妊娠初期に空腹感が続く原因は?気持ち悪い時の対策法・注意点を紹介!

妊娠初期に、空腹が続いてつらいということはありませんか?妊娠初期の空腹の原因、空腹に伴って起こる吐き気・胃痛などの対策法や、注意しなくてはいけない点について解説します。また、妊娠初期の空腹を乗り越えた先輩ママの体験談も紹介するので、参考にしてみてください。

目次

  1. 妊娠初期の空腹がつらい…
  2. 妊娠初期の空腹の原因は?
  3. 妊娠初期の空腹に耐えられない時の対策法
  4. 妊娠初期の空腹時の注意点
  5. 妊娠初期の空腹…どう乗り越えた?〜先輩ママの体験談〜
  6. 妊娠初期の空腹…気楽に考えて

妊娠初期の空腹がつらい…

妊娠初期にはさまざまな症状が出ます。つわりや眠気など、これまでとは違った体調に悩むママは多いのです。食欲が増し、空腹状態のことが多くなることも妊娠初期の症状にはよくあります。

空腹状態では吐き気を催して気持ち悪いという状態を、食べづわりとも言います。また、空腹状態が続いたり、空腹による食べ過ぎで胃痛に悩まされるママも多いでしょう。そういった妊娠初期におとずれる空腹と、それに付随して起こる状態や悩みについて解説していきます。

空腹の原因や、空腹を耐えるための対処法、吐き気や胃痛の症状が起こった際の注意点なども紹介するので、参考にしてみてください。

女性

20代後半

妊娠すると、つわりで食欲が落ちるものだと思ってたら、逆だった。お腹が空いて、食欲が増えてびっくりした。調べたら、そういう人も結構いて安心しました。先輩ママの体験談を聞いて、参考に対策を立てていたらおさまりました。

(つわりの種類や症状については以下の記事も参考にしてみてください)

つわりの症状まとめ!妊娠初期以外もある?タイプ別10の対処法!

妊娠初期の空腹の原因は?

妊娠初期は、身体のしくみが変わるといいますよね。妊娠初期の空腹は何が原因なのでしょうか。空腹の原因について解説します。

妊娠初期の空腹の原因【血糖値が下がる】

妊娠初期の空腹の原因として、血糖値を下げるホルモンの存在が考えられます。このホルモンは、妊娠時ではなくとも食事をとると、その後の血糖値を下げるために分泌されるものです。しかし、妊娠初期にはこの血糖値をさげるホルモンの分泌量が多いと言われています。

血糖値を下げるホルモンの分泌量が多いと、血糖値が不足していると感じた身体がそれを補うべく食べ物を必要とします。そして、空腹状態を感じさせるのです。

妊娠初期の空腹の原因【体内に必要な栄養バランスの変化】

妊娠初期は必要としている栄養素がこれまでと異なるため、その栄養を取るために身体が空腹を訴えます。赤ちゃんを育てるためには多くの栄養が必要です。カルシウムやビタミン、ミネラルなど、妊娠時に不足しがちな栄養素はたくさんあります。

また、葉酸なども妊娠時に必要と言われる栄養素ですよね。これまでに意識していなかった栄養素も必要になります。人間は必要な栄養素が足りていないと空腹の症状が出てしまうのです。逆に、栄養素をしっかり摂取できていれば空腹を感じることは少なくなります。

妊娠初期の空腹の原因【妊娠初期に分泌されるホルモン】

妊娠した際に分泌され始めるHCGホルモンは、空腹やつわりなどの症状の原因になっていると考えられています。このHCGホルモンは、妊娠してから妊娠15週ほどまで分泌されているのです。この15週というのが一般的なつわりの時期と一致しているため、つわりなどの症状はこのホルモンが関係している可能性があるでしょう(※1)。

妊娠初期に起こる症状として、食欲がなくなるつわりや、匂いに敏感になり吐き気がするつわりがあります。そういったつわりの種類のひとつが、空腹を感じたり、食べ物を食べないと吐き気がするタイプです。空腹を強く感じるうえに吐き気の症状もある場合は、このホルモンの影響が考えられます。

妊娠初期の空腹の原因【妊娠継続に必要なホルモン】

妊娠状態を継続するためのホルモンは、内臓系の働きに変化を起こし、空腹や胃痛に関連していると言われています。空腹状態が続くママの中には、同時に吐き気や胃痛の症状に悩む人も多いです。こういった症状はすべて内臓の状態や働きが関係しています。

