ベビーカーのハンドルカバーおしゃれで人気の20選!様々な種類を紹介!

ベビーカーのハンドルカバーは様々な種類が売られていますが、実際にどんなものがいいのか選び方が難しいですよね。この記事の前半ではベビーカーのハンドルカバーの必要性と選び方を、後半では口コミで人気のものや先輩ママおすすめの商品を20選ご紹介します。

目次

  1. ベビーカーのハンドルカバーとは
  2. ベビーカーのハンドルカバーの必要性
  3. ベビーカーのハンドルカバーの選び方
  4. 人気のベビーカーのハンドルカバーおすすめ20選!
  5. ベビーカーのバンドルカバー「シングルハンドル用」
  6. ベビーカーのハンドルカバー「ダブルハンドル用」
  7. 赤ちゃんのセーフティバーカバー
  8. 赤ちゃんのセーフティバーカバー「おもちゃ付き」
  9. ベビーカーのハンドルカバーでお出かけをもっと楽しく!

ベビーカーのハンドルカバーとは

出典:https://www.pinterest.jp/pin/643662971719458956/

ベビーカーのハンドルカバーとは具体的にどのようなものを指すのでしょうか。ベビーカーのハンドルカバーは大きく分けて2種類あります。ひとつはママがベビーカーを押すときのハンドル部分のカバーで、もうひとつは赤ちゃんが座って落ちないようにするセーフティバー部分のカバーです。

この記事の前半ではハンドルカバーの必要性や選び方のポイントをご紹介します。そして後半ではそれらのポイントを踏まえた、おすすめ人気商品を20選一挙にご紹介していきます。先輩ママ達の口コミもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ベビーカーのハンドルカバーの必要性

ベビーカーのハンドルカバーをわざわざ買う必要があるのかと、疑問に思うママも多いことでしょう。実際、ハンドルカバーがなくても、ベビーカーを安全に使用するうえでは問題ありません。しかし、ベビーカーのハンドルカバーを購入したママ達からは「買ってよかった」という口コミがたくさんあがっているのです。

ハンドルをいつも清潔に保てる

1番の理由としてはハンドルカバーをすることにより、ハンドルを清潔に保つことができるというものです。夏場は汗をかきやすいですし、外出時には汚れも付きやすいものです。セーフティバーは赤ちゃんが触ったりよだれが付きやすいので、取り外して洗えるカバーはとても便利です。

ハンドルカバーは防寒・目印にも

ベビーカーのハンドルカバーとグローブが一緒になったているものは、冬の防寒対策にもなります。また、暗い色が多いベビーカーでも、かわいいデザインのハンドルカバーを付ければ、ベビーカーを個性的でおしゃれに変身させられます。一目で自分のベビーカーとわかる様、目印としても活躍しそうです。

ベビーカーのハンドルカバーの選び方

ベビーカーのハンドルカバーやセーフティバーカバーは、様々な材質やデザインのものが出ています。子育てで忙しいママには丸洗いできたり、着脱が楽なものがおすすめです。ここでは、ハンドルカバーを選ぶ時のポイントをいくつかご紹介します。

肌触りのいい素材を

色々な素材のものがありますが、特に赤ちゃんが触れるセーフティバーのカバーは、コットンやガーゼ生地がおすすめです。肌触りが良く、汗やよだれをしっかり吸収してくれる上に、手洗いができるので子育て中のママにはぴったりです。また、ハンドルグリップ部分に使用するカバーはしっかりした生地を選ぶと、長く使うことができますね。

取り付け・取り外しが楽なものを

関連する記事