断捨離して良かった&後悔した物まとめ!納得のその理由・笑えるエピソード多数!

知らない間に増えてしまった服・本・思い出の品など。断捨離するとスッキリ、爽快な気分になりますね。スッキリ気分がクセになりつい断捨離しすぎた、そんな後悔をしないために、捨てて良かった、捨てて後悔した物をまとめてご紹介。思わず笑える、断捨離失敗エピソードもご紹介。

目次

  1. 断捨離って?
  2. 断捨離 誰が始めたの?
  3. 断捨離の目的と効果
  4. 始めて後悔!断捨離ができないのはなぜ?
  5. 断捨離出来ない人の心理状態
  6. 断捨離の最初の一歩
  7. 断捨離の効果
  8. 後悔した断捨離 
  9. 後悔した断捨離の理由
  10. 断捨離の失敗例 
  11. 断捨離 後悔しないために
  12. 断捨離で捨てるべきではない物は?
  13. 断捨離でスッキリ ハッピーライフ

断捨離は、まず「断つ」ことが基本です。そして捨てるます。これを繰り返すことで、ほんとうに大切なもの、自分にとって、捨ててはいけないものが見えてきます。自分自身をコントロールできるようになることも大きな効果です。

後悔した断捨離 

そのスッキリ感や掃除のしやすさに感激して、ついつい調子に乗って、捨ててはいけないものまで捨ててしまい、断捨離しすぎたってことになり、結局本当の意味の断捨離の効果なしです。断捨離の失敗例と理由や原因を少しご紹介します。

途中で後悔した断捨離

断捨離の失敗例でも、断捨離しすぎたのなら、失敗例といえど、部屋は整理でき、掃除もしやすくなり、それなりに良かった点もあります。でも、断捨離の途中で収拾がつかなくなったら、部屋は以前より整理できず、断捨離をしたことを後悔する失敗例です。

後悔した断捨離の理由

断捨離を始めたのはいいけれど、収拾がつかなくなってしまった失敗例。その理由は、準備不足です。作業を始める前にまず、整理する場所、部屋の順番を付けます。そして「捨てるもの」「捨ててはいけないもの」「考える物」の3つの入れ物を用意し、作業開始です。

断捨離しすぎたことで、後悔する理由には2種類あります。ひとつは「うっかり」です。仕分け整理の途中についうっかり間違って、捨ててはいけないものを処分した場合。もう一つは捨ててはいけない物の基準が徐々に下がって、エスカレートしている場合です。

後悔した断捨離の心理状態

捨ててはいけないものまで、断捨離しすぎたのは、いつの間にか「捨てなければ」と言う心理が働いてブレーキがきかなくなってしまうことで起こります。この状態になっている場合は、実は「断捨離」自体に執着をしていて、断捨離の効果なしになってしまう恐れもあります。

後悔しない断捨離のコツ

断捨離で後悔しないためには、まずそれぞれのアイテムに捨てる「基準」をきっちり決めることです。整理ノートを作って、服ならサイズが合わない=3点、流行遅れ=1点、3年以上着ていない=3点など点数を決め、3点以上で処分するなど、自分のルールを決めます。

断捨離の失敗例 

関連する記事