【助産師監修】陣痛の前兆は?腰痛が出る?最初の痛みはどんな感じ?

陣痛の前兆は下痢の痛みに似ているというのは本当?下痢の痛みが前兆だなんて、陣痛に気づけるのかな?と心配ですよね。陣痛の始まりの痛みとはどんなものなのでしょうか。下痢の痛み以外におこる前兆とは?陣痛への疑問や不安を解消して出産に備えておきましょう。

専門家監修 | 助産師 ちさきさん
公立大学助産学専攻科卒業後、国立病院にて勤務。これまでの助産師としての経験を元に妊婦さんに安心してもらえるよう貢献できれば、と考えております。よろしくお願いいたします。
公立大学助産学専攻科卒業後、国立病院にて勤務。
これまでの助産師としての経験を元に妊婦さんに安心してもらえるよう貢献できれば、と考えております。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 陣痛とはどんなもの?
  2. 陣痛の前兆とはどんなもの?
  3. 陣痛の前兆は下痢の痛みに似ている
  4. 本当に下痢をしてしまった場合
  5. 陣痛の前兆は下痢のような痛み以外もある
  6. 陣痛の前兆に気づかなくても大丈夫?
  7. 吐き気も陣痛の前兆の場合がある
  8. いつもより腰痛が辛いと感じたら
  9. 陣痛の始まりの痛みは様々
  10. 陣痛が来ても慌てなくて大丈夫

陣痛とはどんなもの?

陣痛は出産する時に赤ちゃんを押し出そうとするために起こる痛みのことを言います。陣痛がどんな痛みでどれだけ痛いかをさまざまな表現で伝えようとしますが、正直、陣痛を経験しないとわからないものです。陣痛への恐怖心が先走ってしまうと、不安ばかりに襲われてしまいます。

しかし陣痛は、不安になるほど痛くなるだけの理由があるのです。これからお母さんになる皆さんに、母としての自覚を付けてくれたり、痛かった分だけ赤ちゃんを愛おしいと思わせてくれるものなのです。だからこそ陣痛の痛みはとても強い痛みなのです。少し感情的に表現すれば、母親になる始まりの痛み、ともいえるのが陣痛なのです。では陣痛はどんなものなのでしょう。陣痛の種類について知ってみましょう。

陣痛の種類

陣痛には主に2つあります。まずひとつめは前駆陣痛です。これは陣痛の始まりの痛みのことです。痛みを感じない人もいますので、人によって陣痛の強さなど症状はさまざまです。もうひとつは本陣痛です。本陣痛は赤ちゃんを押し出すために、子宮の筋肉が収縮して起こる痛みで、お腹の強い張りと痛みを感じます。本陣痛は連続した痛みではなく、規則的に痛い時間と痛くない時間を繰り返します。

本陣痛の痛みは徐々に範囲が広がっていき、痛みの間隔も陣痛が進むにつれ狭くなっていきます。そして痛みは赤ちゃんが出る直前がピークです。始まりの痛みと違い、今まで感じたことのないお腹の張りがあります。

陣痛は急に襲ってこない

陣痛は、前駆陣痛から本陣痛へと徐々に痛みが増していくものなので、テレビドラマのように急にお腹の痛みに襲われることは、赤ちゃんか母体に異常が起こってしまったか、痛みを強く感じるタイプかもしれません。基本的には、耐えられないほどの痛みが急に襲うことはありませんので、しっかり心得ておきましょう。

(陣痛についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください)

前駆陣痛とは?痛みは?間隔はどう測る?本陣痛の違いは?体験談あり | AKANBO[あかんぼ]
陣痛はどんな痛み?陣痛の始まり方や長さは?和らげる方法はある? | AKANBO[あかんぼ]

陣痛の前兆とはどんなもの?

では、陣痛の前兆はどんなものなのでしょうか。腹痛に襲われるというイメージだけを持たれがちですが、多くの人は陣痛の前兆を経験します。しかし、陣痛の前兆として現れる症状は人によってそれぞれ違います。ここでは主な前兆についてご紹介していきます。

陣痛の前兆はどんなことが起きるのか

陣痛の前兆は出産の合図です。臨月に入り、予定日も近づいてくると、いつ産まれてもおかしくないと心構えしているので、少しの体調の変化などがあると「これは前兆なのか?」「前兆かもしれない」と敏感になってしまいますよね。今までと体調が変化したり、いつもと違うなと思ったら前兆かもしれません。では実際に陣痛の前兆とはどんなものなのかみていきましょう。

(※次のページへ続く)
PR 遂に来た!YOTSUBA"限定"キャンペーン!

【ベルタ葉酸サプリ】

今だけ!
66%
OFF

☑内容 YOTSUBA限定サイトにて
ご購入でダイエッターの間で
超話題のこうじ生酵素
無料でついてくる!
☑費用 5周年を記念して
初回限定1,980円(税込)
☑実績 芸能人も多数愛用!
口コミ人気断トツNo.1
詳しく見てみる

関連する記事