妊娠初期の「お腹の張り」の原因と対策!下腹部痛を伴うと危険?

【医師監修】妊娠初期によくみられるお腹の張りは、万が一流産になってしまう恐れもあります。初めてのママにとってお腹の張りは大丈夫なの?と心配になります。妊娠初期の「お腹の張り」の原因と対策、下腹部痛を伴うと危険などについて、ドクターの指摘を交えて説明します。

専門家監修 |内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 妊娠初期の「お腹の張り」とは?
  2. 妊娠初期に起こるお腹の張りの原因は?
  3. 妊娠初期のお腹の張りの対策
  4. 妊娠初期のお腹の張りや体の変化はいつ頃はじまる?
  5. 妊娠初期の下腹部痛を伴うお腹の張りは危険なの?
  6. 妊娠初期のいつもと違うお腹の張りや痛みについて
  7. 妊娠初期のお腹の張りについて病院に相談したほうがいいの?
  8. 妊娠初期のお腹の張りの安全な対処法
  9. 妊娠初期中のお腹や妊婦として気を付けたいこと
  10. 妊娠初期中のリラックス方法
  11. 妊娠初期のお腹の張りを解消してリラックス

妊娠に気づいたら薬は慎重に使用しましょう。胎児の臓器が形成される時期は、薬による影響が大きいといわれています。薬を使用する際は必ず薬剤師に相談し、許可を得てから服用しましょう。薬は成分として体内に蓄積していくものもあります。何回も服用している薬があれば、担当医や薬剤師に相談し安全を確認しましょう。

妊娠初期中のお腹や妊婦として気を付けたいこと【激しい運動】

激しい運動は禁物です。走ったり体がぶつかったりするスポーツは、お腹の痛みを強くしてしまう可能性があります。一方、緩やかな運動は便秘を解消してくれるだけでなく、リラックス効果もあるので気分転換に最適です。おすすめの運動法は、ウォーキングやヨガなどゆっくりでもできる運動です。

リラックス効果や便秘解消が期待できるような軽い運動をして健康状態をよく保ち、体調を崩さない強い体を作りましょう。

妊娠初期中のお腹や妊婦として気を付けたいこと【お酒】

妊娠が分かったらすぐにお酒をやめるようにしましょう。妊娠に気づかないまま飲酒をしてる方は多くいます。出来れば妊活を開始した時点でお酒を飲まないようにした方がいいでしょう。飲酒は妊娠中の赤ちゃんに影響があり、胎児性アルコール症候群や流産の危険性を高めます。

妊娠初期中のお腹や妊婦として気を付けたいこと【カフェイン】

カフェインはタバコ、お酒、薬ほどの悪影響はありませんが、大量摂取するとやはり流産の危険性があります。カフェインも妊活を開始したときに摂取する量を少なくすることが重要です。

妊娠初期中のリラックス方法

妊娠中におすすめのリラックス方法は、お風呂に入ったり、好きな音楽を聴いたり、昼寝したりすることです。日常の疲れを取り不安な気持ちをなくすと良いですよ。リラックスするとストレスが和らぎ、気持ち良い生活が送れます。

一番は自分の趣味を思う存分楽しむことです。場合によっては妊娠生活中には行えないことかもしれないですが、行える範囲で趣味を楽しみましょう。いつもよりイライラすることもありますが、そんなときは焦らず落ち着くことが大事です。

妊娠初期のお腹の張りを解消してリラックス

体に負担をかけずに生活することが何よりも重要です。リラックス法は一人一人違いますので、自分に合った方法でリラックスし、お腹の張りを和らげることに心がけましょう。便秘も普段の食生活を整えることで改善することができます。普段から体調には気を使い、異変にすぐに気づけるようにして、病院に相談しましょう。

関連する記事