陣痛を促すツボは?少しでも痛みを和らげるツボは?ツボの押し方は?

【医師監修】陣痛の痛みには耐えられるか、どんなものなのか、乗り切れるのか、出産を控えた妊婦さんなら誰しも不安ですよね。そんな不安に効果があるのが「ツボ押し」です。押すと痛みが和らぐツボ、押し方、陣痛を促す方法をご紹介します。陣痛が来ても冷静に対処できるように準備しておきましょう。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠したら知っておきたい陣痛のこと
  2. 陣痛の種類
  3. 陣痛を促すツボ
  4. 陣痛の痛みを和らげるツボ
  5. ツボを押すときに気を付ける事
  6. ツボ押しで陣痛を上手に乗り切る
  7. ツボ押しがもたらす相乗効果
  8. 陣痛は赤ちゃんに会うための痛み
注目! もう赤ちゃんの名前は決めましたか? 命名に関する記事はこちら⤵︎
呼びやすい&覚えやすい名前一覧!発音しやすくて親しみを持ってもらえる!

妊娠したら知っておきたい陣痛のこと

出産するすべての人が経験する陣痛は、赤ちゃんが生まれてくるためのサインです。赤ちゃんが出てくるときに子宮は規則的な収縮を始め、痛みをともないます。この痛みのことを陣痛と呼びます。陣痛には「前駆陣痛」と「本陣痛」の2種類あり、赤ちゃんが生まれるまで規則的に繰り返されます。 陣痛は開始時には気づきにくいこともありますが、痛みの波は非常にはっきりしています。痛みは段階を追って強くなるので、初産でも陣痛を認識するのは難しくありません。陣痛が起きてからの出産はスムーズに進めたいですよね?楽な陣痛を促す方法にはツボ押しがありますが、まずは陣痛がどういうものなのかを知っておきましょう。

陣痛が痛い理由

陣痛の痛みについては皆さんご存知だと思いますが、なぜそれほど痛くなるのか、その理由ははっきりとは判っていません。痛みの感じ方は人それぞれで「案外痛くなかった」「ものすごく痛かった」と感想は様々です。ホルモンが関係しているとも言われますが、母性本能を呼び起こすため痛みだという説もあります。

お母さんになるのに必要な試練であっても、痛みは怖いものですよね。陣痛がどういうものか、どう乗り越えればいいのか、前もって心構えしておきましょう。

陣痛の種類

陣痛は大きく「前駆陣痛」と「本陣痛」のふたつに分けられます。前駆陣痛は「そろそろ出たいよ」という赤ちゃんからの合図です。前駆陣痛が本陣痛と大きく違うのは痛みの強さです。

前駆陣痛について

陣痛の痛みは、赤ちゃんを押し出すために起こる子宮収縮が原因です。前駆陣痛はその手前のお知らせで、痛みは感じる人と、感じない人がいます。その理由は、臨月時期によくある「お腹の張り」に似ているからです。「今日はいつもより張っているな」という感覚から始まるため、前駆陣痛だったことに気づかないこともあります。それくらいの軽い痛みなのです。

この時点ではまだ痛みの波はバラバラで、子宮口もまだ開いていません。お母さんは産院に行くまでに余裕をもって身支度や食事を済ますことができます。お腹の赤ちゃんはお母さんに準備の時間を与えてくれています。一緒に陣痛の練習をしながら出かけるを準備しましょう。

本陣痛について

痛い時間と痛くない時間の波を規則的に繰り返すと、その間隔はだんだんと狭くなっていきます。今まで感じていた前駆陣痛の痛みとは違い、お腹全体の痛みが感じられます。子宮内では赤ちゃんの通り道がクッションのように柔らかくなり、子宮口も広がっていきます。

次に痛みがくるまでの時間を計り、10分置きにお腹の張りや痛みが来るようであれば、産院へ連絡しましょう。

カズヤ先生

産婦人科医

陣痛開始は「規則的な子宮収縮が10分間隔に来ている」状態を言います。 陣痛発来から、かかりつけ産婦人科医へ受診するタイミングは初産婦、経産婦で異なります。 また、切迫早産で入院経過があった場合なども早めに受診する必要があったりしますので、陣痛かな?と思ったら かかりつけ産婦人科医へ相談してみましょう。

(陣痛については以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛の間隔はどう変化する?測り方や前駆陣痛との違いを知りたい

陣痛を促すツボ

関連する記事