人工死産とは?方法や、その後の手続きは?次の妊娠への影響や体験談も紹介

この記事では人工死産の方法や、人工死産をする理由・原因、その後の手続きについて解説します。それだけではなく、次の妊娠への影響、人工死産に関する体験談も紹介しているので、人工死産について不安に思っている人も悩む人も参考になる内容です。

目次

  1. 人工死産とは?方法は?
  2. 人工死産をする理由は?
  3. 人工死産した後の手続きは?
  4. 人工死産した後の赤ちゃんの火葬・葬儀はどうなる?
  5. 人工死産後の次の妊娠への影響は?
  6. 人工死産に関する体験談
  7. 人工死産について理解しよう!

人工死産とは?方法は?

人工死産とはまだ胎児が生きているにも関わらず、人工的に陣痛を起こすなどの方法で死産に至らせることを言います(※1)。中絶や流産という言葉は聞いたことがあっても、人工死産という言葉を知らなかったという人も多いのではないでしょうか。人工死産を選ぶのは、胎児が出産後に自力で生きることが著しく難しいケースや、重い障害が出てしまう可能性があるときです。

妊娠11週6日までの中絶は初期中絶と呼ばれ、人工死産という方法とは違う方法で手術を行います。妊娠初期の時期を過ぎた、妊娠12週を超えると中期中絶と呼ばれます。この中期中絶の時、出産という形で胎児を取り出す人工死産という方法を取るのが一般的です。ただし人工死産も流産や初期中絶と同じように、心身に痛みを伴うことは一緒です。

(自然流産や兆候については以下の記事も参考にしてみてください)

自然流産にいたる原因とは?症状・兆候に気づかない?流産後の妊娠についても解説

人工死産をする理由は?

なぜ赤ちゃんが成長しきる時期まで待たずに、人工死産をしなければならなかったのでしょうか。それにはさまざまな理由や事情があるのです。人工死産という方法を選択するに至った理由は主に、以下のものにわけられます。

理由1:母体のトラブル

母体のトラブルとは具体的に、まだ生まれても生存が難しい時期に破水する「前期破水」や、胎児がうまく成長できない「羊水過少」また逆に「羊水過多」などがあります。これらを理由に人工死産を選択せざるを得ないことがあるのです。そのまま放置しても流産や胎児の死亡リスクが高い時に中絶の選択を迫られます。

多くの母親は妊娠を継続して出産したとしても子供に重い障害が残る可能性が高いなどの理由を聞き、人工死産を選ぶのです。苦渋の決断といえるでしょう。

(HELLP症候群については以下の記事も参考にしてみてください)

HELLP(ヘルプ)症候群とは?症状・原因は?診断基準や胎児への影響など解説

理由2:染色体の異常を知って

近年は出生前診断により、胎児に染色体の異常がある可能性を調べることができます。出生前診断により、まだ中絶できる時期に染色体の異常が発見され、胎児に重大な奇形や障害を持つ可能性を指摘されることがあります(※2)。重度の障害を持つ子供である可能性を知らされた母親とその家族は、産むか中絶かの選択を医師から迫られるでしょう。

理由3:無脳症の診断

無脳症とは、大脳が育たず欠損している状態です(※3)。医師から胎児が無脳症であると告げられ、人工死産という方法を選択する人もいます。胎児の頭が丸くない場合は妊娠の早い時期から無脳症を疑われますが、本当に無脳症かどうかは4ヶ月の時期に確定します。無脳症は生存能力が著しく低く、大抵の場合は出産しても長く生きられません。

理由4:胎児浮腫

胎児浮腫とは胎児の首の後ろのむくみのことです。胎児浮腫がある場合、胎児にダウン症などの染色体異常や奇形のある可能性が高くなります。しかし浮腫の厚みにもよりますが、胎児浮腫と指摘されたからといって、必ずしも障害が出るとは限りません。人工死産の決断をするかどうかはセカンドオピニオンなどを受けるなどして、慎重に決断する方が良いでしょう。

理由5:水頭症の診断

水頭症とは脳の中に大量の隋液が溜まり、脳室と呼ばれる部屋が拡大する症状のことです(※4)。中でも胎児の時期に診断される水頭症のことを胎児期水頭症と呼びます。一口に水頭症といってもその種類や病状はさまざまです。また、胎児の時期に水頭症と診断されていても、後遺症もなく健康に育つ子も2割程度います。

ただし障害を持つ子と死亡する子をあわせるとその数が半数程度いることも忘れてはなりません。人工死産という方法を選ぶかどうか、母親とその家族が選択することになります。

(胎嚢が小さい場合については以下の記事も参考にしてみてください)

胎嚢が小さい…原因は?流産の可能性・心拍確認後の出産への影響など解説

人工死産した後の手続きは?

