妊娠超初期の食べ物で避けるべきものは?体にいい栄養素・献立なども紹介!

妊娠超初期の食事で避けるべき&おすすめ食べもの・栄養素を紹介します。妊娠初期に食べ物の好みは変わる?摂りすぎに気を付けなければいけない食べ物は?妊娠超初期におすすめの献立・レシピも紹介するので、参考にしてみてください。

目次

  1. 妊娠超初期は食べ物の好みが逆になる?
  2. 妊娠超初期に避けるべき食べ物・栄養素10選
  3. 妊娠超初期におすすめの食べ物・栄養素6選
  4. 妊娠超初期におすすめの献立・レシピ5選
  5. 妊娠超初期は食べ物に気を付けて!

妊娠超初期は食べ物の好みが逆になる?

妊娠時には、食べ物の好みが逆になるとまでは言いませんが、食べ物の好みに関する変化が起こりがちです。

会社員

30代前半

小さいころから嫌いだった食べ物が、妊娠をきっかけに食べたくなりました。好きなものでも急ににおいがダメになることが多かったです。妊娠中に好きになった食べ物は、その後も好きなままなので不思議です。

妊娠中に起こった食べ物の好みの変化が、出産後にも影響を与える場合もあるようですね。

(つわりに効く食べ物については以下の記事も参考にしてみてください)

つわりに効く・悪化させる食べ物とは?おすすめの食事20選!

妊娠超初期に避けるべき食べ物・栄養素10選

妊娠超初期は、免疫力が落ちています。免疫力が落ちることでいろんな病気にかかる確率が高くなります。母体が病気になると赤ちゃんに影響がでる場合もあるため、免疫力が落ちている妊娠中にはできるだけ食べることを避けておきたい食べ物があるのです。

赤ちゃんを守るためにも避けるべき食べ物はおさえておくべき情報です。ここでは避けるべき食べ物・栄養素の10選を紹介します。

1.生肉

妊娠超初期には、生肉は身体に悪影響となる可能性があります。生肉など動物性の食べ物にはリステリア菌という菌が繁殖していることがあり、食中毒の原因となります。温度が低い中でも生き残る菌なので、肉を食べるときには、加熱して食べるようにしましょう。

2.魚介類

魚介類は、妊娠時には注意して食べましょう。魚介類のなかには、水銀を蓄えているものが存在します。水銀は胎児の発達に悪い影響を与えると言われていて、胎児の体が形成される妊娠超初期は特に魚介類の接種量には気を付けましょう。(※1)

主婦

20代後半

肉や魚は火を通せば問題ないと思ってましたが、魚もよくない症状が出ることがあるみたいなので、私は少なめにしました。魚は栄養も豊富なので、量を決めて、食べるときには気にせず食べてましたよ。

魚の種類によって水銀の含有量は異なります。種類での判断が難しい場合は、魚を食べるのは週2回ほどにとどめておきましょう。魚には体にいい栄養素もたくさんありますので、適量を守って楽しむようにしてくださいね。

3.生卵

栄養価の高い生卵も、体調を崩す恐れがあります。生卵には、サルモネラ菌という菌がついていることがあり、食中毒症状の原因になります。しかし、卵そのものは栄養価が高いので、食べること自体はおすすめです。調理する際に火を通して食べましょう。

接客業

30代後半

私は小さいころから親に言われて卵は洗って食べてました。それが当たり前だと思ってた。最近は基本大丈夫らしいけど、昔はばい菌とか心配されてたみたい。まぁ気を付けるに越したことないと思う。

近年では衛生面がより厳しくなっていることもあり、卵の殻を洗わなくてもあまり問題はありません。ただ、火は通しましょう。

4.ビタミンA

ビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんの先天奇形のリスクが上がるとされているのです(※1)。ビタミンAはレバーやウナギに多く含まれています。レバーなどは鉄分も豊富で、妊娠時には人気の食べ物ですよね。

女性

20代前半

ビタミンAとか、普通に体にいいと思ってた栄養素も、摂り過ぎたら良くないみたいでびっくりした。まぁどんなものも極端に食べちゃだめってことだよね。全体的にバランスよく食べるように気を付けよう。

食べ過ぎに気を付けることで問題はありませんが、多くてもレバーなどは週1回にとどめておきましょう。

5.ヨウ素

妊娠超初期は、ヨウ素(ヨード)を大量に摂取してしまうと赤ちゃんの甲状腺機能が低下してしまう恐れがあります(※1)。ヨウ素は、昆布などの海藻類に多く含まれている栄養素です。

一度に大量に摂取しなければ問題ありませんが、出汁に使われていることも多く、自分が思っている以上に食べている可能性もあるので気を付けましょう。

6.辛い食べ物

辛い食べ物は、妊娠超初期には避けましょう。辛い食べ物は胃や腸に刺激を与え、胃痛や吐き気の原因になることがあります。また、味付けが濃く塩分が高いものが多いため、高血圧になる恐れがあります。辛いものが好きなママは、辛さ控えめの物をたまに食べる程度にしておきましょう。

