【妊娠3ヶ月】妊婦・胎児の状態は?症状や流産などの注意点!体験談も

【医師監修】妊娠3ヶ月目は、ほとんどの人が妊娠に気づく時期です。妊娠8週から11週までは、つわりなどの体調の変化があります。妊娠9週から10週を超えるまでは流産の心配もあるでしょう。妊娠3ヶ月の「妊婦と胎児の状態」「症状」「過ごし方」の注意点を体験談と共に紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠3ヶ月とはどんな時期なのでしょう
  2. 妊娠3ヶ月の妊婦の状態
  3. 妊娠3ヶ月の胎児の状態
  4. 妊娠3ヶ月はつわりがピーク
  5. 妊娠3ヶ月目の妊婦に見られる体の症状
  6. 妊娠3ヶ月目の流産の危険
  7. 妊娠3ヶ月目に注意すること
  8. 妊娠3ヶ月目に行うべきこと
  9. 妊娠3ヶ月は自分の体と赤ちゃんを大切にしましょう

妊娠3ヶ月とはどんな時期なのでしょう

妊娠3ヶ月は妊娠「8週」「9週」「10週」「11週」をさします。お腹の大きさには変化がありません。赤ちゃんができたことを家族や友達に報告して、みんなから祝福される時期です。それと同時に急激な体調の変化や流産の心配があります。これから始まるマタニティライフに不安を感じる時期ともいえるでしょう。

妊娠3ヶ月は誰もが妊娠に気づく時期

妊活をしている人は基礎体温を計ったり妊娠検査薬などを使用したりして、妊娠2ヶ月のうちに妊娠に気づきます。妊娠3ヶ月は、しばらく生理がこないことや体調の変化で、お腹に赤ちゃんがいることに気づく時期です。

妊娠3ヶ月になるとエコー検査の方法が変わります

妊娠3ヶ月目には胎児が人間の形にでき上がってくるので、しっかりとエコーで見られるようになります。エコーの種類も膣からのプロープで子宮内を見る経膣プロープから、お腹の上から見る経腹プロープに変わるでしょう。検診のエコー検査で赤ちゃんの姿を見るのは楽しみでもあり、また元気な様子を見るとほっと安心します。

女性(妊活経験有)

30代後半

妊娠初期の経腟プローブのエコー検査って嫌い!赤ちゃんをもっと見ていたいのに異物感があって、ママになる喜びを感じるどころじゃないんだもん。妊娠3ヶ月目から、ようやくお腹の上からのエコーになって、それからはもう赤ちゃんを見るのがすんごく楽しみ。

この方のように、経腟プローブのエコー検査を嫌がる妊婦さんは多いようです。妊娠3ヶ月目からはお腹の上から見る経腹プロープに変わります。毎回お腹の赤ちゃんに会えるのを、皆さん楽しみにしていることでしょう。

妊娠3ヶ月の妊婦の状態

まだまだお腹の大きさは変わらず、見た目には妊婦とわからないのが妊娠3ヶ月のママです。しかし子宮の中は大きく変化しています。妊娠3ヶ月目の妊婦の体はどのような状態になっているのでしょう。

妊娠3ヶ月の妊婦の状態【子宮の大きさ】

妊娠前の子宮は、大きめのピンポン玉程度の大きさです。それが妊娠3ヶ月の終盤11週目くらいには、クレープフルーツくらいの大きさになります。まだ恥骨の間に入る大きさなので、妊婦のお腹の大きさに変化はありません。胎盤もだんだんと完成に近づいてきています。

カズヤ先生

産婦人科医

この時期には明確に胎児心拍を確認することができます。 妊娠7〜8週ごろの胎芽の頭臀長という頭からお尻までの距離が分娩予定日を測定するのに最も正確だと言われています。

妊娠3ヶ月の妊婦の状態【体重の増減】

関連する記事