抜糸は産後いつするの?所要時間・痛みは?などの疑問を細かく解説!会陰切開の抜糸を経験した先輩ママの体験談もご紹介します。会陰切開で抜糸をしない場合に使用する『溶ける糸』についてや、糸が溶ける前に痛みを感じた場合の対処も紹介します。

目次

  1. 会陰切開とは?
  2. 会陰切開の抜糸は必要?
  3. 会陰切開の抜糸は産後いつするの?所要時間は?
  4. 会陰切開の抜糸の痛みは?
  5. 会陰切開でも抜糸の必要がない『溶ける糸』がある?
  6. 糸が溶ける前に痛みがある場合はどうする?
  7. 会陰切開の抜糸はどんな感じだった?〜先輩ママの体験談〜
  8. 会陰切開の抜糸について、しっかり知っておこう!

会陰切開とは?

会陰とは、膣口から肛門までの間や、その周囲のことを指します。会陰切開は、赤ちゃんが出てきやすくするために、この会陰の一部を切って出産を助けることです(※1)。出産時、陣痛の波に合わせてママがいきむことで、赤ちゃんの頭が見えたりひっこんだりを繰り返します。この繰り返しにより、会陰が伸びて薄くなります。

段々赤ちゃんの頭が押し出され、いよいよ出産という時、この会陰が伸びなければ裂けてしまったり、赤ちゃんが出にくくなってしまうのです。そこで会陰切開を行い、出産がスムーズにできるようお手伝いをします。

いつ会陰切開が行われるのか不安かもしれませんが、陣痛と出産の痛みの間に行われるので会陰切開の痛みは感じにくいです。また、医師から会陰切開をする前に一言「今から切開をする」という旨を伝えてもらえるので安心してくださいね。

(陣痛から出産までの流れについては以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛から出産までの流れ・平均時間は?初産と経産婦とでは違う?体験談も

会陰切開は絶対するもの?

会陰切開は、もちろん全てのママが経験するわけではありません。経産婦さんは、初産婦さんよりも会陰が伸びやすく、切開しない場合もあります。初産婦さんでも伸びが良ければ会陰切開の必要はありません。

また、最近では出産前に会陰マッサージなどを行う病院もあり、会陰切開せずに分娩する方法もあります。しかし、会陰切開自体は悪い事ではありませんし、経験するママも少なくありません。

会陰切開をせず、もしも会陰が裂けてしまうと、膣や肛門まで傷が広がり感染症などを起こす可能性もあるでしょう。赤ちゃんが出てくるまでに時間がかかりすぎるのも、赤ちゃんの体に負担がかかります。会陰切開はママと赤ちゃんを守るために行うことを忘れないでおきましょう(※2)。

会陰切開後の縫合

女の子ママ

20代

全部終わって、疲れ果ててからの縫合がきつい。チクチク痛くて、体も産んだ時の体勢のままだし、まだ終わらないのかとかばかり考えてたから余計に長かった。

会陰切開をした場合は、産後胎盤が出たらすぐに縫合を行います(※2)。出産や陣痛を乗り越えて、痛みがなくなった後、再び痛い思いをするなんて、初めてのママは予想できませんよね。会陰切開をした部分だけでなく、膣口の裂傷が激しい場合には縫合に時間もかかるので、さらに痛みを感じてしまいます。

しかし、局部麻酔を打ってくれる病院もありますので、必ずしも全てのママが痛いというわけではありません。どうしても痛い場合は、縫合中でも医師に麻酔の相談をしてみてくださいね。

会陰切開の抜糸は必要?

会陰切開は多くの場合、絹糸で縫合します。この場合は、抜糸が必要です。ほとんどのママが、この会陰切開で初めて縫合や抜糸を経験することになり、出産に関する不安の1つになっているかもしれませんね。抜糸までの期間どのように過ごすのかも気になりますよね。

抜糸までの期間は痛みはあるの?