保育士

30代前半

今まで何ともなかったというかむしろ好きだったのに、妊娠してから辛いもの食べると、次の日腸の具合が悪かった。それからは控えるようにしたけど、本当に体質が変わったというか過敏になったのかなと思う。

これまで問題なく食べていたものも、急に苦手になる場合があります。

7.インスタント食品

インスタント食品は体に影響を与える特定の栄養素が入っているわけではありませんが、おすすめできません。インスタント食品には塩分や油分が多く含まれ、むくみや高血圧の原因にもなってしまいます。

また、栄養価が低く、栄養を摂りたい妊娠超初期にはあまり向いていない食べ物と言えるでしょう。

パート

20代後半

私は妊娠中は、制限をなるべくつけないようにしました。ストレスたまるのも良くないし、神経質になりすぎないようにするのがいいと思う。インスタント食品も、もちろん食べ過ぎはだめだけど、ある程度なら楽しみの一つとしてありだよ。

好きなものを完全に断つのはストレスもたまります。たまに食べるくらいであれば問題はありません。

8.スナック菓子

スナック菓子も、妊娠超初期には控えめにしておきましょう。少量のスナック菓子でも、塩や砂糖が多く使われています。体重増加の原因となり、頻繁に食べると体重管理が難しくなります。妊娠高血圧症候群の恐れもあるので気を付けましょう。

専業主婦

20代前半

スナック菓子は、つわりがひどい時のお供だったけど、途中で体重が増えすぎてお医者さんから注意されちゃった。でもついつい食べちゃうんだよね。もう少し気を付けたほうが良かったかなとは思ってる。

スナック菓子は少しずつでも食べ過ぎになることがあります。一日の量をあらかじめ決めておくのもいいですね。

9.アルコール

妊娠中のアルコールは控えましょう。ママがアルコールを摂取すると、血液を通して赤ちゃんにもアルコール分が届いてしまいます。妊娠時の飲酒は、胎児性アルコール症候群の原因となる可能性もあるのです(※1)。お酒が好きなママにとってはつらいですが、今だけ耐えましょう。

10.カフェイン

多くの飲み物に含まれるカフェインですが、妊娠超初期には摂りすぎに注意しましょう。カフェインはコーヒーや紅茶など様々なものに含まれます。しかし、カフェインは赤ちゃんの成長に影響をあたえることもあるのです。

公務員

20代後半

コーヒーが好きで、妊娠したらやめなきゃいけないのがつらかった。最初は完全にやめてたんだけど、1杯くらいならいいって聞いてからは、毎日1杯飲んだ。ストレスをためるよりは体にいいと思う。

赤ちゃんに与える影響も考えて、カフェインが含まれた飲み物は1日2杯までに抑えておきましょう(※1)。また、近年はカフェインレスの飲み物も増えてきているため、そちらを試してみるのもいいですね。

妊娠超初期におすすめの食べ物・栄養素6選

妊娠中に食べるものは、ママだけではなく赤ちゃんの大切な栄養源です。おすすめの食べ物・栄養素を6選紹介します。

1.赤身の肉

肉にはたんぱく質が多く含まれているので、おすすめです。脂身は脂肪分が多いので、赤身を食べるといいでしょう。また、赤身には貧血の症状を予防する効果も期待できます。

2.緑黄色野菜

緑黄色野菜には妊娠超初期に嬉しい栄養素がたくさん含まれているのでおすすめです。ビタミンやミネラル、そして赤ちゃんの成長や母乳の生成に大切な葉酸も含まれています。野菜以外にも、フルーツにも葉酸は含まれますよ。

主婦

20代

妊娠してからは、子供がいる友達に、とにかく葉酸勧められることが多かった。サプリにはあまり頼りたくなかったので、野菜を多めの食事にしました。食欲も増してたから、体重管理にもよかったです。

妊娠超初期には、空腹になりやすい人もいます。食事の量を多めにするときには、野菜を増やすと体重の増えすぎ防止になりますよ。

(葉酸の多い食品については以下の記事も参考にしてみてください)

葉酸の多い食品・食材は?葉酸が含まれる妊娠中におすすめの食べ物25選!

