不正出血はストレスが原因?ホルモンバランスの乱れが影響している?

【医師監修】生理の時期でもないのに出血すると不安になりますよね。不正出血の原因は様々ですが、ストレスが関与している場合が多いです。ストレスによる不正出血にはホルモンバランスの乱れが影響しています。不正出血とストレス、ホルモンバランスの関係、その対処法についてご説明します。

専門家監修 | 内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 不正出血とは?
  2. 不正出血の原因はストレス?
  3. ストレスによる不正出血の症状は?
  4. ストレスが原因の不正出血はホルモンバランスが影響している?
  5. ストレスによる不正出血は危険?
  6. ストレスによる不正出血の対処法は?
  7. ストレスによる不正出血の予防法は?
  8. 不正出血はストレスを解消することで防ぐことができる

不正出血とは?

不正出血とは、ホルモンの異常や病気などが原因となり、生理期間以外に性器から出血が生じることをいいます。大量の鮮血が出るケースもあれば、おりものに少量鮮血が混じる程度など、不正出血の症状もさまざまです。色は茶色になることもあれば、鮮血となることもあります。

腹痛などの自覚症状が生じる場合もあれば、そうではない場合もあるようです。不正出血は原因が病気である「器質性出血」と、病気ではなくホルモンバランスの乱れが原因である「機能性出血」に大きく分けられます。(※1※2)

不正出血の原因はストレス?

不正出血はストレスと密接に関連していることをご存じですか? たとえばストレスの多い生活を送っていると、生理不順になったり、不正出血が生じたりします。それによっておりものの色が変化することもあるようです。疲れやすいと感じる場合も、ストレスがたまっている可能性があるかもしれません。

不正出血の原因はストレスが最も多いですが、子宮系の病気が隠れていることがあるため、不安がある場合は病院を受診してください。

不正出血になることがさらにストレスの原因になり、症状を悪化させる場合もあります。特に茶色の不正出血や大量の鮮血が続いたり、おりものの変化で下着が汚れたりすると不快感を感じますよね。それによってストレスがたまり、疲れやすいと感じる原因にもなるようです。

腹痛が併発していたり、不正出血を繰り返したりする場合は、普段の生活習慣を見直してみましょう。

(不正出血の原因については以下の記事も参考にしてみてください)

不正出血と排卵出血の違いは?原因は?生理との見分け方も!

ストレスによる不正出血の症状は?

腹痛などの症状はない場合が多いですが、ストレスがかかっている状態のため疲れやすいと感じやすくなります。ストレスの原因が解消されないと、疲れやすい症状や不正出血が続くこともあるようです。

おりものに少量の鮮血が混じっているような場合は気づきにくいので注意しましょう。ストレスが原因となっているほか、子宮系の病気が隠れている場合は腹痛を併発することがあるようです。

ストレスが原因の不正出血の持続期間は?

ストレスが原因の不正出血の場合、出血は比較的短期間で終了することが多いようです。もしも不正出血が短期間で終わらず長く続く場合は、子宮系の病気が隠れている可能性があります。腹痛の症状がある場合も、注意が必要です。早めに病院を受診してください。

増田 陽子

内科医

ストレスが原因であっても、出血の長さは個人差があります。ですので不安な場合には直ぐに病院へ行きましょう。

ストレスが原因の不正出血の頻度は?

ストレスが原因の不正出血は、繰り返し起こる可能性があります。少量の鮮血がおりものに混じるだけの軽い症状の場合、疲れやすいと感じる程度で自覚症状はないようです。

疲れやすい症状や不正出血は、ストレスが解消されない限り改善されません。頻度が多い場合は普段の生活習慣を見直してみましょう。腹痛などの自覚症状がある場合は子宮系の病気の可能性もあるため、注意が必要です。

ストレスが原因の不正出血の色は?

ストレスが原因の不正出血の場合、茶色い出血やおりものに少量の鮮血が混ざっていることが多いです。茶色の不正出血になる原因は、血液の酸化にあります。子宮内膜が剥がれることによって不正出血が生じますが、時間の経過により血液と空気が接触することで、血液が酸化し茶色に変化するのです。

関連する記事