女の子ママ

30代

座るのが痛すぎて、授乳も食事もしんどかったのが、ドーナツクッションでかなり楽になりました。二人目を産む時も病院に用意されているか絶対確認します!

絹糸での縫合後は、ジンジンとした痛みや突っ張る感じがあり、しばらく歩く事が辛いほどだと言うママが多くいます。特に座ると、縫合した部分が椅子やベッドに当たるので、相当な痛みを感じます。いつまでこの痛みが続くのかと気になって、赤ちゃんのお世話どころではなくなってしまいますよね。

そこで、ドーナツ型のクッションを使うと、縫合した部分が椅子に当たらずに座ることができるので、活用するママが多くいます。病院によっては置いてあることもありますので、事前に確認を取り、必要であれば入院時に持って行くと良いでしょう。

(出産の入院に必要な物については以下の記事も参考にしてみてください)

出産の入院準備まとめ!必要な物リスト!先輩ママの体験談も!

抜糸が必要な場合の産後の過ごし方

産後、傷口の状態を助産師や看護師が何度か確認してくれます。傷口に問題がなければ、出産した翌日からシャワーを浴びることもできるようになります。トイレも最初は痛みを感じたり、不安で行くのを躊躇してしまうかもしれませんが、時間が経てば慣れてくるママが多いでしょう。

また、痛みがひどい場合には必ず痛み止めの薬を処方してもらえます。授乳に影響しない薬をきちんと処方してもらえるので、迷わず医師に相談しましょう。

会陰切開の抜糸は産後いつするの?所要時間は?

会陰切開後の痛みは、抜糸をすると楽になると言われています。できれば早く抜糸してもらいたい反面、抜糸は簡単にできるものなのか、その所要時間も気になるところですよね。

会陰切開の抜糸をするタイミング

普通分娩の場合、経過がよければ出産から約4日~5日くらいで退院します。抜糸をするタイミングは、この退院の1日前くらいという産院が多いです。早ければ産後3日くらいで抜糸する産院もあります。

いずれにしても、ママの傷口の状態が良く、抜糸しても問題ないと医師から判断されてから抜糸は行われます。

会陰切開の抜糸にかかる所要時間

抜糸にかかる時間はだいたい5分~10分です。会陰切開で縫合した部分は、長時間縫われていたように感じますが、実は2~3cmです。なので、抜糸自体はあまり時間がかかりません。もちろん、かなり傷口が深く、縫合した部分が大きければその分時間がかかることもあります。

会陰切開の抜糸の痛みは?

会陰切開の抜糸は、痛みがあると感じたママが多いです。1本の糸を一気に抜くわけではなく、少しずつ丁寧に抜糸しますので、一瞬で終わるものではありません。そのため、毛を抜いた時のような痛みや、太い針で刺されるような痛みを感じます。

会陰切開の抜糸後の痛み

会陰切開の抜糸が終わると、突っ張ったような痛みや、座る時の痛みなどから解放されてとても楽になります。最初は痛くても2、3日すれば痛みがなくなる場合がほとんどです。トイレやシャワーも行きやすくなりますし、赤ちゃんのお世話に集中しやすくなりますね。

会陰切開でも抜糸の必要がない『溶ける糸』がある?

会陰切開の縫合に使われる糸は絹糸の他に抜糸をしない、体内に吸収される溶ける糸を使うこともあります。抜糸にかかる時間や、抜糸の痛みもないため、最近ではこの溶ける糸を使う産院も増えてきています。

糸が溶ける前に痛みがある場合はどうする?

溶ける糸は抜糸をしないので、痛い思いをしなくて済む、というわけではありません。縫合後の突っ張るような痛みが長く続きます。溶ける糸は、産後この痛みがいつまで続くのか気になりますよね。また、糸が溶ける前に、痛みが続いているという場合対処方法はあるのでしょうか。

溶ける糸は産後いつまで痛いの?