そのため、妊娠時に分泌されるホルモンであり、なおかつ内臓系の働きに関係しているホルモンの影響が強く出ている可能性もあります。胃の状態が悪いと感じているのであれば、この可能性は高いでしょう。

妊娠初期の空腹の原因【自律神経の乱れ】

妊娠初期の自律神経の乱れも、空腹には関係します。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この二つの働くバランスによって活発に活動ができたり、リラックスして休むことができるのです。この自律神経は精神的にストレスがかかると乱れやすくなります(※2)。

自律神経が乱れて副交感神経の働きが活発になると、胃腸の動きも活発になって眠気の原因にもなります。胃腸が活発に動くと空腹を感じやすくなり、胃液の分泌が多いと胃痛の原因にもなるのです。

(妊娠初期のイライラについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期のイライラの原因は?いつまで続くの?ストレス解消法は?

妊娠初期の空腹に耐えられない時の対策法

空腹が続くとつらいですよね。そんな空腹に耐えられないときの対策をいくつか紹介します。自分に合ったものを試してみましょう。

空腹に耐えるための対処法【食事を小分けにする】

一日にとる食事の回数を増やし、一度に食べる食事の量を少なくしましょう。食べる量を増やさないようにするためには、なるべく小分けにして回数を増やしたほうがお腹はすきにくくなります。食事と食事の間が空くほど、空腹は感じやすいでしょう。

一日に三食が一般的ですが、倍以上の回数に増やすのも効果的です。時間に余裕があれば、もっと回数を増やしてもいいでしょう。食べる量を変えずにすむという点では、行いやすい対処法です。一方で、仕事をしている場合は時間的な余裕があまりないので、自分にできる範囲で試してみましょう。

主婦

20代前半

一日に十食くらい食べてました。空腹になるたびに食事をとると、確実に体重が増える。体重が増えるのが怖くて、食べる量を変えたくなくて、でもあまりにも空腹が続くと気持ち悪いので、食事の回数を十回に増やしました。かなり効果がありました。

空腹に耐えるための対処法【低カロリーの物を食べる】

空腹に耐えるための対処法として、低カロリーの物を選んで食べるのも効果的です。空腹による食べ過ぎで気になるのは、やはり体重増加ですよね。その体重増加を抑えながらも食べる量を増やしたい場合には、低カロリーのものを選びましょう。

低カロリーの物を選ぶことは、体重増加を抑えるだけではなく、空腹と食べ過ぎに悩むママの罪悪感も抑えてくれます。空腹もつらいですが、体調管理をしながら食べるのもストレスが溜まりますよね。少しでも心を軽くするために、低カロリーの物を選びましょう。

看護師

20代後半

妊娠初期はずっとお腹が空いている状態でした。とにかく食べても大丈夫なものを考えて、寒天を食べてお腹を膨らませていました。カロリーが高いものはやはり抵抗があって、気にしすぎてストレスになってしまう気がしたので。

空腹に耐えるための対処法【時間をかけて食べる】

空腹を抑えて満腹感を味わうための対処法は、時間をかけて食べられるものを選ぶことです。噛み応えのあるものや飴など、時間をかけて食べられるものを選びましょう。時間をかけることで満足感が得られますし、自然と食べる量も減ります。

また、同じものを食べるときでもよく噛んで食べましょう。よく噛んで唾液の分泌量が増えると、満腹中枢が刺激されます(※3)。妊娠初期に空腹を感じやすいママは「満腹感を感じない」という人も多いので、そんなママにおすすめの対処法ですよ。

女性

30代後半

お腹をいっぱいにしたいわけじゃなくて、とにかく空腹の時間が辛かった。私は、少しでもお腹に物が入っていれば吐き気は平気でした。ただ空腹になりやすいし、空腹になると気持ち悪いから、口の中に物をいつでも入れておける状態にしたよ。

空腹に耐えるための対処法【不足しがちな栄養を摂取する】

空腹を抑えるためには、不足しがちな栄養を摂取することを心がけましょう。何かしらの栄養素が不足していると、空腹をより感じやすくなります。空腹を感じること自体がつらいというママは、原因そのものをおさえることができる可能性がありますよ。

また、葉酸などの栄養素は必要なので、空腹時に摂取することで栄養不足を解消できます。必要な栄養素を取り入れていると考えれば、食べ過ぎによる罪悪感も薄らぐでしょう。栄養不足になりがちなものを用意しておくといいですね。

(妊娠初期の過ごし方については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の過ごし方とは?食生活やつわり、流産など9つの注意点!

