【初心者必見】裁縫の基本まとめ!縫い方を種類別に動画で解説!

ベビー服やちょっとした服の補正など、子供ができると「裁縫」をする機会が増えますよね。でも普段縫い物をしない方にとっては結構な難関…。そこで今回は、裁縫初心者の方必見の基本の縫い方をご紹介していきます。縫い方でどのようなものが縫えるのかもチェックしましょう。

目次

  1. 裁縫で必要なもの
  2. 基本の裁縫!縫い方を学ぼう!
  3. 初心者向け!基本の縫い方その1. 玉結びと玉留め
  4. 初心者向け!基本の縫い方その2. 並縫い
  5. 初心者向け!基本の縫い方その3. 本返し縫い
  6. 初心者向け!基本の縫い方その4. 半返し縫い
  7. 基本の裁縫でこんなものが作れる!
  8. 応用編!ズボンに使える縫い方 まつり縫い
  9. ズボンに使える縫い方1. 流しまつり縫い
  10. ズボンに使える縫い方2. たてまつり縫い
  11. 裁縫でこんなものも作れる!
  12. 基本の裁縫で手作りを楽しもう

裁縫で必要なもの

裁縫を始める際に、まず必要なものがいくつかあります。初心者の方は特に裁縫道具があるとよりスムーズに縫い物ができるので、縫い方をマスターする前に必要な道具を揃えておきましょう。ここでは最低限必要な裁縫道具をご紹介します。

裁縫道具については以下の記事も参考にしてみてください。

【子供〜大人別】裁縫セットのおすすめ15選!おしゃれ・使いやすいのは? | YOTSUBA[よつば]
裁縫箱のおすすめ人気TOP15!おしゃれ・使いやすいのは?無印が鉄板? | YOTSUBA[よつば]

手縫用の裁縫針

裁縫でもっとも大事な道具でもある「針」はかならず手縫い用のものを選びましょう。ほとんどの場合、手芸屋さんで買える手縫い針はメリケン針とよばれる洋裁用の針です。

サイズはさまざまなものがありますが1号から12号までサイズがあり、号の数字が大きくなるほど逆に針の長さと太さは短く、細くなっていきます。メリケン針は基本的に長針と短針のふたつに分かれます。

針の選び方としては基本があります。厚い生地を縫うには太い針を選び、薄い繊細な生地を縫うには細い針を選びます。針の長さは針を手で持って縫う際に5mmほど針先が指から出るくらいが適切な長さです。それよりも針先が出る場合は針が長すぎるので注意しましょう。

糸切りはさみ

「糸切りはさみ」は高級なものである必要はありません。握りやすく、糸がさくっと切れるものであれば100均の糸切りはさみでも十分ですよ。普通のはさみだと片手で使いにくいので写真のようなグリップタイプのものがおすすめです。

裁縫用マチ針または仮止めクリップ

裁縫をするときに便利なのが「マチ針」です。マチ針は生地を実際に糸で塗っていく前に、生地を固定する役割があります。特に裁縫初心者さんが縫い物をする際には、生地の縫い合わせやまっすぐに縫うことが難しいです。マチ針で生地をしっかりと固定しておくとスムーズに縫うことができますよ。

関連する記事