【感謝】を意味する四字熟語50選!シーン別に紹介!座右の銘にも!

難しい漢字が使われている四字熟語。報恩謝徳・報本反始・恐懼感激などは感謝を表す熟語ですが微妙なニュアンスの違いなどで全く使いどころが違ってきます。感謝を意味する四字熟語をそれぞれのシーン別に50選、また座右の銘としても使える四字熟語をご紹介していきましょう。

目次

  1. 【四字熟語】とは?
  2. 【感謝】を表す【四字熟語】
  3. 【四字熟語】両親への「感謝」
  4. 【四字熟語】恩師への「感謝」
  5. 座右の銘にしたい人気の【四字熟語】
  6. 【四字熟語】スポーツでの「感謝」
  7. 【四字熟語】いろいろなシーンで
  8. 【四字熟語】自然に対して
  9. 【四字熟語】感謝とは正反対の言葉
  10. 報恩謝徳や感恩戴徳など深い感謝の言葉

深くて厚い情のこもった付き合いをすることです。「深情」は人を深く思う気持ち、真心のことです。恩師とは真心をもってお付き合いしたいです。

座右の銘にしたい人気の【四字熟語】

座右の銘の「座右」とは皇帝が自身の右側に信頼のおける人物を座らせた事をいいます。また「銘」とは自分自身への戒めや他人を称賛する言葉を意味します。ここでは「報恩謝徳」や「感恩戴徳」等座右の銘にしたい感謝の四字熟語をご紹介しましょう。

座右の銘については以下の記事も参考にしてみてください。

【努力】の四字熟語50選!シーン別に紹介!スピーチや挨拶、座右の銘にも!
座右の銘におすすめな四文字熟語120選!面白い物〜前向きな物まで意味別に紹介!

15. 感謝の語源【感恩報謝(かんおんほうしゃ)】

感謝の語源になった四字熟語です。漢字をそのまま読むと恩義を感じた人に謝(最高の礼)を持って報いるという事を表しています。感謝とは純粋に最高の礼の意です。

16. 大きな感謝「感恩戴徳(かんおんたいとく)」

心からありがたく思って感謝する様子をいいます。感恩戴徳を訓読すると恩に感じ徳を戴くと読みます。おすすめの四字熟語です。

17. 恵みへの感謝「報恩謝徳(ほうおんしゃとく)」

受けた恵みや恩に報いようと感謝する気持ちを表します。報恩謝徳を訓読すると「恩に報い徳を謝す」と読みます。人気の四字熟語です。

18. 尊敬の感謝【一言芳恩(いちごんほうおん)】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/102105116541280310/

一言声をかけてもらったことをとても恩に感じる事をいいます。芳恩は他人からの恩に対する尊敬語になります。

関連する記事