空腹に耐えるための対処法【一口でカロリー摂取】

血糖値が下がって空腹になっている時には、一口でカロリーを摂取できるものを選ぶといいでしょう。空腹時が続いている状態だと、体重増加を避けるためにもカロリーの低い食べ物を選びますよね。しかし、血糖値が下がっている状態であれば、カロリーの高いものを少量食べるのも効果的です。

一口サイズのチョコレートだけでも空腹がおさまることがあるので、試してみてください。少量なのであまり気にせずに食べることができますよ。

空腹に耐えるための対処法【炭酸水を飲む】

空腹に耐えるための対処法としては、炭酸水を飲むのもおすすめです。水分はお腹に満腹感を与えるので、空腹が続くときには試してみましょう。水でもかまいませんが、炭酸水のほうが炭酸の効果で満腹感が長く続きます。

さらに、炭酸水は胃を活性化する効果もあります。空腹後の食べ過ぎによって胃もたれを起こしている状態には、炭酸水は効果的ですよ。カロリーの高い飲み物や、冷たい飲み物は避けましょう。炭酸水は常温で飲むのがおすすめです。

主婦

30代前半

私はお腹が空いたら水とか炭酸水飲んでたよ。カロリー気にしなくていいし、お腹も満たせるし手間も少ないしちょうどよかった。個人的には炭酸水がおすすめだけど、きつい炭酸は胃が弱い人はやめたほうがいいらしいよ。

空腹に耐えるための対処法【短時間の入浴】

空腹の症状を和らげるためには、長時間の入浴を避け、短時間の入浴を心がけましょう。長時間の入浴はカロリーを消費し、身体がそのぶん空腹を感じます。なるべく短時間の入浴を行いましょう。

また、空腹だけではなく胃痛や吐き気を感じている人は、シャワーだけですませないようにしましょう。シャワーだけだと身体が冷えやすく、胃の働きにあまりよくありません。短い時間であってもしっかり体を温めましょう。

空腹に耐えるための対処法【昼寝・早寝をする】

空腹に耐えることが難しいと感じている人は、昼寝や早寝という対処法もあります。寝ている時間は空腹感を感じにくいので、寝る時間を増やして空腹を耐えるママも多いのです。あまりにも空腹状態が続くようであれば、一口何かを食べてすぐに寝てやり過ごすという手段があります。

これだけでは空腹期間を耐えることは難しいので、他の対処法と併用してみましょう。これ以上量を食べられないという時に試してみてください。

主婦

20代前半

私の空腹対策は、ひたすら寝ることだったよ。もともと体重を気にしてたのもあるし、妊娠初期のころは眠気もひどかったから、寝て空腹がごまかせるならちょうどいいじゃんって思った。寝ても寝ても眠気はなくならなかったけど、空腹対策だと思えば気持ちが楽になったよ。

(妊娠初期の眠気対策については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の眠気はいつまで続くの?原因や対策を知っておこう!

空腹に耐えるための対処法【アロマをたく】

空腹に耐えるためには、アロマの香りも効果的です。アロマの香りには様々な効果がありますが、中には食欲を抑制してくれる香りもあるため、食べ過ぎ予防にもなるでしょう。グレープフルーツやキンモクセイ、ペパーミントに食欲抑制効果が期待できますよ。試してみてください。

アロマはリラックス効果もあるので、妊娠中にはおすすめです。しかし、匂いによるつわりがある人は、気持ち悪いと感じる可能性も高いので注意しましょう。

空腹に耐えるための対処法【枕元に食べ物を置く】

空腹や吐き気に耐えるためには、枕元にすぐに食べられるものを置いておくのがおすすめです。空腹がひどい人のなかでも、空腹になると吐き気を感じてしまうタイプのつわりのママは、起床時に気持ち悪い場合が多いです。

起きてから、気持ち悪い状態で食べ物を用意するのは大変ですよね。吐き気がおさまらないと、動くのもつらいでしょう。寝起きに気持ち悪い状態にならないように、起きてすぐに食べられるものを枕元に準備しておくといいですよ。

販売職

30代前半

寝起きに眠気と空腹で気持ち悪いのがつらかったです。なので、常に枕元には飴を置いておきました。寝起きに吐き気がしても、飴をなめて、気持ち悪いのが治まったら、そのまま飴をなめながら動けばいいので便利でしたよ。

