妊娠超初期のおりものの特徴は?色やにおいは生理前とどう違う?危険な状態もある?

【医師監修】妊娠超初期症状のひとつにあげられる「おりもの」ですが「もうすぐ生理かな?」など、身体の症状を知らせてくれる重要な役割をしています。妊娠超初期におりものに出る症状と、生理前とどのように違うのか、潜んでいる危険などもご紹介します。

専門家監修 |内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 生理を迎える頃に始まるおりものの役割って?
  2. 妊娠超初期症状でのおりものの変化
  3. おりものが妊娠超初期に変化するのはなぜ?
  4. 妊娠超初期と生理前のおりものの色やにおいはどう違う?
  5. 妊娠超初期症状か生理前かを判断するには?
  6. 注意すべきおりものの状態は?
  7. おりものが多いときの対処法
  8. 妊娠超初期症状を感じたら身体を大切に

PMS(月経前症候群)や生理痛と同じように妊娠超初期症状で腹痛が出ることがあります。お腹の下の方、子宮あたりが痛むのはどちらも同じ症状ですが、痛み方や時期が生理と同じためどちらの腹痛なのか痛みだけでは判断が難しいところです。

おりものが多いときの対処法

おりものが最も増えるといわれている生理前一週間。快適に過ごせるにはどうしたらよいのでしょうか。

おりものが多いのは生理1週間前くらいから

季節や体調などでおりものが増えることが気になる女性は多いことでしょう。特に生理1週間前からはおりものが出る感覚にびっくりする人も多いでしょう。妊娠超初期症状のおりものはもっとサラサラしているため大変です。女性の身体は本当にデリケートで大変ですよね。

下着を清潔に保つ

おりものの量が多いときも下着を清潔に保つため、パンティライナーも便利ですが、布ナプキンもおすすめです。せっかくの身体からのサイン、おりものと上手に付き合っていきましょう。妊娠初期は抵抗力も弱り、感染症の危険も増すのでおりものをそのまま放置するのはやめましょう。

洗いすぎないように気を付ける

おりもののにおいや量が気になり、綺麗に洗いたいところですが洗いすぎは厳禁です。膣の中は強酸性で自ら細菌の侵入や繁殖を防いでいますが、洗いすぎにより強酸性が薄まり自浄作用が弱ってしまいます。

においも同じく、においのもとは細菌であるため、洗いすぎることでさらににおいを増やす原因になってしまいます。弱酸性の石鹸、ボディソープかデリケートゾーン専用の石鹸を使用してやさしくていねいに洗いましょう。

妊娠超初期症状を感じたら身体を大切に

普段から疲労やストレスで変化しやすい女性の身体。妊娠超初期は抵抗力も落ちるため感染症などにもかかりやすくなります。これまでにご紹介してきたおりものの状態などから妊娠超初期症状を感じたら、まずは妊娠している前提での行動をおすすめします。

関連する記事