流産とは異なり、人工死産の後にはさまざまな手続きが必要になってきます。12週以降の人工死産になると、どのような手続きが必要になるのでしょうか。ただし、11週までの中絶の場合は特に手続きは必要ありません。ここでは人工死産後から赤ちゃんの火葬・葬儀に至るまでの手順をわかりやすくまとめて紹介します。

手続き①死産届の提出

11週6日までの初期中絶と異なり、妊娠12週以降の人工死産の場合は死産届の提出が義務付けられています。産院から死産届をもらい、役所へ提出する流れとなります。

手続き②出産育児一時金の申請

人工死産でも、普通の出産と同じくらいの費用がかかります。そのため人工死産の場合であっても、出産育児一時金を受け取ることができます(※5)。出産育児一時金は出産時にかかる費用の手当となりますので、忘れずに申請しましょう。

手続き③産後休暇の取得

会社勤めしている場合、人工死産であっても産後休暇を取得できることがあります。人工死産の場合、産前の休暇は認められていません。どれくらいの期間、産後休暇を取ることができるのかはその会社の就業規則によりますので、確認してみましょう。

手続き④死胎火葬許可申請書と死胎火葬許可証

妊娠12週以降の人工死産の場合は、自分で勝手に胎児の遺体を処理することはできません。必ず役所から死胎火葬許可申請書をもらって提出して、今度は死胎火葬許可証をもらわなければならないのです。これは亡くなった胎児を火葬するための準備になります。

火葬の後、葬儀はしてもしなくても自由です。葬儀をしたいという希望がある場合は、火葬する前に葬儀場も調べておきましょう。

人工死産した後の赤ちゃんの火葬・葬儀はどうなる?

火葬の形式については火葬場により異なります。赤ちゃんの骨を残したいなどの希望がある場合は、事前に火葬場に問い合わせをして、希望に添った火葬を行えるかどうか確認しておくと良いでしょう。葬儀については必ずしも行う必要はありません。しかし葬儀を行いたいという希望がある場合は、3~10万円程度で葬儀を行うこともできます。

人工死産後の次の妊娠への影響は?

赤ちゃんを待ち望む人にとって、人工死産が次の妊娠への影響はないのかということはとても気になりますよね。

結論から言うと、人工死産の手術が問題なく行われた場合は、次の妊娠への影響はほとんどありません。手術後に問題なく妊娠し、元気な赤ちゃんを出産している方はたくさんいます。ただし手術は子宮口を開く作業の後、子宮収縮剤を使って人工的に陣痛を起こす方法を取るので身体にはある程度負担がかかる覚悟は必要です。

では、人工死産の次の妊娠への影響についてをくわしく説明していきます。

次の妊娠までの期間

ほとんどの人は、生理は人工死産後およそ1ヶ月程度で再開します。生理が始まると次の妊娠の可能性が出てきます。しかし人工死産の影響で子宮に負担がかかることを考えると、次の妊娠までは1年ほど間を空ける方がベターです。

人工死産の体験から受ける精神的なダメージが大きい人も

人工死産の手術自体は問題なく行われたとしても、精神的なダメージからなかなか立ち直ることができずに、悩む方が多いのも事実です。自分の身体は元気に戻っても、亡くなった赤ちゃんのことが頭から離れずにつらい気持ちを抱えてしまうのです。

メンタル面でのケア

人工死産の影響でなかなか元気を取り戻せないという場合は、焦って無理に次の妊娠を急ぐ必要もなく、ゆっくり過ごすと良いでしょう。亡くなった赤ちゃんのためにも、とにかく自分を責めない事が大切です。

人工死産に関する体験談

人工死産とは、どのようなものなのでしょうか。ここでは実際に人工死産を経験した人の声を紹介します。

女性

30代前半

前期破水をしてしまい、お腹の中の羊水が空っぽになってしまいました。このまま待っていてもいずれ胎児は死亡すると聞き、羊水が空っぽで苦しい思いをさせるくらいならと、泣く泣く人工死産の選択をしました。まだお腹の中で元気に動く赤ちゃんを人工死産させるのはつらかったです。

赤ちゃんを待ち望んでいた人にとって、人工死産の経験はとてもつらいものなのですね。

(破水が陣痛前に起きたときについては以下の記事も参考にしてみてください)

破水が陣痛前に起きたら?出産までどれくらい?入院準備は?実体験あり

人工死産について理解しよう!

さまざまな事情により人工死産を選ばざるを得なかった方は、とてもつらい気持ちを抱えることになります。自分のお腹を痛めて産んで、息をしていない我が子を抱くことになるつらさは相当なものです。母体にも負担がかかることなので、精神的にも肉体的にもダブルで苦しむ人も少なくありません。

もし自分が人工死産を経験することになっても、妊娠中の過ごし方が悪かったのではないかなどと責めないようにしましょう。そしてもし身近に人工死産をした人がいる時は、そっと気持ちに寄り添ってあげてくださいね。

関連する記事