男の子ママ

30代

出産時2回とも溶ける糸でしたが、とにかく痛い期間が長い!(笑)最後の方はかゆくなってきて、ウォシュレットがないと生きていけませんでした。

産後4日くらいで抜糸をする絹糸に対して、溶ける糸は抜糸をしないので、自宅に帰ってからも痛みが続きます。退院時にまだ痛みがあると、いつ痛みがなくなるのか不安になりますよね。産後の1ヶ月健診の時には痛みもなくなり、溶ける糸が完全に溶けていることを医師に確認してもらえるケースが多くなっています。

1ヶ月も痛みが続くと思うと気が遠くなりそうですが、実際には痛みというよりも、溶けきる前はかゆみや腫れたような違和感を感じることもあります。

(産後1ヶ月の『床上げ』までの過ごし方については以下の記事も参考にしてみてください)

産後1ヶ月の『床上げ』までの過ごし方は?家事・外出などの注意点を解説!

溶ける前の痛みは医師に相談

溶ける前に痛みがある場合、実は溶ける糸も抜糸することがあります。皮膚の状態がしっかり回復していれば抜糸も可能なのです。ですから、どうしても耐えられない痛みが続くようであれば、医師に相談してみると良いでしょう。

また、退院前に必ず医師による健診があります。この時に無理をせず、痛みの程度をしっかりと伝えましょう。痛み止めを多めに出してくれたり、抜糸について検討してくれますよ。

会陰切開の抜糸はどんな感じだった?〜先輩ママの体験談〜

会陰切開の抜糸は本当に痛いのか、怖くなかったのかなど、これから体験するママは不安でいっぱいですよね。実際にはどんな感じなのか、体験した先輩ママの体験談をご紹介します。

女の子ママ

40代

「何日に抜糸しますね」という宣告もなく、突然「今から検診できる?」と退院検診が始まり、そのまま抜糸でした。不意打ちだったため覚悟してなかったのもあり、激痛でした。

検診で状態が良かったのでその場で抜糸になってしまったケースですね。今から抜糸だとわかっていれば心構えもできますが、不意打ちでは痛みも強く感じてしまいます。

男の子ママ

20代

1本1本太い毛をブスッと抜くイメージです。抜く瞬間は痛くてヒャー!となりますが、何時間もかかるものでもないし、抜いた後の楽さが全然違うので次も抜糸ありが良いです。

やはり抜く瞬間は痛いのですが、抜糸後は楽になるという、ちょっと安心する体験談です。針で刺されるような痛みではなく、毛を抜くような痛みならまだ耐えられるかもしれません。

女の子ママ

20代

縫われてからしばらくも痛いけど、抜糸は出産以来の久しぶりに叫ぶ痛みだった。出産自体もだけど、抜糸もトラウマになるレベルで、半年たった今もまだ二人目産むの怖い。

人生初の痛みと言っても過言ではない、陣痛や出産を経験したママでも抜糸の際つい叫んでしまったというケースもあります。また、抜糸は麻酔をしないことが多いので、それも痛みがあると感じてしまう理由の1つかもしれませんね。

(陣痛・分娩が楽になるソフロロジー出産のやり方については以下の記事も参考にしてみてください)

ソフロロジー出産のやり方!4つの呼吸法で陣痛・分娩が楽!いきみ逃しも不要に!

会陰切開の抜糸について、しっかり知っておこう!

抜糸しない溶ける糸では1ヶ月ほど痛みが続きますが、抜糸する場合は後が楽です。抜糸自体が痛いと知ると、怖く感じるかもしれませんが、すぐに終わることなので不安になる必要はありません。

会陰切開が出産時に重要な役割をすることを知れば、会陰切開も抜糸も赤ちゃんと出会い、過ごしていく上での小さな思い出に過ぎません。痛みに関しては我慢せず、医師や助産師と相談しながら上手にケアしていきましょう。

関連する記事