3.玄米

玄米は栄養たっぷりで、白米よりも低カロリーなのでおすすめの食品です。玄米などの雑穀を食べると、ビタミンやカルシウム、食物繊維を摂取できます。

会社員

30代後半

玄米って低カロリーなイメージで、栄養的にどうなんだろうと思ってたけど、体にいいって聞いて妊娠中からいまでも玄米です。玄米にしてから、それまで悩んでた便秘も解消されました。悩んでる人にはおすすめです。

食物繊維が豊富な玄米は、便秘の症状を回復させる効果も期待できますよ。

4.大豆製品

大豆製品はたんぱく質が摂取できるため、妊娠超初期にもおすすめです。豆腐などはさっぱりしているので、つわりの症状で食欲不振の人でも食べやすいですよ。ただ、摂りすぎには注意が必要です。

女性

20代後半

なんとなく、妊娠中も体によさそうだと思って豆乳を欠かさず飲んでました。私は300mlのものを1日1本って決めてたんだけど、後から知ったのは、飲みすぎると良くないってことでした。食事に使う時には飲まないようにしました。

1日の量を決めておき、摂り過ぎには注意しましょう。

5.キノコ

キノコは献立も考えやすく、栄養も豊富でおすすめでの食べ物です。キノコには食物繊維が豊富に含まれています。そのため、便秘の症状に悩まされている人にはとても嬉しい食品ですよ。種類も豊富なので飽きることもありません。

6.ヨーグルト

ヨーグルトは体にいい食べ物です。ヨーグルトにはカルシウムやミネラルが含まれています。カルシウムは不足しがちな栄養素なので、積極的に食べましょう。善玉菌の効果で腸にもいい影響を与えてくれます。

パート

20代前半

ヨーグルトは体にいいし、つわりがひどい時には食事代わりにしてました。つわりがひどい時には、ほとんど食べられなくて苦労してたから助かった。さっぱりしてて食べやすいし、たぶん私と相性も良かったんだと思う。

食欲がないときにも食べやすいですね。つわりのひどい時期は、自分にとって食べやすいものを見つけることも大切です。

妊娠超初期におすすめの献立・レシピ5選

妊娠超初期におすすめの食べ物を使った、手軽にできるレシピを紹介します。

1.豆乳カルボナーラ

フライパンでお好みの具を炒めたら、豆乳を入れて塩コショウで味付けしましょう。そこにゆであがったパスタを入れます。フライパンから出し、溶き卵と混ぜれば完成です。手軽に食べ応えのある豆乳パスタができあがります。

2.舞茸とごぼうの炊き込みご飯

お米を研いだら、水・醤油・塩を入れましょう。その後、舞茸やごぼう、鶏肉の他お好みで具を炒めます。炒めた具材を炊飯器に入れて、ご飯を炊きましょう。食物繊維がたっぷりの、炊き込みご飯の完成です。

3.ささみとほうれん草の梅和え

ささみとほうれん草をそれぞれ茹でて、小さく切っておきます。細く切ったミョウガと、種を取り除いてつぶした梅干を用意し、すべてを合わせ、醤油とみりんで味を付けたら完成です。さっぱりしていて食べやすいですよ。

会社員

30代後半

私はつわりがひどい時には脂身が一気に食べられなくなった。ささみならさっぱりしていて大丈夫だったから、お肉苦手になった人は試してみて。やっぱり栄養的にはお肉も食べたほうがいいと思う。

ささみはお肉の中でもさっぱりしており、たんぱく質も豊富なのでおすすめです。

5.チキンとブロッコリーのトマト煮

玉ねぎ・ブロッコリー・鶏もも肉を切り、鶏もも肉と玉ねぎを軽く炒めます。その後、トマト缶とブロッコリーを入れて煮込みましょう。醤油・塩・胡椒で味をととのえたら完成です。ブロッコリーに含まれる葉酸は、水に溶けてしまうので、スープなどにするのがおすすめですよ。

調理員

30代前半

妊娠中の献立は、スープ系が増えた。一品でたくさん食材使えるから、楽に作れて栄養満点だからおすすめだよ。量も多めに作れて次の日にも回せます。つわりがひどい時には具を食べずにスープだけ飲んでました。

スープは、翌日にアレンジもしやすいですね。スープに栄養が溶け込むので、食欲がない時にも栄養を取りやすいですよ。

(ブロッコリーをつかったレシピは以下の記事も参考にしてみてください)

コストコの冷凍ブロッコリーの味など徹底レビュー!人気レシピや解凍方法も!

5.いちごヨーグルトスムージー

イチゴとヨーグルトと牛乳をミキサーにかけるだけで、いちごヨーグルトスムージーの完成です。葉酸と、カルシウムたっぷりでとても栄養価が高いです。また、調理過程で栄養価が失われることもありません。

美容師

20代後半

妊娠前から、栄養素の中ではカルシウムが不足しがちって知ってたから、妊娠してからは積極的にカルシウム摂るようにしたよ。ヨーグルトと果物のスムージーにはまった。もちろん飲み過ぎはよくないんだけどね。

果物を変えても美味しいですね。しかし、飲みすぎるとカロリーの摂りすぎになります。

(妊娠中におすすめのレシピは以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦の食事レシピ&メニュー紹介!妊娠中のオススメ献立11選!

妊娠超初期は食べ物に気を付けて!

妊娠超初期は赤ちゃんの成長にとっても大切ですが、妊娠がきっかけで体にも影響が出始める重要な時期です。どんな食べ物でも食べ過ぎに注意し、気を付けて生活しましょう。

関連する記事