無排卵月経とは?特徴や原因!生理が来てても排卵してない可能性あり!

【医師監修】生理は来ても排卵がないから妊娠しない…こういった症状を「無排卵月経」と言います。この「無排卵月経」は排卵障害と呼ばれる症状で、症状の発見は実際に妊娠しにくいからと受けた不妊治療の際に見つかる場合が多いです。妊娠を希望するなら治療していくべき症状になります。

専門家監修 | 産婦人科医 mari先生
名古屋大学病院に8年間勤務。薬剤師になり1年間後に医学部に入学。病院薬剤師として勤務しながら医師免許を取得。(薬剤師23歳で取得、医師29歳で取得) 産婦人科専門課程、妊婦授乳婦サポート薬剤師、...
名古屋大学病院に8年間勤務。薬剤師になり1年間後に医学部に入学。病院薬剤師として勤務しながら医師免許を取得。(薬剤師23歳で取得、医師29歳で取得) 産婦人科専門課程、妊婦授乳婦サポート薬剤師、スポーツファーマシストの専門課程修了

目次

  1. なかなか妊娠できないのは無排卵が原因?
  2. 無排卵月経とは?
  3. 無排卵月経の原因
  4. 無排卵月経は別の病気と併発することも
  5. 無排卵かどうかを調べるには?
  6. 無排卵月経が疑われる生理とは?
  7. 無排卵月経でも妊娠できる?
  8. 無排卵月経の対策と治療
  9. 無排卵月経は早めに治療しよう

なかなか妊娠できないのは無排卵が原因?

「きちんと生理は来ているのに妊娠できない」という悩みを抱えている妊活中の女性も多いですよね。実は、毎月生理が来ていても排卵をしていない「無排卵」の状態であることから、妊娠できない状態に陥ってしまっている可能性があります。そこで今回ご説明するのは、無排卵の状態で起きる生理「無排卵月経」の特徴や原因などについてです。

mari先生

産婦人科医

無排卵は誰にでも起こる可能性があります。無排卵を知るには基礎体温の計測が重要です。無排卵では妊娠は不可能です。妊娠できない原因が無排卵であれば、適切な治療排卵させる事は十分に可能です。今回は無排卵がどの様なものなのかを説明していきます。

無排卵月経とは?

排卵が無い状態で起こる生理「無排卵月経」は「無排卵性周期症」とも呼ばれています。無排卵月経にはさまざまなケースがありますが、定期的に生理が来ているという女性も多いものです。そのため排卵をしていない状態であることに気付きにくく、不妊の原因のひとつだとされています(※1)。「妊活をして無排卵月経に初めて気付いた」という方も多いでしょう。

無排卵月経の特徴

無排卵月経の特徴としては生理周期や生理の期間、経血量が不安定であることが挙げられます。生理が始まったばかりの思春期や生理が終わりを迎えようとする更年期においては、これらの症状がみられても心配はいりません。しかし、20代・30代の健康な女性の生理がこういった状態である場合には「無排卵月経なのでは?」と疑いを持つ必要があります。

無排卵だと生理が来ないことも

無排卵であっても、必ずしも生理が来るとは限りません。排卵が起きていない場合には全く生理が来ない「無月経」という症状がみられることもあります。無月経の状態であれば無排卵の可能性に気付きやすいので、比較的早期に治療に取り掛かることができるでしょう。

無排卵月経の原因

ここからご説明するのが、無排卵月経が起こる原因についてです。「なぜ無排卵月経が起こるの?」とその原因が気になっている女性の方も多いでしょう。実は、無排卵月経の原因は複数あります。無排卵月経の可能性がある方は、こちらを参考に無排卵月経の原因を考えてみてくださいね。原因を把握することは、効果的な治療を受けるための第一歩になります。

生活習慣の乱れ

無排卵月経の原因としてまず挙げられるのは、生活習慣の乱れです。栄養バランスの偏った食生活や運動不足、睡眠不足はホルモンバランスの乱れや卵巣機能の低下を招く可能性があります。「ダイエット中に無排卵月経になった」「仕事が忙しい時期はいつも生理が乱れる」という女性も少なくありません。

また、過度のストレスも無排卵月経を引き起こす恐れがあります。日々の生活にはストレスを解消できるゆとりを持つよう心がけましょう。

薬の副作用

関連する記事