妊娠後期に気持ち悪いのは後期つわり?いつまで続く?原因や対策法

【医師監修】妊娠後期に入っていつからか急に気持ち悪いといったことが…。「もしかして、またつわり?」と思うかもしれませんが、これは妊娠後期特有の生理的現象で「後期つわり」と呼ばれるもの。そんな後期つわりについて、いつまで続くのか、気持ち悪い原因や対策法などをご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠後期なのに「つわり」?いつから起こる?
  2. 妊娠後期に気持ち悪い…後期つわりの原因は?
  3. 後期つわりはいつまで続くの?
  4. 妊娠後期の気持ち悪さを乗り切る7つの対策!
  5. 後期つわりは放っておいたら危険かも!?
  6. 出産まであと少しの合図!妊娠後期の気持ち悪いを乗り切ろう
NEW ! もう赤ちゃんの名前は決めましたか? 命名に関する記事はこちら⤵︎
秋生まれの女の子の名前250こ!9月〜11月の季語・漢字で古風なかわいい名前に!

妊娠後期なのに「つわり」?いつから起こる?

妊娠後期(妊娠28週~36週ごろ)に入ると、大きくなった子宮に圧迫されて「胃のもたれやむかつき」「気持ち悪い」などの症状が現れることがあります。出産に向けたホルモンバランスの変化で、吐き気を感じることもあって大変です。これらの症状は一般的に「後期つわり」と呼ばれます。ただし、医学的な「つわり」には該当しません。

後期つわりの症状は吐き気や胸やけ、胃もたれ、胃痛などです。症状の現れ方や程度には個人差があります。妊娠期や子宮の大きさがそれぞれ違うからです。食べつわりだったのに、妊娠後期になったら急に吐き気がするという人もいます。妊娠初期に現れたつわりの症状と後期つわりの症状が違うこともよくあるのです。(※1)

後期つわりはいつから始まるのでしょうか。一般的には妊娠8ヶ月ごろに症状が出始める妊婦さんが多いと言われています。胎児が大きい妊婦さんの場合、7ヶ月頃から気持ち悪さを感じることもあるようです。後期つわりがいつ始まっても大丈夫なように、妊娠中期の終わりごろから準備しておくとよいでしょう。

(妊娠8ヶ月の注意点については以下の記事も参考にしてみてください) 

【妊娠8ヶ月】妊婦・胎児の状態は?症状や注意点!出産準備を万全に!体験談も

妊娠後期に気持ち悪い…後期つわりの原因は?

つわりは妊娠5週目~16週目ごろに、体に起こるさまざまな不調のことです。今のところはっきりした原因は解明されておらず、症状の解消法もほとんどありません。一般的には妊娠中に分泌される2つのホルモンが関係していると言われています。つわりを経験しない人もいるため、ホルモン以外の要因も考えられます。

後期つわりは原因がはっきりしています。吐き気や気持ち悪さなど、妊娠後期に消化器官の不調が出る原因は主に2つです。どちらも妊娠後期に入ってから出産に向けた母体の変化と大きく関係しています。

(吐きつわりについては以下の記事も参考にしてみてください) 

吐きつわりとは?いつまで続く?原因と対処法!食べ物は?体験談多数

1. 後期つわりの原因【 妊娠後期におけるホルモンバランスの変化】

kazukovalentineさんの投稿
17881258 1312482662134842 6741874417241948160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠後期になると子宮付近の血流量が急激に増えて、女性ホルモンの分泌も大きく変化します。特に関係するホルモンは2種類。母乳が出やすくなるよう妊娠中から乳腺の発達を促す「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と妊娠を維持するための「黄体ホルモン(プロゲステロン)」です。

お腹の中で胎児を育てるため、2つのホルモンの血中濃度が出産に向けて増加していきます。そのため、胃のまわりや胃腸内の筋肉がゆるんだ状態に。胃酸が逆流しやすくなり、「後期つわり」の症状である吐き気を感じやすくなります。

2. 後期つわりの原因【 妊娠後期における子宮の膨張】

臨月に入ってからも赤ちゃんはお腹の中でぐんぐん育ちます。子宮も膨張して腸や胃を圧迫するため、妊娠後期からは吐き気や気持ち悪さを感じやすい状態です。また、強い酸性の胃液が食道まで逆流しやすくなります。食道の粘膜が荒らされるので「後期つわり」の症状である胸やけにもなりやすいのです。(※2)

カズヤ先生

産婦人科医

妊娠ホルモンの影響により消化管に影響を与えます。 1つは下部食道括約筋という食道と胃を繋ぐ境目の部分があるのですが、ここは本来、胃酸が逆流しないように、食道から食べ物が胃に入れば、しぼんだり緩んだりして調整する器官です。ここがホルモンの影響で弛緩することで、胸焼けを起こしやすくなります。 次に、子宮が大きくなることで、胃が圧排されて、ムカつきや胸焼けを起こしやすくなります。 最後に、妊娠中はそもそも、消化管の蠕動運動機能が低下しやすくなるので便秘を起こしやすくなり、消化器系の症状が悪化する原因にもなります。

後期つわりはいつまで続くの?

関連する記事