空腹に耐えるための対処法【食べて運動する】

食べ過ぎを防ぐのではなく、食べた後に運動をするという方法もあります。食べ過ぎはカロリーの摂りすぎや、体重の増加が心配ですよね。そのため、食べる量を増やしてもその後に運動を心がけている人も多いのです。

しかし、妊娠初期の段階ですから、無理はしないようにしましょう。運動も激しいものは避けましょう。さらに、自分の身体に違和感があったら、運動はしないほうがいいですよ。体調管理に気を付けながら運動をするといいでしょう。

(妊娠初期の運動については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期に運動はしていい?どれくらい?おすすめの方法と注意点!

空腹に耐えるための対処法【あたたかいものを飲む】

空腹の状態が長く続いているときには、胃痛にもなりやすいです。そんな胃痛の対処法として、あたたかいものを飲みましょう。季節によっては冷たい飲み物を飲みたくなる時もありますが、冷たいものは胃への負担が大きいです。

あたたかいものか常温のものを飲むようにしましょう。また、睡眠前にあたたかいものを飲むことによって、リラックスすることができ、身体も温まります。そして、良質な睡眠をとりやすいという嬉しい効果も期待できるのです。

(妊娠初期の注意点については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期に気をつけること20選!過ごし方の注意点や中期以降の準備など!

妊娠初期の空腹時の注意点

妊娠初期の空腹時の行動や、妊娠初期に空腹が続くときの注意点を紹介します。参考にしてみてください。

妊娠初期の注意点【炭水化物のとりすぎ】

妊娠初期の空腹時には、炭水化物の摂りすぎに注意しましょう。妊娠初期の空腹の原因には血糖値の低下が考えられます。血糖値を上げるために、身体は炭水化物を欲しいと感じるようになるのです。

しかし、炭水化物は体重の増加にもつながりやすく、カロリーも高いものが多いです。炭水化物は普段の食事でも十分にとっていることが多いので、空腹を感じたときに炭水化物で空腹を満たしてしまうと、炭水化物を摂りすぎる可能性は高くなります。

妊娠初期の注意点【体重増加】

空腹が続くと、やはり食べる量も多くなります。体重増加には注意しましょう。妊娠すると羊水や胎盤の重量が加わりますし、赤ちゃんも大きくなるので自然と体重増加が起こります。

急な体重増加は身体によくありませんし、妊娠後期に食生活の制限を受ける可能性もあるでしょう。しかし、つわりの苦しさもありますよね。空腹を耐えすぎたり、体重増加を気にしすぎると、ストレスになってしまいます。体重増加についても、心配なママは医師に相談しましょう。

美容師

20代後半

空腹に負けてついついたくさん食べちゃった。健診の時に先生から注意されたよ。なるべくこまめに食べるようにはしてたけど、全体的に見たら食べる量が増えてたみたい。もっと体重意識すればよかった。でも赤ちゃんは元気に生まれてきてくれた。

妊娠初期の注意点【胃薬】

胃痛がひどいと、やはり胃薬を飲みたいですよね。しかし、妊娠初期は赤ちゃんの様々な器官が形成されており、薬の服用は影響を与える可能性が高いと言われています。薬を飲むのが心配なママも多いですよね。

妊娠が発覚する前に服用した胃薬はほとんど影響を及ぼさないと言われますが、妊娠がわかってからは気を遣うようにしましょう。胃薬と言っても成分は様々なので、医師や薬剤師に相談するのが望ましい対応です。薬の容量用法は守りましょう。

会社員

30代前半

薬はよくないって思い込んでいたのですが、胃痛がひどいときに医師に相談したら、妊娠中でも大丈夫なものをすすめてくれました。医師に言ってもらえると安心して飲めます。あまり胃痛がひどいと食欲がなくなるときもあるので、結果よかったです。

妊娠初期の注意点【夜食】

睡眠の前に空腹の状態はつらいですが、夜食を食べるときには注意が必要です。眠気があったとしても、空腹の状態では眠りにつきづらいですよね。なにか食べたほうが眠りにつきやすいでしょう。しかし、眠る前の食事は胃への負担が大きいので、胃痛や吐き気の原因にもなります。

刺激物や大量の食べ物は避け、なるべく少量で空腹を満たしましょう。あたたかい飲み物やスープはお腹にたまりますし、胃への負担も少ないので夜食としておすすめですよ。

主婦

40代

妊娠初期は食事の準備をするときに、少しずつ食べられるものを作り置きしました。空腹が続くと辛く、欲しいときにすぐ食べたいし…。毎回作るのも負担になります。夜は少量だけがよかったので、この方法はおすすめです。

