陣痛中にも胎動がある?激しいと危ない?陣痛と胎動の違いは?

【医師監修】出産前になると赤ちゃんが下がり、骨盤に頭を固定させることで胎動が減る傾向にあります。しかし、赤ちゃんによって個人差があり、必ずしも胎動が減るとは限りません。胎動が激しいことで赤ちゃんに影響はあるのでしょうか。ここでは陣痛中の胎動と陣痛と胎動の違いを解説します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 陣痛中でも胎動はあるの?
  2. 陣痛中に胎動が激しいと危険!?
  3. 陣痛と胎動の違いは?
  4. 陣痛には種類がある?
  5. 胎動にはどんな種類があるの?
  6. 胎動を感じる時期はいつから?経産婦の方が早く感じるの?
  7. 臨月に入ると胎動は減る?
  8. 陣痛中の胎動は赤ちゃんの元気アピール
NEW ! もう赤ちゃんの名前は決めましたか? 命名に関する記事はこちら⤵︎
男の子につけたい花の名前150選!花言葉の意味・由来や季節のイメージ別に紹介!

陣痛中でも胎動はあるの?

出産が近づくと胎動が少なくなるという話を聞きますよね。陣痛前だけでなく陣痛中は胎動がほとんどないと思うこともあるのではないでしょうか。しかし、実際は陣痛中でも胎動はあります。個人差により強弱がありますが、ほとんどの場合胎動があることが普通です。

それでも陣痛中に激しくお腹の中で暴れている場合、赤ちゃんが危険な状態なのではと心配になってしまう方もいるでしょう。そこで陣痛中に胎動が激しい場合、赤ちゃんに危険はあるのかを説明します。

陣痛中に胎動が激しいと危険!?

出産前は子宮内の赤ちゃんが下がってきて骨盤に頭を固定させるため、胎動は少なくなるといわれています。しかし、それにも個人差があるので出産前まで胎動が痛いぐらい激しい赤ちゃんもいます。出産前まで胎動が激しい=赤ちゃんが苦しいわけではなく、逆に赤ちゃんが元気に動いている証拠なので胎動が痛いくらい激しいからといって心配する必要はありません。

陣痛中に胎動が激しい場合と無い場合どちらが危険?

前述の通り、出産前に痛いくらい激しい胎動がある=赤ちゃんに異常がある・苦しんでいるというわけではありません。痛いくらい激しい胎動を感じることは赤ちゃんが元気である証拠であり、何も心配する必要はありません。しかし、逆に胎動がまったく無くなってしまったときは、赤ちゃんに異常が起こっている可能性があります。

胎動が無いことに加えて、陣痛とは違ったお腹の痛みやお腹の張りがある場合は早めに病院に行くことをおすすめします。常位胎盤早期剥離などを起こしている場合は早急に対処しないと母子ともに危険な状態になる場合もあります。(※3)

陣痛と胎動の違いは?

陣痛中に赤ちゃんの胎動と陣痛の違いが分かるか不安という妊婦さんも多いのではないでしょうか。赤ちゃんが子宮の壁にキックやパンチをしたときや、子宮内で回転したときに感じる赤ちゃんの動きを胎動といいますが、それに対し、子宮が収縮することで起こる張りや痛みのことを陣痛といいます。

一般的には生理痛や下痢のような痛みを感じるようです。本陣痛前に起こる前駆陣痛による痛みはそれほど強くないと言われていますが、これについても個人差が大きいものなので周りの話をすべて鵜呑みにしてしまわないように注意しましょう。

胎動や前駆陣痛に対し、本陣痛による痛みは規則的で次第に間隔が狭まるとともに痛みがどんどん増していきます。胎動と本陣痛の違いが分かるか心配になるかもしれませんが、赤ちゃんが動いたことによる胎動と子宮が収縮する本陣痛は明らかに違うのでその時にはすぐにわかるでしょう。

陣痛には種類がある?

前章でも少し触れましたが、陣痛には2種類あります。1つ目は本陣痛前に起こる前駆陣痛、2つ目は本陣痛です。それぞれお腹が張る、圧迫感がある、生理痛のような痛みを伴うという共通点はありますが、前駆陣痛と本陣痛では大きな違いがあります。ここではそれぞれの陣痛の違いについて説明していきます。(※1※2)

関連する記事