【医師監修】着床後におりものが変化する?粘りや白さで妊娠の兆候かどうかわかる?

妊娠検査薬ではまだ反応が出ない着床直後。妊娠を希望としている方は待ち遠しい期間ですよね。そこで、おりものの変化で妊娠しているかわかるかもしれません。着床後のおりものはどのように変化するのか、量や色などについて詳しくご紹介していきます。

専門家監修 |産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 着床後におりものが変化するってどういうこと?
  2. 着床とは?
  3. 妊娠した時以外のおりものの役割は?
  4. 着床後のおりものの変化で妊娠がわかる!
  5. おりもの以外の、着床後の身体の変化は?
  6. おりもので気付ける病気
  7. 日頃からよくおりものを観察しておこう
妊娠した時の基礎体温グラフ実例!妊娠超初期の体温はどう変化する?

妊娠した時以外のおりものの役割は?

おりものとは子宮や膣から下りてくる分泌物をいいます。おりものの役割には女性の身体を守る大切な役割があります。普段おりものは膣内部のうるおいを保ち粘膜を守ったり、子宮や膣から出た汚れを排出したり、ばい菌を子宮内に侵入するのを防いだりしてくれています。さらに排卵期になると受精しやすいようにサポートしてくれています。

下着が汚れたり不快に感じるおりものですが、このようにおりものには自浄作用と受精サポートという必要不可欠な役割があるのです。生理周期になるとおりものは量が少ないと感じる、または増える、粘り気が増える、塊がでる、色がつくなどの変化があります。

通常時のおりもの

一般的な通常時のおりものは、少し粘り気があり色は無色透明か白色なのが特徴です。臭いは生臭いような酸っぱく感じます。普段のおりものをよく観察して知っておくと生理周期の変化や着床時の変化にも早くに気付くことが出来るかもしれません。

生理前のおりもの

生理前のおりものは「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」と3つに分かれて変化していきます。生理直後から排卵前までを「卵胞期」といい、この時期には水っぽく粘りが無くサラサラしていて量が少ないのが特徴。色は少し白っぽいです。(※4)

排卵前後の「排卵期」になるとトロトロした粘りが出てきて量は最も増えるとされています。色は白色から無色透明に変化します。ドロッとしたおりものの塊が出てくることがあります。塊が出ると驚いてしまいますが、ほとんどが正常なおりものです。おりものの塊が出たらそれは排卵のお知らせとお考え下さい。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/602849100099363323/

最後に排卵後から生理前までを「黄体期」といい、この時期になると受精をサポートをする必要がなくなるので粘りは無くなりサラサラとした状態に戻り、量は少ないのが特徴です(※4)。色は無色透明から濁ったような白色に変化します。生理直前になるとまた、おりものが増えることもあります。

着床後のおりものの変化で妊娠がわかる!

着床後は妊娠超初期症状が現れ、その症状の中におりものの変化があげられます。日頃からおりものを観察していると変化に気付けるのではないでしょうか。次にご紹介するおりものの変化は妊娠に気付ける兆候の一つ。いつもの生理前のおりものと比べてみてください。着床にあたるタイミングでご自身が「いつもと違うな?」と思ったら妊娠かもしれません。

しかし個人差があるので全ての人にあてはまるわけではありません。変化が見られなくても問題はありませんので安心してくださいね。

着床後のおりものの色は?

生理前のおりものの色は無色透明か濁った白色であることが一般的です。着床するとおりものの色が変化する場合があります。

●ピンク
●茶色
●黄色
●クリーム色

ピンクと茶色のおりものは心配になるかもしれませんが、着床出血による血液がおりものと混ざったことで変化したものの可能性があります。このようにおりものの色に変化があれば妊娠のお知らせかもしれません。

関連する記事