妊娠初期の注意点【刺激】

刺激の強いものは満腹感を得やすいですが、妊娠初期は、刺激の強い食べ物は注意が必要です。刺激物の中には、美味しいものがたくさんありますよね。好きな女性も多いです。しかし、刺激の強い食べ物は内臓系に負担がかかってしまいます。

負担がかかると胃痛や吐き気が起こること可能性が出るのです。空腹状態が多く、食事の回数が増えている状態であれば、胃への負担はいつもより減らしたほうがいいでしょう。刺激の強い食べ物は、控えめにしましょう。

妊娠初期の注意点【虫歯】

妊娠初期は虫歯になりやすいと言われています(※4)。妊娠時は体調の変化が起こりやすく、虫歯になりやすいママは多いです。さらに、妊娠初期のつわりで空腹を感じる人は食事の回数が増えるため、歯磨きをおろそかにしがちになります。

食事をこまめに分けることができるのであれば、なるべく時間を決めるのがおすすめですよ。食事の時間を決めることによって歯磨きの時間も決まるので、歯磨きのし忘れがなくなります。

妊娠初期の空腹…どう乗り越えた?〜先輩ママの体験談〜

妊娠初期の空腹に悩んできた先輩ママは、どのようにその時期を乗り越えたのでしょうか。体験談をご紹介します。

空腹の乗り越え方【食べ物を工夫】

パート

20代後半

私は昆布を常に準備してました。小さいからポケットに常に忍ばせておけるし、たくさん噛むからお腹いっぱいになります。噛む時間も長くかかるので、空腹をごまかせましたよ。出産後もお腹が空いたときのお供になってます。

OL

20代前半

無糖のヨーグルトを食べてましたよ。無糖ならカロリーが低いし、カルシウムも取れるのでおすすめです。飽きてきたら、ドライフルーツを入れたりしていました。ドライフルーツはカロリーは高いけど、満腹感が出るし気分も変わるので、たまにならいいと思います。

公務員

20代後半

妊娠時には、葉酸を摂取したほうがいいと聞いたので、葉酸タブレットを食べていました。食事でも取り入れる様にはしていましたが、足りていないと感じていました。空腹時はやはりお腹に何かいれたくなるし、栄養は取る必要があるので、一石二鳥です。

食べづわりや空腹の辛さを乗り切るために、食事に工夫をしたママが多いです。小さなものを時間をかけて食べ続けたり、低カロリーの物を考えて様々な食品を試しています。自分にベストな方法を見つけられればいいですね。妊娠初期に多い症状なので、対策を練っているうちに症状が治まる場合もあります。

空腹の乗り越え方【寝る】

主婦

30代前半

お腹が空いたときには、とにかく早寝をして耐える!寝ている間は空腹も気づかないからおすすめ。ただ、空腹のときってなかなか眠くならないから、眠ってしまうまでを耐えるのが結構大変でした。少しだけ食べてから寝るのがいいかもしれない。

寝ている間に空腹をごまかして乗り切るママもいますよ。妊娠初期の症状としては、眠気があり、どれだけ眠っても寝足りないというものもあります。眠気が強い人は、思い切ってたくさん寝てしまうといいですね。

空腹の乗り越え方【我慢しない】

会社員

30代前半

気にせず食べていました。体重は増えたので、少しお医者さんから注意されることはありましたが、その分安定期に入ってからはたくさん動きました。ストレスのない状態がよかったのか、元気に生まれてきてくれました。

空腹時には神経質になりすぎず、我慢しないという人もいます。また、食べないと気持ち悪い人の中には、我慢したくてもできないママも多いのです。体重の管理は大切ではありますが、同時にママにストレスがかからない環境も大切です。

妊娠初期の空腹…気楽に考えて

妊娠初期の空腹はつらいですよね。体調管理を意識すると、思うように食べることもできず、ストレスもたまるでしょう。しかし、ストレスも妊娠初期にはよくありません。体重管理に捉われすぎず、食べたときにもあまり罪悪感を持たないようにしましょう。

妊娠中は身体につわりなどの症状が起きやすいですが、精神的にも落ち込みやすくなっています。ため込みすぎず、気楽に考えることを忘れずに過ごしましょう。

関連する記事